ヘルパンギーナと手足口病を併発!その兆候と症状とは?

2歳の娘がヘルパンギーナと手足口病に同時にかかりました。

子どもの夏かぜの代表的なもののようで、流行っているとは聞いていましたが、あまり病気をしないウチの娘が両方ともかかるとは。。

情報共有と備忘録をかねて、その兆候と症状について記しておきます。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナとは

ヘルパンギーナは、発熱と口腔粘膜にあらわれる水疱性の発疹を特徴とした急性のウイルス性咽頭炎であり、乳幼児を中心に夏季に流行する。いわゆる夏かぜの代表的疾患である。その大多数はエンテロウイルス属に属するウイルスに起因し、主にコクサッキーウイルスA群である場合が多いが、コクサッキーウイルスB群やエコーウイルスで発症する場合もある。

〜国立感染症研究所HPより〜

その症状の特徴は、発熱と口内炎のようで、ウチの娘も最初に熱が出ました。

熱はほとんど出ない子なんですが、39度台まで上がりました。

それでもグッタリという感じではなく、家で遊んでいましたから、そんなに重篤な状態ではなかったです。

発熱したあと、ごはんを食べているときに口の中を指差して「イタイイタイ」と言い出しました。

口唇をめくって見たのですが、なんかちっちゃな水疱みたいなものができている気もしましたが、明らかな口内炎というものは確認できませんでした。

妻の話によると、その翌日にお医者さんに診てもらったときには、ノドの周りに白い斑点みたいなものがたくさんついていたとのことです。

手足口病とは

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。

〜厚生労働省HPより〜

熱が出たのと同じ日に、足に汗疹のような湿疹ができていました。

汗疹か虫刺されかなと思っていたのですが、湿疹を指差して「イタイイタイ」というので、もしかしたら、これが噂の手足口病か?と思いました。

そしてこの湿疹が段々増えていき、最初に湿疹が出た日から二日後には、全身の色んな所に出てきました。

最初にイタイイタイといった日の二日後の写真です。最初はもっと小さかったのですが、少しずつ大きくなってきました。

同じく二日後の口の周りの湿疹です。

これも二日後の膝裏とお股で、結構でできていました。

その翌日には赤みが増していました(発症から3日後)

今朝の写真です。まだ赤みが残るものの少し枯れてきましたね(発症5日後)。

治し方

熱が出た次の日にお医者さんに診てもらったところ、ヘルパンギーナと手足口病を発症しているとの診断。

ただ、両方とも、お薬とかはなく日にち薬のようで、自然治癒を待つだけとのこと。

口の中が痛いと、食べなかったり水分を摂りたがらなかったりするので、脱水症状には気をつける必要があります。

発症から3日後くらいには熱も下がって、いまでは元気いっぱいに遊んでいますし、昨日は妻の職場の託児所にも行きましたが、ごはんもペロリと食べていました。

あとは、見るからに痛々しい湿疹がキレイに消えてくれればという段階です。

まとめ

感染経路は、潜伏期間が2〜4日とのことなので、熱が出た日の2,3日前に行った淡路島旅行かなと思っています。

旅行に行くと楽しくて色んな所を触ってしまいますからね。

仕方ないですね。

今のところ大人には感染していないので、大丈夫ですが、タオルなどの共有はしない方がいいそうです。

◆編集後記◆
大阪でも昨日、一昨日あたりからカラッとした暑さに変わってきました。
まだまだ日差しはキツイですが、大分過ごしやすくなりましたね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら