女性受けするあっさり味!もちんろ男性もいけます!麺屋 和人の和人ラーメン

あっさり味の魚介ラーメンを求めてJR天王寺駅の北側にある「麺屋 和人(わびと」さんに行ってきました。

上品なあっさり魚介スープのラーメンときれいな店内とで、男性の私から見ていうのも何ですが、女性ひとりでも入りやすい雰囲気でした。

スポンサーリンク

麺屋 和人

麺屋 和人は、まだディープさが多少残るJR天王寺駅の北側にあります。

魚介、無化調、自家製麺がという文字が目につきます。

営業時間は、昼の部11:30〜14:30、夜の部17:00〜22:00です。

最初に行ったときは、平日の14時くらいでしたが、お客さんは何人かいました。

土曜日の夜に行ったときは18時位の入店で待つことはなかったですが、食べて帰る頃には並んでいる人もでてきていましたね。

事前に食券を購入するシステムで、店内はカウンター席のみですが、席の後ろ側のスペースも充分で狭苦しい感じはまったくないです。

1歳8ヶ月の娘を連れて行ったのですが、ベビーカーをそのままカウンターにつけさせてもらえましたので、子ども連れでも大丈夫です。

メニューは、らーめんの他に油そばやミニ鶏チャーシュー丼や餃子もありますが、わりとシンプルなラインナップでスッキリしていて好感がもてます。

写真を撮り忘れましたが、イスの下に手荷物を収納するスペースがあります。

また、手前の引き出しを開けると、お箸、れんげ、輪ゴム、爪楊枝、そしてスパイスが入っています。

左からブラックペッパー、バジル、ガラムマサラ、ローストガーリック、一味とありますが、私は基本的に何もかけない派ですので試していません(参考にならずスミマセン)

そして、瓶に入った無料のキムチが出てきます。

これが美味しくて結構食べてしまいました。

麺屋 和人 (めんや わびと)[食べログ]

和人らーめん

今回いただいたのは、看板メニューの和人らーめんです。

麺は無料で大盛りにしてもらえますので、お願いしました。

魚介醤油のスープが透き通っていますね。魚介といってもそんなに主張はしてこず、非常に食べやすいです。

鶏チャーシューは2種類ありますが、風味や食感はそれぞれ違います。

麺は中太麺で、のどごしもよく、ツルツル入ってきます。

スープまで完食させてもらいました。

あっさりの魚介醤油で、食べやすい一杯ですね。

麺を大盛りにしてもらえますので、一杯で充分お腹いっぱいになります。

大盛りといっても、食べきれないほどではないので、女性でも充分食べ切れる量だと思います。

また、今回、写真は撮ってないのですが、あっさり醤油らーめんは、この和人らーめんに輪を掛けてあっさりしています。

あっさり好きの人にはこちらもオススメです。

和人の油そばとミニ鶏チャーシュー丼

男性に人気なのは和人の油そばだそうで、別の日に食べにいきました。

こちらも和人らーめんと同様に、無料で麺を大盛りにできます。

そして、ミニ鶏チャーシュー丼もつけました(食べ過ぎかな)。

油そばは、いわゆるまぜそばなのでこのようによくかき混ぜて

お好みで、油そば用のお酢を入れます。

にぼし酢と唐辛子酢がありますが、私が入れた量が少なすぎたのか、あまりハッキリと味が変わったような感じはなかったですね。

唐辛子酢は何となく唐辛子の風味がしましたが。

もう少し量を入れれば変わってくると思います。

麺はまぜそばらしく、太めの歯ごたえのある麺です。

ミニ鶏チャーシュー丼もよくかき混ぜていただきます。

ただ、油そばの大盛りとミニ丼の組合せは、かなりお腹いっぱいになります。

ミニ丼も一緒に食べるなら、麺は大盛りにしない方がいいかもしれませんね。

らーめんとミニ丼の組み合わせなら、麺大盛りでもいけそうです。

まとめ

魚介スープながら、魚介の主張はほどほどで、非常に食べやすいあっさりラーメンでした。

女性ひとりで来ている方も結構いましたので、女性の方でも入りやすいラーメン屋さんですね。

また、店内ではこういったTシャツが販売されていて、

これを着ていくと麺をダブルしてもらえるそうです。

◆編集後記◆
最近少しずつ早起きができるようになってきましたが、目標の朝5時にはまだ起きられません。
やっぱりもう少し早寝しないといけないのでしょうが、これがなかなかできなくて。
どうしても寝るのが1時くらいになってしまいます^^;。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら