ラーメン横綱は青春の味!10代から20代のころ一番良く食べたラーメンです

ラーメン横綱

京都の屋台が発祥のラーメン横綱。

私が10代・20代のころは近くにお店があったこともあり、よく通っていました。

本当に10代・20代のころは一番よく食べたラーメンだといえます。

スポンサーリンク

ラーメン横綱

私がよく通っていたのは枚方店です。

一番最初に入ったのは高校生の頃で、現在の店舗よりも少し京都寄りにお店がありました。

当時の記憶をたどると、店内はとんこつのニオイが立ち込めていて、なおかつ床がツルツル滑るという印象が残っています。

現在のお店ではそんなことはなくなりましたが、当時はそれが美味いラーメン屋みたいな感じでイヤな印象は全くなかったですね。

大学生になってからは、近くのガソリンスタンでバイトをしていまして、バイトが終わった深夜0時から、バイト仲間とよく食べにいきました。

当時付き合っていた彼女ともデートで食べに行ったり…(デートで行くなよって感じですが^^;)

とまあ私にとって「青春時代の思い出の味」というのが、ラーメン横綱なのです。

ただ、30代になってからは、奈良県の天理市にある彩華ラーメンに行くことが多くなり、また、枚方から阿倍野に引っ越したことで、なかなか行く機会がなくなり、今回久々の訪問となりました。

今回は、その枚方店ではなく、自宅から最も近いラーメン横綱平野店です。

ラーメン横綱平野店

国道2号線である中央環状線沿いにあり、近くには「どうとんぼり神座」もあります。

最寄り駅は大阪市営地下鉄の出戸駅か長原駅ですが、どちらも徒歩で17分ほどかかります。

営業時間は午前11時〜朝の5時までやっています。

とんこつ醤油のラーメンがうまい

今回たべたのは、冒頭の写真にある「ラーメン」です。
ラーメン横綱

そして横綱といえば、のせ放題のネギですね。
ラーメン横綱のネギ

さっきのラーメンには、すでのこのネギをのせています。
最初は、レンゲにネギと一緒にスープをのせて飲むのが私の流儀ですが、やりすぎると麺を食べる前にお腹イッパイになってしまうので注意が必要です。

スープはとんこつ醤油で、これぞ横綱の味といった感じです。
ラーメン横綱のスープ

麺は中太のストレート麺(たぶん)で、しっかりとした食べごたえがあります。
ラーメン横綱の麺

若い頃は””をよく食べていましたが、大は麺の量が多く、麺が下から湧いてくるんじゃないかというぐらいで、若いときでも体調がイマイチなときは自重していました。

今回は久々ということもあり、””を注文しましたが、昔はなかったのですが今は替玉がありますので、足らなかったら替玉をすることもできます。

結果的には、家族が食べきれなかった分も私が食べましたので、替玉をする余力はありませんでしたが…

食べてみて、やっぱり「ネギ」「とんこつ醤油のスープ」「麺」の味が、当時と変わらず美味しいなぁ、というのが率直な感想です。

奥さんが食べていた野菜ラーメンも食べてみましたが、長崎チャンポンみたいな感じで、横綱らしくなく、やはり横綱はとんこつ醤油のラーメンが一番美味しいですね。

自転車で通えるくらいのところにお店があれば、ランチでも通いたいなぁと思いました。

ぴり辛餃子

横綱のもう一つの看板メニューと言えるのが、このぴり辛餃子です。
ラーメン横綱のぴり辛餃子

今は、黒豚餃子というのもありますが、昔からのファンとしてはやっぱりぴり辛餃子です。

本当にぴり辛で、初めて食べた私の奥さんは辛過ぎたらしく、黒豚餃子の方がいいそうです。

昔はラーメンとぴり辛餃子、そして白ごはんを食べるのが王道的な食べ方で、これでビールでもあれば完璧です。

濃厚で粘り気のあるスジャータシルクアイス

今回、一番おどろいたのは、このTOMIスジャータシルクアイスです。
ラーメン横綱のアイスクリーム

食べたあとに美味しい!と思って写真を撮ったので、食べかけの写真で恐縮ですが、濃厚で粘り気のあるクリームが絶品です。

そしてコーンもワッフルコーンで味わい深く、最後まで楽しめるデザートです。

味は4種類あり、今回は「北海道プレミアムバニラ」と「プレミアム宇治抹茶」を食べましたが、残りの2品も気になるところです。
ラーメン横綱のアイス

私は知らなかったのですが、スジャータのアイスクリームは新幹線の車内販売では有名らしいですね。

ラーメンのあとの締めのデザートなんて、昔は考えられなかったですが、ラーメン店もファミリー客を取り込むためには必要なんでしょうね。

これは本当に美味しかったのでオススメします。

まとめ

久々にラーメン横綱のラーメンを堪能しました。

昔と違って、メニューが豊富になり、チャーハンやからあげ、野菜ラーメンや焼豚丼なども増えました。

ただ、メニューが豊富になっても、昔のようにラーメン、チャーシュー麺、ぴり辛餃子、白ごはん、おにぎりだけだったときのほうが横綱らしくてよかったかなと、ノスタルジーに浸ってしまいます。

◆編集後記◆
eLTAXで償却資産申告書のCSV取り込みを試していますが、なかなかうまくいかないですね。
eLTAXは使いにくいので、やはり償却資産申告も税務ソフトを入れたほうがいいのか思案中です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら