【青の獅子標】トノ不在の一大事に優勝を知る二人が奮起

外崎が故障で離脱した1週間。

その穴を感じさせなかったのは優勝を知るベテラン2人の活躍でした。

スポンサーリンク

9月4日 VS日本ハムファイターズ 18回戦 

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 3 0 2 0 2 0 0 7
F 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3

先発投手 西武・多和田 日本ハム・堀

スタメンは7金子侑、8秋山、4浅村、3山川、5中村、2森、DHメヒア、9木村、6源田。

試合経過

西武先発の多和田は初回、中田にレフトへ2ランを浴び先制を許しますが、打線が3回に浅村の併殺崩れの間に1点を返すと、中村の24号左2ランで3-2と逆転します。

さらに、5回には中村の左前タイムリーと森の中前タイムリーで2点を追加。その裏に近藤の右前タイムリーで1点を返されますが、7回に栗山の右前タイムリーと斉藤彰の押出し四球で2点を追加し7-3とします。

多和田は結局5回1/3・3失点でマウンドを降りますが、野田、マーティン、ヒースとつないで、そのまま7-3で快勝し、先発の多和田はハーラートップに並ぶ13勝目を挙げました。

雑感

背中の張りを訴えて9/2のオリックス戦を欠場した外崎が抹消されました。無理はさせられないということですね。代わって昇格した木村文紀が早速スタメンに。

外崎が外れたのと日本ハムの先発が左腕の堀ということで、スタメンをいじってきましたね。1番に金子侑で9番に源田。そして中村が5番まで打順を上げてきました。

金子侑はつなぐというよりは自らチャンスを作るタイプなので、1番は適しているかもしれません。

そして、この打順変更がピタリとハマりました。3回の攻撃では、山川の2塁打で浅村がホームを狙うもコリジョン適用ならずでホーム憤死(同じようなシーンを京セラでも見ましたが。。)と少しイヤなムードがありましたが、これを一変させたのが中村の逆転2ランでしたね。

そして5回の追加点となったタイムリー。5番中村が大活躍でした。

一方、投手陣ですが多和田がいきなり中田に2ラン。。甘く浮いた球を打たれました。先週末の京セラの雰囲気がまだ漂っているのか。。

ただ、その後は球数は多かったものの粘り強く何とかリードを守りました。このところ1イニングで大量失点することが多かったんですが、この日は先発として最低限の仕事はできましたね。

2番手の野田が回跨ぎで1回2/3をしっかり抑え、ながれを相手に渡しませんでした。オリックス戦での大逆転負けの一因でもありましたので少し心配でしたが、左が並ぶところでしっかりと仕事をしてくれました。

8回のマーティンもオリックス戦でのピッチングが不安定でしたのでドキドキしながら観ていましたが、秋山のレアードのホームラン強奪もあって結果的に無失点。レアード以外はよかった思います。

そして抑えのヒースもいつもどおりのピッチング。あの京セラでのピッチングは何だったのか、今でも不思議。

ここがポイント

中村を5番においたところですね。この日は3安打3打点の大活躍。4番の山川の調子がイマイチなので、5番に中村がいると山川も自分が決めなくても中村さんが決めてくれると思ってリラックスできるかもしれません。外崎の離脱は痛いですが、それによって生まれた打順変更が上手く決まりました。

大事な旭川での2連戦の初戦を取れたのは大きいですね。正直、ここで連敗するとズルズル行きかねないなと思っていたので、一安心です。

9月5日 VS日本ハムファイターズ 19回戦 

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
F 2 0 0 1 0 0 1 0 X 4

先発投手 西武・榎田 日本ハム・加藤

スタメンは7金子侑、8秋山、4浅村、3山川、5中村、2森、DH松井、9木村、6源田。

試合経過

西武先発の榎田は、初回に中田の犠飛と鶴岡の右前タイムリーで2点を失うと、4回にも杉谷の犠飛で0-3とされます。

一方の打線は、日本ハムの先発加藤の前に7回まで散発の2安打に抑えられ、まったくいい所なし。

榎田は7回まで投げますが、7回には近藤に右前タイムリーで決定的な4点目を奪われ、結局そのまま0-4で敗れました。

雑感

またまた初回に失点。このところ初回の失点が多いです。今季は逆転勝ちが多いように、追いかける展開は苦手ではないのでいいのですが、初回の失点はテンション下がります。

逆に打線は初回に点を取ることが少ないですよね。だいたい球数少なく3者凡退。

それでも最終的に勝ってくれればいいんですけどね。

さて、ゲームの方は完敗でしたね。しょうもないエラーで負けたというわけではないので、お寒い内容とまではいかないですが、シーズントータルで見ればこんな日もあります。

悲観することはありません。

榎田も4失点ですが、それほど悪くはなかったかと。初回の中田の犠飛も中田が上手く打ちましたし、3点目の杉谷の犠飛も四球で満塁になるよりは1点で済んでよかったです。

4点目の近藤のタイムリーは2死までいったのでもったいない気もしますが、バッターが近藤ですからね〜。仕方がないところもあります(木村のバックホームは惜しかった)。

悔やまれるのは2失点目の鶴岡のタイムリー。当たり的には打ち取っているんですが、いいところに落ちてしまいました。。初回に1点だけならまだまだと思えるのですが、この日の加藤の出来だと重い2点となりました。

旭川シリーズは結局1勝1敗。上にいるチームとしてはこれでも十分でしょう。

ソフトバンクも千葉ロッテ相手に1勝1敗で、上位3チームが2試合消化してゲーム差は結局そのまま。こんな感じで最後までいければいいんです。

9月7日 VS千葉ロッテマリーンズ 20回戦 

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 1 1 0 2 0 0 0 0 4
L 0 1 0 0 0 3 1 5 X 10

先発投手 西武・菊池 千葉ロッテ・二木

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、5中村、DH森、7栗山、2炭谷、7金子侑。

試合経過

2回に千葉ロッテの清田の左前タイムリーで先制されますが、すかさず栗山の右ソロで同点に追いつきます。しかしピリッとしない西武先発の菊池は、直後の3回に平沢の犠飛で勝ち越されると、5回にはまたも平沢の右2ランで1-4と突き放されます。

ところが6回裏に山川の左前タイムリーで1点を返すと、2死満塁のチャンスで代打メヒアの同点中前タイムリーで4-4の振り出しに。

そして7回に浅村の左前タイムリーでついに勝ち越すと、8回には打者一巡の猛攻で一挙5点を取り、終わってみれば10-4と快勝し、7回まで投げたが菊池が11勝目を挙げました。

雑感

スタメンは再び1番秋山、2番源田のパターンに戻りました。秋山が復調してきたことで一定の効果はあったようですね。

勝つには勝ったんですが菊池がどうなんでしょう?この日も前回登板と同様にゲーム途中に脇腹をつってしまいました。

汗をかきすぎて脱水症状になったとか、投球フォームを変えたことによる影響ともいわれていますが、前者ならこれから涼しくなってくるので問題ありません。後者だと今後も不安がありますね。

なんとかこの日は打線が逆転してくれたから勝ち星もころがりましたが、次戦はどうか。ローテどおり楽天戦か、ソフトバンクにぶつけるのかで、今後のペナントレースの様相が変わってきそうですね。

そして、今までなら菊池との相性を考えて炭谷に代打を出すのはゲーム終盤でしたが、この日は中盤の6回に代打に送り出したメヒアが同点タイムリー。

辻監督の勝負手が決まりました。ここで1点どまりだと、そのままズルズル行きかねないところでしたが、思い切った勝負に出ました。そしてメヒアも期待に応えて大きいのは狙わずセンター返しのバッティング。しかも前の栗山のいい当たりがサード鈴木の好捕によりアウトになったあとだけに、よく決めてくれました。

追いついてもらったあとの7回は岡田と組んでのイニングでしたが、菊池が三者凡退でながれをそのまま持ってこれたのも大きかったですね。気持ちがこもっていました。

そして久々に増田が9回のマウンドに上りました。といってもセーブシチュエーションではなく大量リードの場面でしたが、久々に三者凡退に抑えました。これをきっかけに再浮上してくれればいいんですが。

岡田がマスクをかぶっていたので、久々に閉店ガラガラもやってくれたのかな?(RakutenTVでの映像では確認できませんでした)

打線がつながった見事な逆転勝ち。2位ソフトバンクが負けたこともあり、大きな1勝となりました。

9月8日 VS千葉ロッテマリーンズ 21回戦 

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 5 3 0 0 1 1 0 3 0 13
L 0 8 0 1 0 0 0 0 0 9

先発投手 西武・十亀 千葉ロッテ・ボルシンガー

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、DH栗山、5中村、2森、9斉藤彰、7金子侑。

試合経過

先発の十亀が初回から大乱調。角中と鈴木大地のタイムリーで2点をリードされると、2死満塁から田村には走者一掃の右3タイムリーで0-5。さらに2回には井上に特大の3ランを打たれ0-8と大量リードを許します。

しかし、千葉ロッテ先発のボルシンガーも2回に突如崩れ、中村の左前タイムリーと金子侑の内野ゴロの間に2点を返すと、秋山の中前タイムリーと浅村の押出し四球で4-8。そして2死満塁から山川に打った瞬間それとわかる37号満塁ホームランが飛び出し、ついに8-8の同点に追いつきます。

4回裏には中村の右前タイムリーでついに9-8と勝ち越しますが、直後の5回に平沢に右2タイムリーを打たれ同点に追いつかれると、6回にはマーティンが1死2・3塁から藤岡裕に犠飛を打たれ再びリード許します。

5回以降は千葉ロッテのリリーフ陣の前にチャンスも作れず、迎えた8回、回跨ぎの平井がエラー絡みで無死2・3塁のピンチを招くと、代わった野田が鈴木大地の左2タイムリーと岡の左前タイムリーで9-13とされ、そのまま敗戦となりました。

雑感

大変なゲームとなりました。十亀が2回で8失点。ところがすぐに追いついたもんだから十亀は2回で降板することになり、3回から継投せざるをえなくなりました。

その結果、リリーフ陣のしわ寄せが行っての敗戦で、やはり序盤に8点取られると追いついてもシンドい展開になりますし、このリリーフ陣の負担が次の日にも影響しないかが心配です。

仮に0-8のままだったらそのまま十亀続投で5回までは投げさせかもしれませんしね。8-8の同点に追いついたところは興奮しましたが、この展開で勝ちきれないと疲れが倍増します。

できれば伊藤翔をもう少し引っ張りたかったんですが、早めの継投が裏目に出ました。マーティンもこのところ失点する場面が多く、記録上はマーティンに負けが付きました。

ただ、本当の負け投手は十亀ですけどね。。

8回の3失点は、本来なら回頭から野田でいきたいところを平井を回跨ぎで引っ張ってしまいました。やはり先発が2回で降板してしまうと継投も後手後手になってしまうんですね。

翌日は十亀は当然ながら伊藤翔も抹消されました。ロングリリーフのピッチャーの枠を確保するためかもしれませんが、もしかしたら十亀の代わりに伊藤翔を先発に回すための準備としての抹消もあり得ますね。

十亀はもうレギュラーシーズン中は上がってこれないかもしれません。まあこれで次週のソフトバンク戦での登板がなくなりましたので、松田はさぞガッカリしてるでしょうけど^^;

最初にどん底まで突き落とされ、直後にキセキを信じさせられるかと思ったら、最後には現実に戻されたゲームでした。

9月9日 VS千葉ロッテマリーンズ 22回戦 

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
L 0 1 1 1 3 0 0 0 X 6

先発投手 西武・今井 千葉ロッテ・種市

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、7栗山、5中村、DH森、2岡田、9金子侑。

試合経過

西武が2回に森のニゴロの間に1点を先制しますが、直後の3回、西武先発の今井は四球絡みで1死満塁のピンチを迎えると、角中の遊ゴロの間に1点を失い同点とされます。

同点とされた3回裏には2死からヒットで出た源田が二盗を決めチャンスを作ると浅村のポテンヒット3-2と勝ち越すも、4回に今井が福浦にソロを打たれてまたも振り出しに。

しかし、4回に森の中2タイムリーで三度勝ち越すと、5回には栗山と中村に連続タイムリーが生まれ6-2とリードを広げます。

リードをもらった今井は5回の1死2・3塁のピンチを切り抜けると、6回の無死1・2塁のピンチも中村奨吾を併殺にとり、何とか6回2失点でまとめ、7回からは野田、平井、マーティン、ヒースと継投して6-2で逃げ切り、今井が4勝目を挙げました。

雑感

久々に先制し、追いかけられる展開となりましたが、今井がここぞというところで踏ん張りました。踏ん張れなかったら前日の十亀になってしまいますが。。

今井は前週のオリックス戦と同様にボール先行でリズムが悪かったですね。3回は突如の四球連発で、ひとつ間違っていたらビッグイニングになりかねませんでした。

再三のピンチも4回と6回の中村奨吾の併殺2つが大きかったですね。ここで併殺が欲しいというところでしたから。

打線もよく点を取ってくれました。今井のリズムが悪い中、よく援護したと思います。特に6回の3点の原動力なった栗山と中村の二人。ここで追加点がなかったらまた取っては取られての展開になりかねませんでした。

この3点で千葉ロッテの戦意を萎えさすことができたのではないでしょうか。

前日崩れたリリーフ陣も、連日の連投の中、よくがんばってくれました。前日の失敗を引きずらず。心配だったマーティンもこの日は奪三振2つと内容もよかったです。

ヒース以外の中継ぎ陣をゆっくり休ませたいので、移動日を挟んだ火曜日の多和田には最低でも8回までは投げてほしいですね。

千葉ロッテ3連戦。苦しみながらもなんとか2勝1敗と勝ち越しました。

今週の展望

先週は外崎の離脱があったものの、3勝2敗でひとつの勝ち越し。

2位ソフトバンクも3勝2敗、3位日本ハムは2勝2敗と、この1週間でゲーム差はほぼ変わらず。

5試合消化してゲーム差が変わらないのならまだ御の字です。

今週は5試合。まずは神戸でオリックスと2連戦。またディクソンですか。前回と曜日が違うんですが、登録抹消してまたぶつけてきました。ソフトバンク戦に回ってほしかったんですがね。。

もうひとりは松葉かな?

西武はローテどおりにいけば多和田、榎田。榎田にはぜひ5月20日のほっともっとでの借りを返してほしいですね(私が観に行ったゲームです)。

そして週末は楽天と1試合、そしてソフトバンクと土・日・月の3連戦。

ソフトバンクは大竹、千賀、ミランダですかね(バンデンハークは抹消になりましたね)。

この3連戦は絶対に3連敗はできません。菊池をぶつけるのか、ローテどおり楽天戦に回すのかも注目です。

菊池が楽天戦に回れば、ウルフ、今井とあと一人が思い浮かばない。。髙橋光成?

ところで楽天は誰が投げるんでしょうか?則本?塩見?辛島?比較的相性がいいのは則本ですが。。

日程が変則的なこともあって先発予想が難しくなってきました^^;

金曜日からは9連戦になりますし、勝負の1週間になりそうです。

◆編集後記◆
ほっともっとでの2連戦が関西での最後のゲーム。観に行きたいんですが、平日ナイターのほっともっと神戸は娘を連れて行くにはハードルが高いんですよね。休日のデーゲームだったら丁度いいんですけど。。ネットで応援します!

◆ラン日記◆
2018年9月3日 7.37km 40:16
2018年9月5日 7.38km 39:04
2018年9月8日 7.40km 39:12
先週は雨が多くて3日しか走れず。夜は涼しくなってきたので走りやすくなってきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら