【青の獅子標】凱旋試合で故郷に錦その2

0.5差で追いかける2位楽天との直接対決地方球場2連戦。

2戦目の弘前は外崎の故郷ということもあり、アウェーながらもホームのような暖かさがありました。

スポンサーリンク

5月28日 VS楽天 8回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2
E 0 0 0 0 0 0 5 2 X 7

先発投手 L・今井 E・塩見

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

今井と塩見の投手戦で互いに5回まで無得点。均衡が破れたのは6回でした。秋山の10号ソロで待望の先制点が入ると7回には山川の21号ソロでリードを2点に広げます。

西武先発の今井は6回までノーノーと申し分のない内容でしたが、7回に先頭の浅村に初ヒットを許すと1死2・3塁のピンチを招きバッターはブラッシュ。ここで逆球を運ばれ逆転3ランで2-3とひっくり返されると、さらにランナーを溜めたところで降板。

その後3番手平井が2死満塁の場面で楽天のトリックプレーに引っかかり、エラーも重なってこの回5失点。

8回にもブラッシュに2打席連発の2ランを打たれ、終わってみれば2-7で完敗でした。

雑感

今年も塩見を打てない。。キレのある真っ直ぐとスライダーがやっかいですよね。

しかしそれ以上に今井がよかったんですが、下手にノーノーで行ってしまったのでランナーを出したときに感覚が狂ってしまったのか。

浅村に打たれた初の被安打も上手く打たれましたし、ウィーラーの2塁打も厳しいコースを上手く打たれた印象。銀次を遊飛に打ち取ってもしやと思ったんですが、ブラッシュに逆球を打たれました。ここに来て痛恨の失投。もったいなかったですね。

そしてこの日も平井が登板。ちょっと狭いストライクゾーンにも苦労して満塁のピンチであのトリックプレー。冷静にバッター勝負できていればよかったんですが、目に入ってしまったんでしょうね。やられました。

しかし今年は楽天に分が悪い。特に平日2連戦。。

5月29日 VS楽天 9回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 2 0 0 1 0 1 0 4
E 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

先発投手 L・十亀 E・古川

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9戸川、7金子侑。

試合経過

3回に楽天先発の古川から秋山のタイムリーと外崎の犠飛で2点を先制。

先制点をもらった西武先発の十亀はその裏、銀次のタイムリーで1点を返されなおも2死満塁のピンチを背負うも、ここで島内を中飛に打ち取りリードーを守ります。

追加点がほしいところで6回、山川の2試合連続となる22号ソロで1点を追加すると、8回には中村にもタイムリーが飛び出し4-1とリードを広げます。

十亀が6回1失点で降板すると、小川、森脇、平井、増田と無失点リレーでつないで4-1で快勝。連敗を2で止めました。

雑感

十亀が先発でまたも結果を出しました。これで3勝目で3戦連続6回以上投げて3失点以内(いわゆるQS)と先発として十分な活躍。中継ぎで登板して1死も取れず5失点したときはどうなるかと思いましたが。

これで今季の先発4回ともQS達成です。先発に関してはハズレくじなしということですね。圧倒的なピッチングを見せるわけではありませんが、大崩れせずゲームを作る。3回の1点を失ったあとの満塁のピンチも切り抜けたところなんて以前の十亀ならビッグイニングになっていたかもしれません。

安定した先発がひとりでもいると違いますね。

打線はチャンスを作るもののあと1本が出ないもどかしいところはありましたが、この日はピッチャーががんばってくれたので4点で十分。たまにはこんな日もないとやってられませんわな。

前日に2発打たれたブラッシュから三振3つを奪うなど、キチッと対策が練られていたのはよかったですね。やはりストレートには強いので、いかに変化球で攻めきれるかといったところでしょうか。

この日の継投は7回から左が続くところで左腕の小川が投げ、2死から右の浅村というところで平井ではなく森脇が登板しました。てっきり平井はお休みかと思ったら8回から登板って、だったら前日投げていないヒースでもよかったのではないですか?

次の日が移動日とはいえ連投は心配ですよ。前の日も火消しには失敗してますしね。ちょっと気になるマネジメントでした。

そして先週の山川に続き、この日は外崎の故郷凱旋試合。アウェーゲームなんですがなんだかホームのような雰囲気で、山川のようなド派手なホームランこそなかったものの外崎も決勝点となる勝ち越し犠飛に好守もあり、故郷に錦を飾れたんじゃないでしょうか。

ともかく相性の悪い平日開催の楽天2連戦を1勝1敗で乗り切ったのはまずまずでした。

次カードの展望

さて次カードは千葉ロッテとZOZOマリンでの3連戦。これが終われば交流戦に突入しますので、いい流れで交流戦に入っていきたいところ。

先発は榎田、髙橋光成、松本航と一時よりは先発陣が計算できるようになったのは嬉しいところ。

対する千葉ロッテの先発は二木、ボルシンガー、石川でしょうか。ボルシンガーと石川は今季初対戦でどんな感じかわかりませんが、どれも好投手ばかり。千葉ロッテとは今季相性がいいですが油断はなりませんね。

◆編集後記◆
右手薬指の骨折から1ヶ月半ぶりに草野球に復帰しました。ところがスイングしたときに一度激痛が!少し腫れたものの大事には至らずでしたが、まだまだ全開とはいかないようです^^;

◆ラン日記◆
2019年5月29日 10.0km 52:01

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら