【青の獅子標】あれ?順番違うんじゃない?

投手交代の判断は難しく、結果論になってしまいがち。

それでもあえていいたくなるようなときがあります。

やっぱり順番、逆じゃないですか?

スポンサーリンク

8月4日 vs日本ハム4回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 0 0 0 3 0 0 0 4
F 1 0 2 0 3 4 0 1 X 11

先発投手 L・髙橋光成 F・上沢

スタメン 7スパンジー、2森、3山川、4外崎、5中村、DH栗山、6源田、9木村、8鈴木。

試合経過

1点を追う2回に栗山のソロですぐさま追いつきますが、先発の髙橋光成が踏ん張れず、3回に大田の2ランで再びリードされると、5回にも3連続四球となる押し出しなどで3点を失いこの回途中で降板。

打線はようやく6回に上沢をとらえて中村、栗山の連続タイムリーで3点を返し2点差に迫りますが、その裏に1死満塁のピンチ登板した今井が中田の犠飛と大田の3ランで4点失うと、結局4-11で敗れ3連敗。5位に転落しました。

戦評

期待の次世代エース候補が2人とも炎上してしまいました。

髙橋光成は7四球ですか。その四球がことごとく失点につながるという悪循環。

今井は中継ぎ転向というわけではなく、中継ぎでの調整ということでしょうが、いきなり1死満塁の修羅場で放り込まれての炎上。自分で溜めたランナーではないものの大田の3ランはないよな〜。

打線は今の状態でよく4点取れたなという感じ。まあそれも中村と栗山のベテランコンビニよるものというのがさびしい現状です。

これで6試合連続の2ケタ三振。おまけに投手陣は与四球10(対する日本ハムは1でした。。)。

これでは勝てませんね。しばらくはこの底の状態が続きそうな敗戦でした。

8月5日 vs日本ハム5回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 5 0 0 2 7
F 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2

先発投手 L・伊藤 F・マルティネス

スタメン 7スパンジー、2森、3山川、4外崎、5中村、DH栗山、9木村、8鈴木、6源田。

試合経過

5回までマルティネスの前に2安打と沈黙していた打線は6回、スパンジーの2ランで逆転すると山川にも2ランが飛び出すなどこの回一挙5得点でマルティネスをKOします。

6回に2番手の平井が1点を失いなおも1死満塁のピンチで、代わった平良が連続三振で断ち切ると7回も三者三振と見事な火消しをすると、打線は9回にも山川、外崎のタイムリーでダメ押しの2点を加え7-2で勝利。連敗を3で止めました。

戦評

先発の伊藤翔。勝ちはつかなかったけど勝ちをつけてあげたいピッチングでした。

毎回得点圏に走者を出しますが、観ていて抑えてくれるんじゃないかなという感じがありましたね。このところの先発陣にない安心感がありました^^;

そして平井のピンチを救った平良のピッチング。三振がほしいときに三振を奪えるというのがどれほど心強いことか。回跨ぎも問題なく取ったアウトはすべて三振でした。この日のポイントはまさにこの6回裏でしたね。ここでもう1点2点返されているとわからなくなっていた展開でした。ここをバチッと断ち切ってくれた平良には頭が下がります。

最近、勝ちパターンのリリーフ陣が登板する展開のゲームがなかったので休養十分だったのか平良、ギャレット、増田は盤石。平井は5回はよかったのに6回はなぜあんなことになったのか。今季は回跨ぎをさせないほうがいいかもしれません。

打線は5回まではこの日もダメかと思わせましたが6回は見事な攻撃。ホームランで切れることなく得点を重ねられたのは収穫です。ホームラン2本の影で目立ちませんが、5点目の木村のタイムリーが大きかったですね。

8月6日 vs日本ハム6回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3
F 3 0 0 1 0 0 1 0 X 5

先発投手 L・與座 F・河野

スタメン 5スパンジー、2森、3山川、4外崎、7栗山、9木村、DHメヒア、8鈴木、6源田。

試合経過

先発の與座が立ち上がりから捕まり、中田、大田の連続タイムリーで3点を失いますが、2回に木村のタイムリー、4回にメヒアのソロで反撃し1点差に迫ります。

しかし、直後に與座が満塁のピンチを作ると2番手の小川が西川にタイムリー、7回にも1点を追加され3点差に広げられます。

8回に宮西を攻めて1点を返し、なおも満塁のチャンスでしたがメヒアが三振でこの回1点どまりで反撃もここまで。3-5での敗れ再び5位に転落しました。

戦評

前回のソフトバンク戦のピッチングがよかっただけに、この日の與座にはガッカリさせられました。立ち上がりの3点は中田のタイムリーだけに止めていてほしかったですし、1点差に迫った直後の失点も痛かった。。

投手陣は何度となくおとずれた満塁のピンチを最小失点に抑えてゲームは壊さなかったものの、こうもピンチが続くと野手のリズムも悪くなりますよね。

そんな中でも結果を出し続けているのが森脇。基本的にはビハインドの場面での登板で、一度リードしている場面で失敗したので地味な印象ですが、ここまで防御率1.38。こうなると競った場面やリードしている場面でのピッチングを観たくなります。

打つ方は源田が2試合連続マルチと調子が上向いてきたのが救い。もう2番に戻してもいいんじゃないでしょうか?

前日がいい勝ち方だっただけにフラストレーションがたまる敗戦でした。

8月7日 vs日本ハム7回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
F 0 0 0 1 0 2 0 0 X 3

先発投手 L・ニール F・杉浦

スタメン 7スパンジー、6源田、4外崎、3山川、5中村、DH栗山、2森、9木村、8鈴木。

試合経過

投手戦で始まったゲームは4回、先発のニールが近藤にソロを浴び先制されると、6回にも近藤の2点タイムリーでリードを3点に広げられます。

打線は日本ハム先発の杉浦に抑えられ、7回にようやく満塁のチャンスを作りますが活かせず。9回に抑えの秋吉を攻めて栗山のタイムリーと鈴木の押し出しで1点差に詰め寄りますが、最後はスパンジーが三振で万事休す。2−3で敗れ接戦を落としました。

戦評

ニールもよかったんですがそれ以上に杉浦がよかった。

8回裏の無死満塁のピンチを凌いで9回に1点差まで詰め寄りいい流れだったんですが、スパンジーがこの日4つ目の三振でジエンド。スパンジーは固め打ちをするときは手をつけられないのですが、三振するときはトコトン三振で。。

ムラっ気があるんで分かりやすいといえばそうなんですが、こういうときに右の代打がいれば。。岡田ではダメですか?

ニールで連敗は避けたかったのですがね。今年も杉浦が打てないようで。。

源田が2番に戻ってきたんですが、3安打では勝てませんわな。

8月8日 vs日本ハム8回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 3 0 2 0 0 0 0 6
F 0 2 0 0 0 0 5 0 X 7

先発投手 L・松本 F・有原

スタメン 7スパンジー、6源田、4外崎、3山川、DH栗山、5中村、2森、9木村、8鈴木。

試合経過

初回に外崎の犠飛で1点を先制すると、1-2と逆転された直後の3回に外崎のタイムリーと山川の2ランで2点をリードします。

5回にも2点を加え6-2とリードした7回、3番手の平井が杉谷のタイムリーとエラーで1点を返されると、代わった宮川も近藤、中田に連続タイムリーを打たれついに1点差に。このピンチでギャレットが前倒しで登板しますが流れを止められず、渡邉諒に逆転タイムリーを許し6-7とついにひっくり返されます。

その後、8回に1死2・3塁のチャンスを作るも5番手の玉井に抑えられ反撃もここまで。痛い星を落としました。。

戦評

このゲームは是が非でも取らなければいけないゲーム。。

ポイントは6回、7回の投手起用ですよね。6回は平良が投げ6球で終わる省エネピッチング。ただここは平良でなく、球数が88球だった松本を続投させるか、右が続くので平井でよかったのでは?仮に平井がやらかしても平良が火消しをしてくれるでしょうし。

このところ平井は左バッターに対しての制球がよくないと思うのですがね。辻監督の信頼が厚いのはわかるのですが、今の平井にはもう少しラクなところで投げさせるか、一度落としてもいいような。。

まあ7回は守備の乱れもあったり、木村がアクシデント代わっていなかったら捕れていたかもという打球があったりとツキもなかったわけですが。

今のチーム状態を表すような痛い敗戦でした。

8月9日 vs日本ハム9回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
F 1 0 1 0 0 0 0 0 X 2

先発投手 L・本田 F・バーヘイゲン

スタメン 7スパンジー、6源田、4外崎、3山川、DH栗山、5中村、2森、9川越、8鈴木。

試合経過

初回に外崎のソロで先制しますが、直後に大田のタイムリーで同点とされると、3回には中田にタイムリーを打たれ1-2と逆転をされます。

先発の本田は2点を失うものの6回途中まで2失点と十分ゲームを作りますが、打線が日本ハム先発のバーヘイゲンの前に1点しか奪えず元気なく敗戦。

4連敗を喫し借金は5に膨らみました。

戦評

3試合連続で1点差ゲームを落とすという。。

この3試合はすべて課題の先発陣がゲームを作っていたので、なんとしても勝ちたかったゲームでしたが、このゲームも打線がほしいところで点を取れずでしたね。

弱り目にたたり目で山川が第1打席でスイングした際にふくらはぎを痛めるというアクシデント。その後2三振で第4打席には代打を出されました。

心配ですね。。それほど調子がいいとはいえませんが、ホームランは出ていたので山川が離脱となると痛い。

しかし、本田が先発のゲームは援護がない。。

まとめと次カードの展望

日本ハムに1勝5敗と大きく負け越し、この福岡・札幌の2週間の遠征は2勝9敗となり貯金2から借金5になってしまいました。

特に土曜日のゲームは、今シーズンの盤石のリリーフ陣がいる状況では落としてはいけないゲーム。やはり平良と平井の順番は逆だったんじゃないの?と思います。

あの敗戦が日曜日にも影響しました。

この同一カード6連戦が難しいところは、遠征が続くときは2週間も続いてしまうところ。やはりビジターだとゲーム前の練習時間が限られてしまいますからね〜。不調の打線がなかなかきっかけを掴めません。

まあ夏場の時期にメットライフドームで連戦をするよりは体力的には負担が軽いんでしょうが、やはり地の利は大きいですね。

この最悪の状態で首位タイの楽天との6連戦はキツイなとしかないですね。もう5ゲーム差ですし、これ以上離されるわけにはいかない。この6連戦いかんでは絶望的な展開になりかねません。

幸い上位が拮抗しているため、つぶしあいをしてくれるので、このくらいの差で留まっているともいえますが。。

楽天に勝つためには浅村を抑えること。あ、ロメロも調子いいんですよね。涌井も好調だし。

あー、なんかもう気持ちで負けてるわ^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら