らーめん?パスタ?まぜそば?【ふく流ラパス分家WADACHI】

淀屋橋界隈で仕事があったので、その付近でラーメン屋さんがないかなと探したところ、ふく流ラパス分家WADACHIというお店を見つけました。

独立前の勤務時代に行ったことのあった(わだち)さんの系列かな?と思って行ってみることに。

轍とはまた違った一杯を堪能してきました。

スポンサーリンク

ふく流ラパス分家WADACHI

ふく流ラパス分家WADACHIは大阪市営地下鉄中央線・堺筋線の堺筋本町駅の近くにあります。

堺筋本町は、私の社会人1年目のときに営業職で働いていたところで、今でもあの頃のことを思い出すと胸がキューッとします。

本町にある本家?の轍に行ったのは3年ほど前でしょうか。

もう味は忘れてしまいましたが、美味しかったという記憶がありましたので、今回はこちらの分家の方にお邪魔することにしました。

ちなに「ラパス」というのは、お察しのとおりラーメンとパスタの造語のようですが、実際は新感覚のまぜそばとのこと。

特製チキンジャンキー

見た目あっさりな感じのアサリラパスもありましたが、この日は遅めのお昼だったこともあり、ガッツリ系が食べたかったので、こちらの特製チキンジャンキーを注文しました。

麺大盛りが無料とのことで大盛りに。

見た目はまぜそばですね。

このようにスープがありますので、いわゆる一般的なまぜそばとはちょっと違いますね。

麺は太めでコシがあり、歯ごたえはシッカリしています。大盛りだと本当に1杯で満腹になります。

味は見た目ほど重い感じはなく、スープがあることもあり、一般的なまぜそばよりもスッと入ってくる感じです。

麺大盛りにすると本当に満腹で、残ったスープにごはんを入れる完遂セットなるものもあったのですが、もうこれで十分でした。

まとめ

ラーメンほどスープがありませんが、その分具材と麺が丼を埋めてくれるので量のゴマカシがなく、ボリュームは満点です。

一方、まぜそばよりもスープがあるので食べやすく、ラーメンとまぜそばのいいとこ取りといった感じでしょうか。

あっさりめのアサリラパスも気になりますので、また寄ってみたいと思います。

◆編集後記◆
昨日は妻の誕生日ということで、娘を妻の実家に預けて焼肉屋に。
夫婦二人きりだと食事に集中できることもあって、久々に「あ〜焼肉たべたな〜」という感じで満足しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら