まんかい天満橋店の潮とん(潮豚骨らーめん)は食べやすいあっさり豚骨!

大阪法務局に用事があったので天満橋に行ってきました。

ついでに近くにラーメン屋さんはないかなと探したところ、「まんかい」というラーメン屋さんがあったので入ってみたところ、あっさり系の美味しい豚骨ラーメンを堪能できましたよ。

スポンサーリンク

まんかい天満橋店

まんかい天満橋店は大阪法務局の斜め向かい側にあり、最寄り駅は大阪市営地下鉄と京阪本線の天満橋駅です。

天満橋店は定休日なし、昼休憩なしで、11:00~24:30まで営業されています。

昼休憩がないので、いつでもふらっと寄れるのはいいですよね。

ふとラーメンを食べたくなって、楽しみにして行ったら昼休憩で開いてなかったということが私はよくありますので。。

まんかいは他にも大阪福島、梅田豊崎、福岡空港にもお店があります。

博多純系豚骨ラーメン「まんかい」 | 大阪の福島・天満橋・梅田のとんこつラーメン

ラーメンは豚骨らーめんのみで、「純とん(純系豚骨らーめん)」「潮とん(潮豚骨らーめん)」「トマとん(トマト豚骨らーめん)」の3種類があります。

店内は木目調のオシャレな感じで、カウンター席と大きめのテーブルがあり、ボサノバ系のBGMが流れています。

潮とん(潮豚骨らーめん)

今回いただいたのは潮とんという潮豚骨らーめんです。

「塩」ではなく「潮」なのは、ベースの純とん(純系豚骨らーめん)のスープにホタテ貝柱のダシが入っているからのようです。

実際ほのかな潮の風味があります。

スープは豚骨ラーメンらしく白濁していますが、乳白色ではなくやや豚骨醤油に近い感じがします。

臭みもなく、まろやかであっさりしたスープは最後までの飲めるほどです。

チャーシューも柔らかくて旨味があります。

麺も豚骨ラーメンらしい細麺で、バリカタやカタ麺を選択することもできます。
私はカタ麺でいただきました。

この日は次の予定があったので、替え玉しませんでしたが、男性なら替え玉をして丁度いいくらいの量でしょうか。

ちなみに替え玉は100円です。

また、テーブルにはこういった高菜が置いてありますので、

入れて食べるとまた味が変わって二度楽しめます。

基本的に私は何も入れない派なのですが、今回はブログネタということもあり入れてみました。

入れなくても十分美味しいラーメンです。

純とん(純系豚骨らーめん)

これは別日にいただいた純とん(純系豚骨らーめん)です。

潮とんよりも潮の風味がない分豚骨ラーメンぽいですが、それでも本場の豚骨ラーメンに比べたらマイルドで食べやすいです。

まとめ

まんかいの潮とんはあっさり豚骨で、豚骨の風味と潮の風味があいまってリピしたくなる美味しさです。

純とんと潮とんなら、私は潮とんの方が好きですね。

次も潮とんを注文します。

トマトが苦手なのでトマとんは頼みませんでしたが、トマト嫌いでも食べられるトマト豚骨らーめんだったらネタになるので、一度試してみようかと思います。

◆編集後記◆
昨日の夜から背中にハリがあるなあと思っていたら、朝になって寝違えたような痛みが出てきました。
高いところの物を取ろうとして腕を上げたときにさらに悪化したようで、痛みで思わず笑いがでてくるほどです。
特に下を向くのがツラい。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら