先週のライオンズ〜裏ローテの先発投手に待望の初白星から投打がかみ合い出す〜

先週のライオンズは、久々に週5試合となり、先発投手のコマ不足が隠せる週となりました。

ここ2週は週6試合が続き、その間の戦績は2勝9敗1分と完全に失速してしまいました。

最大5あった貯金も使い果たし、逆に借金は2。

上位とはこれ以上離されたくない状況です。

スポンサーリンク

2017年5月9日〜5月10日 対日本ハムファイターズ

5月9日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 4 1 0 0 2 0 0 7
F 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2

5月10日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
F 1 0 1 0 0 0 0 0 X 2

一時のどん底から抜け出し、上昇気配が増している日本ハム。

かたや、失速気味かつ裏ローテの西武ということで、厳しい戦いは覚悟していました。

ところが、今シーズンまだ勝ち星なしの高橋光成が、先制は許すものの、見方の援護もあり、いいピチングをしてくれました。

見逃し三振が4つあり、見ていても球が走っているなという印象で、これなら次もと期待したくなる内容でした。

まあ、あとは立ち上がりがだらしないので、そこをビシっと決めてくれればとは思いますが。

この日は打撃陣もつながりを見せて、いい攻撃ができていました。

まだケガで状態が万全ではないですが、久々にスタメンに復帰した栗山に一発を含む2安打と、一安心の内容でしたね。

2戦目は、先発の十亀の内容からして、よくこのスコアで収まったものだと思います。

5回を投げて123球とは、これでは野手も攻撃のリズムが作れませんね。守備の時間が長すぎます。

まあ、日本ハムの先発の加藤がよかったのもあり、この負けは仕方ないところですね。

十亀以降の救援陣が3回をノーヒットに抑えているのがせめてもの救いでした。

十亀もそろそろ結果出さないとマズイですね。といって代わりの先発投手がいるわけではないのですが。

高橋光成が勝ったといえ、まだ裏ローテの問題は解消していません。

野上が入ってどう変わるか注目です。

2017年5月12日〜5月14日 対オリックスバファローズ

5月12日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 2 0 3 0 1 3 1 11
Bs 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

5月13日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 1 1 0 2 2 1 0 8
Bs 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2

5月14日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 3 0 0 0 1 0 0 0 2 6
Bs 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

今シーズン2回目の関西遠征で、しかも週末の試合ということで、私も生観戦してきました。

初戦はエースの菊池が期待通りのピッチングで快勝でした。

今年の菊池は防御率が1.08と安定しているのもさることながら、被打率が0.142ととにかくヒットを打たれない印象が強いですね。

勝つ確率が高いので、本当は菊池の試合を見に行きたかったですが、ほっともっとフィールドはやっぱり遠いんですよね。

土日のデーゲームならまだいいのですが、ナイトゲームはちょっとシンドイです。

日曜日は予定があったので、土曜日に京セラドームに参戦してきました。

昨年は一度も球場に足を運ばなっかたので、実に1年半ぶりの生観戦となりました。

ちなみに、その1年半前の試合は秋山翔吾が日本記録となるシーズン216安打を放った試合で、私もその歴史的な瞬間に立ち会うことができました(順位も決まっていたので消化試合でしたが)。

この3連戦では一番負けそうな日だったのですが、この日しか都合がつかなかったので仕方ありません。

そして、この日は1歳8ヶ月の娘を連れて、親娘でのプロ野球初観戦。

実は、娘と二人っきりで電車に乗って外出するのはこの日が初めてで、緊張しつつの観戦となりました。

母親がいれば、グズっても切り札のオッパイがあるので安心なのですが、私にはオッパイという切り札がないので「ママちゃ〜ん」と泣き出したらどうしたもんかなという不安はあります。

そして、もうひとつ。おむつの替えを忘れてしまったので、あまり水分を摂らせ過ぎないように、おむつマネジメントもしなければなりません。

なので、試合に半分くらいしか集中できませんでした^^;

娘を連れての移動ということで、少々手間取り。球場についたのは2回裏でしたので、2回表のメヒアの特大ホームランは見逃してしまいました。

試合の方は、今季は初先発の佐野が5回を1失点でしのぎ、打線も効果的に加点しての快勝。

そして、この試合、生で観ていて私が最も興奮したのが田代のこのファインプレーでした。

試合はほぼ決まっていた展開でしたが、これは観に行った価値があるビッグプレーでした。

試合も西武が勝ち、娘もグズることなく、むしろ周りの人たちにおあいそを振りまいて、和ましていました。

まさに勝利の女神となってくれました(また連れてこようかな(^^))。

ただ、この日はいつもより水分をよく摂ってしまったので、おむつはパンパンで服も少し濡れてしまいました^^;。

それでも泣かないのがウチの娘なんですが。

半日、父親の趣味に付き合ってくれて、よく頑張ってくれました。

3戦目もウルフが悪いなりにも粘って、打線も繋がりを見せ快勝と、今まで5連敗していたオリックス相手に3タテを食らわすことができました。

これで、貯金も1とし、オリックスに替わって3位に浮上と、久々に気持ちのいい1週間になりました。

この3連戦、ルーキー源田の活躍が光りました。

守備はあいかわらずの安定感ですが、打撃がエラく好調で12打数8安打4打点と、クリンアップ並の活躍で、チャンスメイクからポイントゲッターまでこなしていました。

シーズン前は打撃が課題といわれており、0.250打てれば御の字と思っていましたが、0.314と堂々たる成績です。

これは本当にいい選手を獲得したものです。

ただ、線が細いので、夏場の西武ドームの蒸し風呂状態をどう乗り切れるか、といったところは不安ではあります。

ベンチもうまくマネジメントしてほしいところですね。

先週のまとめと今週の展望

先週は状態の下降気味のオリックスに対し、表ローテがバッチリはまって3連勝となりました。

今週は、再び週6試合となり、裏ローテの出来が試されるところですが、泥沼の千葉ロッテとの対戦ですので、そろそろ裏ローテでも勝ち越したいところです。

ただ、千葉ロッテもダフィーにアタリが出てきているようで、打線は今までのような貧打でもないかもしれませんね。

投手陣は日本ハムにボコボコ打たれていましたし、ローテ的にも涌井と二木は当たらないでしょうから、チャンスはチャンスです。

そして、週末はソフトバンクとの3連戦です。

ロッテとの3連戦で勢いにのってぶつかりたいところですね。

◆編集後記◆
娘との二人きりの初外出は無事終わりました。
終始いい子ちゃんにしてくれていましたので、またどこかに連れて行きたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら