【青の獅子標】満塁に愛されるあの御方

どちらも投手に難のあるチーム同士の対戦ということで、打撃戦が予想されたヤクルト3連戦。

満塁に愛されるあの御方の打棒が光りました。

スポンサーリンク

6月14日 VSヤクルト 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
S 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
L 3 0 0 8 0 0 0 0 X 11

先発投手 L・髙橋光成 S・ブキャナン

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

ヤクルト先発のブキャナンに初回から猛攻。山川、森、中村の3連続タイムリーを含む5連打でいきなり3点を先制します。

一方、西武先発の髙橋光成はランナーを出すものの要所要所で併殺とフォークで三振を取り、流れを渡さない好投を見せます。

2点差に迫られた4回、無死満塁から秋山の押し出し四球、外崎のタイムリー、森の押し出し四球で4点を追加すると、締めは中村の通算18本目となるグランドスラムでこの回一挙8点でゲームを決めます。

髙橋光成は大量援護にも守られ、被安打10ながら失点1で今季初完投。7勝目をあげました。

雑感

髙橋光成が完投でしかも球数が125球。この球数ながら三振もきっちり7個とっており、このあたりは今までとは違いますね。

10安打打たれながらも失点が1だったのは効果的に3つの併殺を取れたこと。特に4回の1点を取られたあとに大引から取った併殺が一番大きかったですね。あそこで断ち切れたことでその裏のビッグイニングを呼び込めたともいえます。

次回の予定は21日の甲子園での阪神戦。私も観に行く予定です。

打線は初回の5連打で主導権を握ると、1点を返された直後の4回裏にはビッグイニング。無死1・2塁からの金子侑のバントがリクエストでヒットになったところがポイントだったかなと。

バント苦手な金子侑が上手く送れた上に自身もランナーに残るなんて滅多にありませんからね。あれでマーク・パンサーブキャナンも緊張の糸が切れてしまったかもしれません。

そして最後は中村剛也のグランドスラム。どうぞ打ってくださいという球でした。これで通算18本目とは本当に満塁に愛される男ですね。

ヤクルトも中継ぎがフル回転なのかブキャナンを11失点でも5回まで引っ張りました。このあたりは気持ちわかりますよ。

打ち合いになるかと思われたヤクルト戦。初戦は一方的な展開になってしまいましたが、やはり今のヤクルト戦は落としてはいけないゲーム。しっかりと初戦が取れてまずはひと安心。

6月15日 VSヤクルト 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
S 0 1 2 0 0 0 0 1 2 6
L 0 0 0 0 0 0 0 5 0 5

先発投手 L・本田 S・石川

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

西武先発の本田は2回に山崎のタイムリーで1点を先制されると、3回にはバレンティに2点タイムリーを打たれ0-3とリードされます。

打線はヤクルト先発の石川の前に7回まで散発の2安打に抑えられ反撃の糸口すらつかめません。

本田は3点を取られたもののその後はヤクルト打線に追加点を与えませんでしたが8回、青木に痛い追加点となるソロを浴び4点のビハインドに。

敗色濃厚に思われた8回裏、石川から金子侑と秋山の連打でチャンスを作り石川をマウンドから引きずり落とすと、2番手梅野から山川と森が連続押し出し四球で2点を返し、ここで中村が走者一掃となるタイムリー2塁打で5-4と一気にひっくり返します。

見事な逆転勝利かと思われましたが、抑えの増田が源田の悪送球で出したランナーと自らの野選でピンチを広げると、代打荒木に同点タイムリー、そして山田哲人に勝ち越しの犠飛を打たれると、その裏の反撃も3人で終わりシーソーゲームを落としました。

雑感

あそこまでいったら勝ちたかったなぁ。石川の前に完全に抑えられ重苦しムードだったのが1イニングでひっくり返ったわけですからね。

昨年だとこういう一気にひっくり返したゲームは確実にものにしていましたが、今季はそれが少ない。これがイマイチ上昇できない要因になっていますね。

先発の本田は久々の先発で先制はされましたが8回途中まで投げましたし、内容もそれほど悪くありませんでした。もう先発ローテに定着させてやったらと思うのですが、多和田や榎田が戻ってきたらまた弾かれるのかと思うとかわいそうですね。榎田よりは十分安定していると思うのですが、やはり先発に左がほしいですもんね。このあたりの兼ね合いでしょうか。

さて中村が前日に続き満塁で大仕事。ホームランではなかったものの走者一掃となる逆転3点タイムリーなら同じようなもんです。普通はここでドラマが完結なんですけどねぇ。。

増田はやはり準備ができていなかったんでしょうか。だとしても責められませんよね。4点ビハインドで石川の前に打てる雰囲気ゼロなら仕方ない。これで準備してたら1年間持ちませんから。

反撃がもう1イニング早かったら、こんな増田ではなかったでしょうね。こういうときは前に投げたマーティンが続投でもいいのかもしれません。そしてランナー出したら増田がいくという感じだったら少しでも肩を作る時間は稼げましたからね。

抑えは9回の頭から投げないといけないというわけではないですから。

6月16日 VSヤクルト 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
S 1 0 0 0 0 1 0 1 3 6
L 0 0 1 3 3 3 0 0 X 10

先発投手 L・松本航 S・高橋奎二

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DHメヒア、9木村、7金子侑。

試合経過

西武先発の松本航、初回に山田哲人に先頭打者弾を浴びると2回には無死満塁のピンチを招く苦しい立ち上がり。しかしここを無失点で凌ぐと5回まで追加点を与えません。

打線はヤクルト先発の高橋奎二を打ちあぐねていましたが、ひと回りした3回、四球でもらったチャンスに源田のタイムリーで追いつくと、4回には森のタイムリー2塁打とメヒアの4号2ランで3点をリードします。

5回にも源田と森の犠飛で3点を追加すると、6回には秋山の12号3ランで10−2とリードを広げ勝負を決定づけます。

松本航が5回2/3でマウンドを降りると、平井、ヒースとつないで最後の松本直晃が村上に2ランを打たれるなど3点を失いますがなんとか逃げ切って10-6で勝ち、松本航が本拠地での初勝利を飾りました。

雑感

終わってみれば大勝も、序盤は押され気味の展開。2回の無死満塁を切り抜けたところが大きなポイントでした。

無死満塁は点が入らないとはよくいいますが、今季のプロ野球は多いような気がしますね。この日もソフトバンクが延長12回裏に無死満塁のチャンスも無得点なんてありましたから。ピッチャーが開き直れるからなのか、バッターの方がプレッシャーが大きくなってしまうからなのか。不思議ですね。

先発の松本航。課題の5回を超えるイニングを投げられるかというところでしたが、5回2/3と微妙に超えてくれました^^;

やっぱり球数が多いんですよね。まあこの日は三振が7つといつもより多かったというのもあるんでしょうが、5回2/3で113球はやっぱり多いなあと。球数が多いとイニングを食えないし、守っている野手もリズムに乗れないといいことはありません。この日は打線がポテンシャルを発揮してくれましたが、前日の石川のようなピッチャーだとそうもいきません。

次回こそ5回を80球までにまとめて7回まで投げてほしいところ。次回はオープン戦でボコボコにされた甲子園での登板。文字どおりトラウマにならないように勝ってくださいよ。

打線は上手くつながりましたし、メヒアのスタメン起用の当たりました。特に5回の3点は無安打でのもので、しかも犠飛も浅いフライで微妙なところでしたが足が本当に活きました。大技だけでないところがライオンズ打線の特徴。この回の攻撃は見事でした。

この日は中村が4タコでしたが、満塁で回ってこなかったからですかね^^;

そして山川も無安打。このところホームランも出ていませんし、少し心配ではあります。

前日はショックが大きい負け方で心配しましたが、初戦同様に大量点で逃げ切ることができましら。終盤は反撃されましたが、ホットヤクルトをソフトバンクに飲ませるということで^^;

次カードの展望

ヤクルト戦は3タテするチャンスはありましたが、まあ最低限の勝ち越しは決められました。

次カードは名古屋での中日戦。中日もいいんだか悪いんだかよくわからない状態ですね。昨日は大逆転負けくらってますし。

西武の先発は今井、十亀、そして郭俊麟が抹消されたので誰がくるのか。多和田は下では投げていないようですがここで来るのでしょうかね。

中日はの先発は阿知羅、大野雄大、山井でしょうか。大野、山井あたりはちょっと警戒ですね。っていうてたら阿知羅にやられてしまうので全員要警戒です。

◆編集後記◆
支部対抗のソフトボール大会。前日の雨予報が朝から曇りでまさかの決行の連絡が。どうせ途中で雨降って中止になるのではと思っていたら、途中短時間の雨はあったものの無事にゲームができました。ただし風が強くて外野フライなんて発泡スチロールのボールを追いかけているようなもんで大変でした^^;

◆ラン日記◆
2019年6月17日 10.0km 54:13

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら