集中打で宿敵ソフトバンクを撃破し開幕4連勝

たいへんよく走りました🌸

本拠地での開幕戦は、天敵のホークスと。

ただ、大阪に住んでいると本拠地開幕といってもあまりピンと来ません^^;

関西での初戦が待ち遠しいです(4月はないんです)。

スポンサーリンク

試合前のセレモニー

試合前のセレモニーではレジェンドの東尾修氏と田淵幸一氏が、当時のデザインのユニフォームを着ての始球式でした。

このお二人が活躍されていたころは、私もまだレオキャップを被っていた小学生でした。

デービスに殴られていたのが懐かしいです。

4月3日 VS福岡ソフトバンクホークス 1回戦

札幌で3連勝しての本拠地開幕ということもあり、メットライフドームは盛り上がっている様子です。

相手は前年覇者のソフトバンクですから、今年のチーム力が本物かどうかの試金石になります。

先発投手は西武・十亀、ソフトバンクは東浜。

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、2森、5中村、9外崎、DHメヒア、7金子侑。

スタメンマスクは森友哉で、ソフトバンク相手にリードが通用すれば自信になるでしょうね。

先発の十亀は今年から二段モーションにしたことで、オープン戦で結果を残してきましたから結構楽しみにしているんですが。

ところが、初回、先頭の今宮にいきなり抜け球で死球。

ランナーを出してセットポジションになると二段モーションが使えないので、できればあまりランナーを出したくないところ。

その後、あっさり送られて柳田にヒヤッとする犠牲フライを打たれていきなり失点です。

2回にも松田にソロを被弾して0-2。

やはりソフトバンクは甘くないか。

札幌では日本ハムの貧打に助けられたところもあるしな〜。

打線の方は東浜に抑えられ、4回までパーフェクトピッチングとひとりのランナーも出せず。

それでも5回に、山川のあわやという三塁打で初めてのランナーが出て、森友哉。

当たりはよかったんですが野手の正面でランナー帰れず。

ここで中村が倒れると嫌な流れになるところでしたが、低めの難しい球をボテボテながらもセンター前に持っていき1点を返します。

点と取ってもらった直後の大事な6回。

1死後、内川とデスパイネの連打で1・2塁のピンチを迎えますが、中村、松田を打ち取って0に抑えます。

その裏、先頭の秋山が右安で出て、源田がボテボテの投ゴロも送りバントのような形になって1死2塁。

ここで浅村がレフトへの2塁打を放って同点に追いつき、山川が打った瞬間それとわかるホームランで4-2と勝ちこし。

これで終わらず、中村四球のあと外崎がライトスタンドへの2ランでさらに2点追加。

富士大コンビの活躍でこの回一挙5点。

東浜の制球が甘くなったところを見逃さず見事な逆転でした。

この回の東浜は明らかに球が浮いていました。

それにしても、オープン戦終盤から、このようなビッグイニングを作ることが多いですね。

つながるとホントに怖い打線です(ファン目線だと脆いところもあるのですが)。

逆転してもらった直後の7回表の十亀のピッチングは見事でした。

上林、甲斐、今宮を三者三振にとって流れを引渡しません。

十亀のあとは8回から左の野田が登板しますが、いきなりの四球。。

柳田を打ち取ったところで、平井に交代。平井はなんと4連投です。

大丈夫かいな。

いきなり内川を四球で歩かすもデスパイネ三振。

中村も打ち取ったんですがセカンド浅村がエラーで2死満塁。

満塁ホームランを打たれたら同点というヤバイ雰囲気でしたが、平井が踏ん張って松田を今度こそセカンドゴロに打ち取ってピンチを脱出。

やっぱり簡単に勝たせてくれませんねぇ。

その8回裏。山川四球、中村左安で1・2塁となり、2塁ランナーの山川に代走の木村文紀が出るのですが、この代走が効きました。

外崎がスリーツーから四球となったボールがワイルドピッチになり、投球と同時にスタートを切っていた木村が2塁からホームに還って貴重な7点目が入ります。

木村はここまでまだ打席に立っていませんが、いい仕事をしました。

采配もズバリでしたね。

そして9回。点差もあるのでこの日から1軍に上がった高木勇人が、ライオンズのユニフォームを着ての公式戦初マウンドに上がります。

緊張してたのかな?(そんなタイプには見えないのですが)

いきなり連打で無死2・3塁のピンチを迎え、川島の遊ゴロの間に1点を取られ、さらに柳田に3塁打を打たれもう1失点。

残念ながら最後は増田に託してマウンドを降りました。

まあ、今まで先発で調整してきての急な中継ぎへの配置転換なので、難しいところはあります。

今宮を三振に取ったスライダーはよく曲がっていましたし、次回に期待しましょう。

やっぱり、ソフトバンク戦は何点あっても気が抜けませんね。

ランナーが溜まるたびにここで1発打たれたら同点やん、とハラハラしました。

とにもかくにも、宿敵との初戦は見事な集中打で幸先のよいスタートをきれました。

十亀も立ち上がりは失点したものの、7回4安打2失点とその後は要所を抑え、今年は期待できそうな感じです。

ただ、増田に繋ぐまでの中継ぎがまだピリッとしない感じはします。

武隈は心配ないのですが、他のピッチャーがチョット不安な感じがしますね。

平井の登板過多も気になりますし。

次戦は平井を絶対休ませましょう。

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 1 1 0 0 0 0 0 0 2 4
L 0 0 0 0 1 5 0 1 0 7

次戦の展望

先発は西武は新外国人のカスティーヨ。ソフトバンクはバンデンハークです。

ここにきてバンデンハークかという感じですが。

オープン戦はあまり良くなかったようですが、オープン戦はオープン戦なので。

カスティーヨはオープン戦でソフトバンク相手に投げていますので、相手にとっても初物ではありません。

オープン戦のときはゲームを作っていましたが、ソフトバンクも作戦を練ってくるでしょうし。

ここまで来たら開幕5連勝を狙っていきましょう。

ところで今日の試合は何で平日なのにデーゲームなんでしょう?

仕事しながら観れるのでありがたいですけどね^^;

◆編集後記◆
昨日は娘が保育園に初登園しました。
託児所で慣れているからと大丈夫だと思っていましたが、別れ間際にギャン泣き。
切なくなってしまいましたが、帰りに迎えにいくとケロッとしていてホッとしました。
今朝はギャン泣きもせずに、笑顔でバイバイタッチしてくれたので、ひと安心です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら