【青の獅子標】もはやレオガーデンにあらず?

交流戦前の最後の同一リーグでの対戦。

弾みをつけて交流戦に突入したいところでしたが、相性のよい準フランチャイズともいえるZOZOマリンで手痛い連敗を喫してしまいました。

スポンサーリンク

5月31日 VS千葉ロッテ 9回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 0 0 2 0 0 0 0 3
M 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

先発投手 L・髙橋光成 M・二木

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9戸川、7金子侑。

試合経過

西武の先発は髙橋光成。初回に鈴木大地のタイムリーで先制されるとライト戸川の後逸で進んだランナーを中村奨吾の犠飛で還されいきなり2点を失います。

2回に中村のタイムリーで1点を返すと、5回にエラーをした戸川が汚名返上のプロ第1号をライトスタンドへ叩き込み同点に。その後2死1・2とチャンスを作ると外崎の勝ち越しタイムリーで3-2とリードを奪います。

髙橋光成はランナーを出すものの要所をしのぎ6回2/3を投げて10奪三振。7回に2死満塁のピンチを作ったところで平井に交代しますが、平井がこのピンチを切り抜け、最後は増田が締めて3-2と接戦を制しました。

雑感

どちらに転んでもおかしくないゲームでした。

いきなり嫌な感じで2点を先制されました。やはり荻野を無死から出してしまうと得点される確率が格段に上がってしまいますね。

この日の荻野は4安打で無死で回ってきたのは初回だけ。あとの3安打は1死または2死からでしたから、ちょっと打順のめぐり合わせが変わっていたら違った展開になっていたでしょう。1番荻野貴司、本当にイヤなバッターです。

髙橋光成は初回に2点を失っても2回以降は引きずらずに立ち直りました。この日はやはりフォークですね。要所要所で三振を奪えたのがこの結果につながりました。

そして何といっても2番手の平井ですね。いつもどおり満塁のピンチで出てきて火消しすると、回跨ぎで次の回も抑えるという。ヒース、マーティンの調子がイマイチなのでこういう起用になるんでしょうが、さすがだなと思う反面も疲労や故障も心配になります。

打つ方では戸川のプロ初ホームランですね。このところ木村文紀に代わってライトでのスタメン起用が続いていて、守備ではやらかしてしまいましたがこれ以上ない挽回でした。低めの厳しいコースを上手く打ちましたね。

ロースコアのゲームが続きましたが、こういうゲームを拾えるようになってきたのはシーズン当初にはなかったところ。勝ちのゲームの内容がよくなっています。

6月1日 VS千葉ロッテ 10回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
L 3 0 2 0 0 0 2 0 0 0 7
M 2 0 2 0 2 0 1 0 0 1X 8

先発投手 L・榎田 M・ボルシンガー

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、DH栗山、5中村、2岡田、9戸川、7金子侑。

試合経過

初回に千葉ロッテ先発のボルシンガーから山川の犠飛と栗山の2点タイムリーで3点を先制しますが、その裏先発の榎田もピリッとせず鈴木大地に2ランを打たれ1点差に迫られます。

3回に外崎の9号ソロと押し出し四球で2点を追加し突き放しますが、またその裏に井上に2ランを浴び5-4と再び1点差になります。

5回にピンチを招いたところで榎田が降板すると、2番手マーティンがライト戸川の落球でピンチを広げると、犠飛と内野ゴロの間に2点を失いついに5-6と逆転されます。

7回に源田と外崎の連打でチャンスを作ると、山川の内野ゴロと中村のタイムリーで再び勝ち越しするもその裏に4番手森脇が中村奨吾にタイムリーを打たれ7-7の振り出しに戻ります。

その後ヒース、増田のリレーで8回・9回を抑えるとゲームは延長戦に。

そして延長10回裏、8番手の平井が1死1・2塁のピンチを招くと鈴木大地にサヨナラタイムリーを打たれ7-8で破れました。

雑感

得意の打撃戦を落としてしまいました。。

初回から3点を先制といいスタートだったんですが、すぐ裏に鈴木大地に2ラン。3回にも2点取ったすぐあとに井上の2ランと、榎田が踏ん張れませんでした。このところ少し安定感を欠いてきているので一度ローテを飛ばしてもいいかなと思うのですが、これからは6連戦が続く交流戦。なかなか外せないですよね。

この日の調子なら4回で交代でもよかったのではと思いますが、中継ぎの負担を考えると続投せざるを得ない。

榎田のあとのマーティンが引き継いだランナーを返すことになりましたが、戸川のポロリがあったのでね。この回の投球はすべて打ち取っていましたから内容はよかった思います。ゲーム終盤よりは案外こういうところで使うほうがいいのかもしれませんね。

そして7回の継投。いつもなら平井ですがやはり登板過多を考慮してか森脇が登板。結局ここで追いつかれ、延長10回で平井が登板と後手後手になってしまいました。休ませるのなら佐野あたりでもよかったのかなとは思いますが。難しいですネ。

打線は森を休ませても7点取ってますから問題なし。惜しむらくは3回の2点を取ってさらに2死満塁のところでの秋山の二直。あれが抜けていればこの時点で勝敗は決していたような気がします。結局このあとブランドンに抑えられ千葉ロッテの反撃ムードを作ってしまいまいした。。

6月2日 VS千葉ロッテ 11回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
M 0 0 1 5 2 0 0 0 X 8

先発投手 L・松本航 M・石川

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、7栗山、DHメヒア、9戸川。

試合経過

西武先発の松本航は3回に荻野のソロで先制をされると、4回には2死満塁から押し出し四球と打率1割に満たない江村のグランドスラムでこの回一挙5点を失うと、5回にも井上に2ランを浴び5回8失点でマウンドを降ります。

打線は千葉ロッテ先発の石川を打ち崩せず、7回に山川の23号ソロのあと無死満塁のチャンスを作るも後続が断たれ、結局1-8で大敗を喫しました。

雑感

痛恨の3被弾。。

今年の千葉ロッテはホームランが多い。もちろんラグーンの効果やレアードの加入ってのもあるんでしょうけど、それにしても増えすぎですよね。

ただ12球団全体でも増えており、千葉ロッテに限っての話ではありません。ボールなのか技術なのか、はたまたピッチャーの質が下がっているのが原因なのか。今年は大味なゲームが増えそうですね。

さてゲームの方は見事な完敗で、投打に精彩を欠きました。松本航は荻野のホームランは仕方がない。これは上手く打たれました。

やはり4回ですね。2死走者なしから5失点とは先日の多和田同じような感じでした。レアードと中村奨吾の連打まではいいですが、菅野と三木には慎重すぎました。そこまで警戒するバッターでもないのすが。

そして江村のグラスラ。。打率1割にも満たない打者に打った瞬間とわかる当たり。しかもこれがプロ入り初本塁打なんてね〜。これも勉強ですね。次回に活かしてくださいな。

打線は石川の前に沈黙。金子侑に代えてメヒアをスタメンに入れるなど攻撃的布陣でしたが空回り。山川の1発のあとの無死満塁でも不発でした。まあ、あの時点で7点差ですからちょっとキツイですね。

交流戦前に思わぬ連敗で4位転落、千葉ロッテとも1ゲーム差になってしまいました。。

次カードの展望

さていよいよ交流戦に突入。早いですね〜。

最初の相手は今年もカープとちょっと凹んだ状態で対戦するのはツライですが、まあ最初にシンドいところを経験しておけば後がラクになるでしょう。

先発は今井、十亀、本田でしょうか。対する広島は野村、大瀬良、山口と強力ですね。3タテだけは勘弁してほしいところ。まずは今井に勢いづかしてくれるピッチングを期待しましょう!

◆編集後記◆
昨日は娘に付いて一緒に病院に。日曜日に転んだんだ拍子に右腕を打ってしまいました。泣き方や痛がり方がいつもと違うのでもしやと思ったのですが、やはり折れていました^^;
父娘そろって骨折とは今年はなんかあるんでしょうか?

◆ラン日記◆
2019年5月30日 10.0km 54:14

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら