いよいよプロ野球開幕です。ライオンズ、開幕星をつかみ獲れ!

2017年3月31日。いよいよプロ野球が開幕です。

また勝敗に一喜一憂する日々が始まリます。

たかが143分の1の試合で、あとから振り返っても、あの開幕勝利が大事だったというシーズンはそれほどありません(昨年も一昨年もそうでした)。

ただし、今年は辻新監督に変わって1年目のシーズンの開幕ですから、昨年、一昨年と違うわけで、今シーズンに希望の持てるような戦い方を期待したいものです。

スポンサーリンク

オープン戦総括

オープン戦は8勝5敗とまずますの成績で終了しましたが、他のパ・リーグの球団も良かったので何ともいえないところです。

最初の5試合は中々勝てず、1勝4敗でしたが、その後の8試合は7勝1敗と開幕に向けていい流れでオープン戦が終了しました。

試合内容も1点差、2点差のゲームが多く、接戦をものにしてきている印象がありますが、これは中継ぎ陣が頑張っているからでしょう。

課題の先発陣は、頭数が揃わなかったという感じは否めません。

開幕ローテは、菊池、野上、ウルフ、多和田、高橋光成の5人で、当面は1週間に5試合のスケジュールですから、なんとか5人で回せますが、4月末からは6試合の週が始まりますので、それまでにもう一人二人先発のコマがほしいところです。

やはり岸の抜けた穴は大きいなと感じますね。

残りの1枠は十亀か新外国人のガルセスかというところでしょうが、今、あらためて選手名鑑を見てもコマが足りません。

牧田は中継ぎだそうですが、中継ぎはコマが揃っているので、先発に回ってもらった方がいいような気もしますが。

開幕前に出てきた不安

不安といえば先発陣のコマ不足もそうですが、ここにきて故障者が増えてきました。

キューバとの試合で森友哉が肘を骨折(西武の森友問題です^^;)し、復帰は6月頃になるそうです。

開幕ゲームには出場しますが、メヒアも内転筋に不安を抱えてオープン戦の後半は試合にも出ていませんでした。

昨年の盗塁王の金子侑司もスネを痛めて戦線離脱。

WBCに出ていた秋山も、阪神との強化試合でデッドボールを受けて足の指を骨折していたとのことで、WBCやオープン戦では、それを感じさせない動きはしていたものの、無理をしないでほしいという不安もあります。

そして、オープン戦最後の試合で、正捕手の炭谷が走塁中に足を痛めて途中交代し、大事には至らなかったようですが、ヒヤッとしました。

明るい材料も

不安材料の方が大きいですが、明るい材料もあります。

外野手のポジション争いが激しくなってきました。

外野手は好調な選手が多く、金子侑司が故障していても、ベテランの栗山を筆頭に、木村文紀、田代、そして秋山と揃ってきましたし、オープン戦の最後では内野手の外崎も外野を守っていました。

もちろん4人も守れませんから、ひとりは外れるのですが、内野手の山川の調子がイマイチなこともあって、開幕は秋山、木村、田代が守って栗山がDHに入りそうです。

ただ、DHもずっと栗山というわけでなく、中村やメヒアもDHにしながら上手く回していかないと1年間持たないですから、木村、田代も金子侑司が復帰してきたら3人で1枠を争うことになります。

あと、中継ぎ陣はオープン戦でも安定していました。

左の武隈は6試合登板して失点0の抜群の安定感でしたし、大石もランナーは出すものの5試合を投げて失点は0でした。

抑えの増田も一度崩れた試合はあったものの、心配無用の状態です。

新外国人のシュリッターはまだ分かりません。オープン戦は6試合投げて自責点は1ですが、まだ抜群の安定感という感じではないですね。

シュリッターが機能してくれれば、リリーフ陣は不安がなさそうです。

そして、ルーキーの源田が開幕ショートでの先発が明言されています。
オープン戦序盤は打撃で苦労はしたものの、最終的には打率も3割と守備だけじゃなく結果を出しました。

そのままずっと固定ということにはならないでしょうが、安定した守備はやはり魅力ですね。

まとめ

開幕3連戦の相手は、昨年のチャンピオンチームの日本ハムです。

大谷は投手では出てこないので、少し光明はありますが、打者大谷にも昨年は.395とよく打たれましたから、やはり警戒すべき選手です。

辻監督のインタビュー記事など見てると、選手の意識改革をしてくれているんじゃないかと、なぜか期待したくなるんですよね。

今日の開幕戦、勝っても負けても、今年のライオンズは何か違うというところを見せて、評論家たちの下馬評を覆してほしいところです。

◆編集後記◆
今日で、独立1年目の最後の日となりました。
いろいろ反省すべきことも多かった1年でしたが、将来への種まきは少しはできたかなと思います。あとは結果ですね。
また振り返ってみたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら