食べたあとも湯気出てます!魚介白湯専門の”麺と心7”

地元阿倍野の有名店である麺と心7に行ってきました。

この日行ったのは平日のお昼前ということで、まだ混雑はしてなかったですが、夕方から夜に行くといつも並んでいるお店です。

完食してもなおホクホクの湯気が出てくるほど、濃厚な魚介白湯のアツアツの中華そばが楽しめます。

スポンサーリンク

麺と心7

麺と心7は大阪市の阿倍野区にあり、阿倍野筋に面しています。
最寄りの駅は、大阪市営地下鉄の阿倍野か、地下鉄・JRの天王寺、近鉄の大阪阿部野橋からでも徒歩で10分程です。

お店の外観はこんな感じで、夕方以降だと、このベンチで待つことも多いです。

公式HPによると、魚介白湯専門店とうたっています。

麺と心7 公式HP

メニューはこんな感じで、やはり魚介の文字が目を引きます。

今回注文したのは”濃厚魚介そば新味”

今回は濃厚魚介そば新味をいただきました。

見た目で目を引くのは、赤みのチャーシューのようなものですよね。

これはカジキのたたきです。

店員さん曰く「熱で火がとおる前にお召し上がりください」とのことなので、まずはこちらからいただきます。

カジキのたたきということで魚介スープに合い、柚子の風味もきいています。

チャーシューとはまた違った感じで美味しいです。

では、スープにいきましょう。

濃厚魚介白湯ですが、とろみがあり、濃厚でもこってりしているわけでなく飲みやすいスープです。

麺は平打の麺で、スープがよく絡んでいます。歯ごたえのあるしっかりとした麺です。

味玉が半分ついています。

そして、この濃厚魚介そば新味は、最後まで湯気が出てるんですよね。

それでいて熱くて食べられないということはなく、口の中をヤケドすることもありません。

これがホント不思議でした。

静止画ではわかりにくいですが、少しモヤがかかっているのがおわかりでしょうか?

これが湯気です。もう半分以上食べているんですが^^;

スープまで完食しましたが、完食後も湯気が出ていました。

濃厚魚介そば新味、麺もスープも美味しくて満足のできる一杯でした。

お昼前に完売のラーメンて

私の席の右側にこのようなものが貼られていました。

この背脂鯛そばは2017年の4月14日までだそうですが、私が入店した午前11:45の時点ですでに品切れと言われました。

こちらのお店は午前11時開店なのですが、1時間足らずで完売とはすごく気になりますね。

まとめ

いつもは家族でお邪魔するのですが、この日は午後からの研修の前の腹ごしらえということで、ひとりで寄りました。

しかし、麺と心7さんの中華そばはいつ食べても美味しいですね。

今日も満足の一杯でした。

阿倍野に来られたら、自信をもってオススメできる一杯です。

◆編集後記◆
昨日、近所のスーパーに行ったらポテトチップスのBIGBAG売場がエライことに。
私の好きなうすしおのり塩は完売で、関西だし醤油のみ2袋残っていたので急いでカゴに入れたらこんな状態です。

北海道のジャガイモ不足が深刻なようで、ポテチ好きとしては心配です^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら