【青の獅子標】三度目の正直か二度あることは三度あるか

混乱の2020年シーズンが今夜いよいよ開幕します。

過去2年、リーグ優勝をしているのに不完全燃焼感が強いのは2年ともCSで敗退しているから。せめて日本シリーズに出ていてくれればまた違った感じはあるのですが。。

今年こその思いは強いです。

スポンサーリンク

今年の戦力は?

毎年 主力が抜けていくライオンズ。今年もご多分にもれず秋山がメジャーに行ってしまいましたので、この穴をどう埋めるかというのが大きな課題です。

正直、数字と精神的支柱という面での穴を埋めるのはむずかしい。というよりそこを期待してはいけないんでしょうね。

ただここまでのオープン戦と練習試合を見ても秋山の穴を感じさせないほど野手は充実しています。

新外国人のスパンジェンバーグはオープン戦こそ心配されましたが、練習試合では菅野からホームランを打つなど大活躍し、当初の下位打線(辻監督に怒られる^^;)から金子侑司の不振もあり1番での起用が濃厚です。

それに加え、川越や鈴木将平の若手の台頭。それに負けじと木村文紀も奮闘し、外野のポジション争いはかなり激しい。

金子侑司も守備と足があるので打撃不振でもそうそう外されることはないと思いますが、ウカウカしているとポジションを奪われるかもしれません。川越のバッティングは魅力的ですからね。

そしてDHではない栗山も見たい。外野は贅沢です。

内野はもうほぼ固定メンバー。中村をたまにDHにして休ませるくらいですかね。

まあ、野手に関しては心配していません。

問題は今年も投手。。

といっても昨年の開幕時に比べればそれほど深刻ではないかと。昨年はエースの菊池が抜けてどうなるかというところでしたが、今年は昨年の勝ち頭のニールもいますし、多和田以外は特に故障者もなし。

不安といえばニール、髙橋光成あたりが練習試合で打ち込まれていたこととか。ニール本人は結果が悪かっただけと悲観していませんでしたが、今年は他球団も研究しているでしょうから不安はあります。

明るい材料は今井が覚醒しそうなこと。今井はオープン戦ではサッパリだったものの練習試合ではダルビッシュのような投球フォームになり安定感がグンと増しました。

トミージョン手術から復帰した與座もオープン戦、練習試合でも結果を出しました。長いイニングはわからないですが安定感抜群のピッチングが光り、これまで1軍での登板がないのでそこが未知数ですが、期待のほうが大きいですね。

そしてルーキーの宮川と浜屋も即戦力として中継ぎで活躍しそうな予感はあります。

もちろん松坂大輔も。ローテが苦しいときに助けてくれれば十分です。できれば私が観に行ったときに勝利投手になってほしい(実は今まで松坂の勝ち試合を一度も観たことがないのです。アクシデントばっかりで。。)。

投手に不安はあるものの今年も優勝を狙える戦力なのは間違いない!

今年独特のルールがどう影響するか?

今年は新型コロナウイルスの影響で開幕が3ヶ月遅れたため、特殊なルールになっています。

  • 試合数は143試合から120試合に
  • 延長は10回まで
  • 8月下旬までは同一カード6連戦
  • 当分は無観客試合
  • パ・リーグはCSがファイナルのみで4戦まで
  • 1軍登録人数の増加
  • 外国人を5人まで1軍登録可能(試合に出られるのは4人まで)など

試合数はどのチーム同じですので有利不利はないでしょう。

延長10回までというのはリリーフがいいチームには有利な材料。ライオンズは先発よりもリリーフのほうが充実してるのでこれはプラス材料か。

外国人枠の拡大はライオンズは投手3人、野手2人なので全員を1軍登録できフル活用できますね。現在はメヒアがケガで出遅れていますが戻ってくれば頼もしい存在(使い方は悩ましいですが)。

問題は同一カード6連戦。これ苦手なチームとあたったときは地獄ですね。特にソフトバンクとは2年連続でCSでやられていますし、PayPayドームでの6連戦なんて考えただけでも。。

開幕直後に本拠地ながらソフトバンクとの6連戦があるので、これをどう乗り切るか。昨年も開幕カードで当たって3タテ食らいましたが、143試合あったので挽回できました。試合数が減った今年は最悪6タテされたらシンドいですね。。

ただ夏場のメットライフドーム6連戦なんて他球団は経験したことないでしょうから、これは有利な材料でしょうね。日程的には7月の千葉ロッテ、8月の楽天のみですが。

まとめ

プロ野球が観れることの喜びを噛みしめながら今夜の開幕を待ちましょう。

三度目の正直か二度あることは三度あるか。

でもそれも2位以上でCSに行かなければ三度目の権利もないわけで。

まずは開幕カード勝ち越して、ソフトバンク6連戦にいい流れで向かいたいところです。

そして早く球場で野球を観たい!

◆編集後記◆
プロ野球が延期になったこともありこの記事が2020年最初の投稿になってしまいました^^;、
今年は一昨年までのように毎週月曜日に1週間分のゲームを振り返るスタイルで行く予定。内容ももう少しサクッとしたものにするかな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら