【青の獅子標】気がつけば鷹の背中も課題残る

首位ソフトバンクに連勝して上げ潮ムードでの久々の本拠地凱旋。

打線は相変わらず好調も投手陣に課題が残りました。

スポンサーリンク

5月24日 VS日本ハム 10回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 0 2 1 0 0 2 0 0 0 5
L 2 0 0 0 5 2 0 1 X 10

先発投手 L・榎田 F・加藤

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

ライオンズキラーの日本ハム先発の加藤から初回に外崎、森のタイムリーで2点を先制しますが、西武先発の榎田もピリッとせず、2回に渡邉諒の2ランで追いつかれると3回には西川のタイムリーで2-3と勝ち越されます。

2回以降は加藤を打ちあぐねていていましたが、5回に源田のタイムリーで同点とすると外崎に8号2ランが飛び出し5-3に。さらに中村にも2点タイムリーが飛び出し7-3とリードを広げます。

ところが6回、中田のタイムリーと清宮の犠飛で2点を返されさらに1死満塁のピンチ。ここで4番手の平井が谷口を三振、杉谷を二ゴロで打ち取りピンチを切り抜けると、その裏に外崎のタイムリー3塁打と山川の犠飛で2点を追加しリード広げ主導権を渡しません。

その後8回に秋山の7号ソロで1点を追加すると、ヒース、増田のリレーでが日本ハムの反撃を抑え、結局10-5で勝ち4連勝を飾りました。

雑感

苦手の加藤からいきなり2点を先制と幸先のいいスタートも、榎田の調子がイマイチですぐに逆転されるイヤな展開。

ただこの日は上位打線が元気で5回に逆転し天敵加藤をKO。2点差に詰め寄られた6回にも上位で作ったチャンスを中軸で返す理想的な点の取り方で打ち勝ちました。

特に外崎の活躍がすごかった。あとシングル1本であわやサイクル達成という3安打4打点の活躍。森も3安打ですがそれが霞んでしまうほどでした。

榎田が早めに降板したことでまたまた中継ぎにしわ寄せが来たんですが、点差があったので7回の平井や9回の増田は投げなくてもよかったような。。

佐野やマーティンもしばらく投げていないので投げさせてもよかったのでは?

何にしても苦手の加藤と上沢が出てくる3連戦の頭を取れたのはよかったですね。

5月25日 VS日本ハム 11回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 0 0 0 5 0 0 0 0 0 5
L 4 1 0 0 0 0 2 0 X 7

先発投手 L・多和田 F・バーベイト

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9戸川、7金子侑。

試合経過

日本ハム先発のバーベイトの立ち上がりを攻めて、初回に秋山の8号先頭打者弾で先制すると森のタイムリー、栗山の2点タイムリーと打線がつながり4点を先制します。

2回にも前日から3打席連続弾となる秋山の9号ソロで5-0と一方的な展開になるかと思えましたが、西武先発の多和田が4回に急に崩れます。

2死走者なしから中田への四球を皮切りに満塁とすると、清宮と平沼の連続2点タイムリーで1点差に。さらに石川にもタイムリー2塁打を打たれ5点のリードを吐き出したところで降板。

同点となり一転して重苦しい展開になりますが、7回に4番手の堀を攻めて満塁から中村の押し出し四球と栗山の犠飛で2点のリードを奪うと、8回ヒース、9回増田が締めて7−5で勝利し5連勝を飾りました。

雑感

バーベイトは前回対戦時も打っているのでこのゲームは絶対に落とせないところ。

初回に絶好調モードの秋山が先頭打者弾とやっぱり1番に収まって水を得た魚のようですね。この日は4タコでしたが3番の外崎の復調で秋山を1番に固定でき、打線が形になってきました。

初回は左バッターだけで5安打。この日初スタメンの戸川にもプロ初安打が飛び出し一挙4点を先制し、2回には秋山が前日から3打席連続ホームランとなるソロで5-0となり楽勝ムードのはずが。。

多和田がこの日もやってしまいました。

3回までは緩い球を上手く使い上々の立ち上がり。そして今季の課題となっている中盤以降のピッチング。2死まで順調だったのに中田の死球をきっかけに大崩れとなり、気がつけば5-5の同点。。快晴から一転土砂降りの雨という感じ。

中田の死球だって危険なボールでもなかったのでアレがきっかけとは思いたくないですが、そこからアウトを取れる気配がなくなりました。いつも中盤でつかまるということは打順が2巡目に入るととらえられているということですから、何か問題があるんでしょうね。

結局このゲームのあとファームに落ちることが決まりました。これは仕方ないというか一度リセットさせてやったほうがいいですね。もう1回作り直してくればまだまだ挽回できます。もっと早くてもよかったぐらいです。

幸い開幕当初に比べれば先発陣の駒がそろってきたので今なら何とかなります。

5月26日 VS日本ハム 12回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 0 0 0 0 1 1 2 2 0 6
L 0 0 3 1 0 0 0 1 0 5

先発投手 L・松本航 F・上沢

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、9戸川、7金子侑。

試合経過

3回に盗塁と悪送球でランナーを3塁に進めると、源田の三ゴロを近藤が悪送球して1点をもらい、さらに外崎、山川の連続タイムリーで日本ハム先発の上沢から3点を先制します。

4回にもエラーで1点を追加し前半はライオンズペース。先発のドラ1松本航は毎回のようにランナーを出しますが、要所をしめて6回途中2失点で勝投手の権利をもって降板します。

ところが7回に3番手の平井がつかまり、中田の犠飛と清宮のタイムリーで同点に追いつかれ松本航の2勝目が消えると、8回にはマーティンが近藤と中田にタイムリーを打たれ4-6とついにゲームをひっくり返されます。

8回に併殺の間に1点を返しますが反撃もここまで。結局5-6で敗れ連勝は5で止まりました。

雑感

前回登板で初登板初先発初勝利を飾った松本航の2回目の登板でした。この日は終始ランナーを出す苦しい展開もリードを保って降板。球数が多かったので5回までかなと思いましたが、6回も続投だったのは期待の表れでしょう。

前回はゴロアウトが多かった印象ですが、この日はフライアウトと三振が多かったですね。見た感じは前回のほうが調子が良い感じがしましたので、基本打たせて取れるかどうかが調子のバロメーターかもしれません。

打線は日本ハムの自滅で上沢から4点取りましたが、上沢の自責点は0でしたし5回以降は抑えられたので攻略したとはいえません。8回の無死1・3塁で併殺の間の1点に終わったのが痛かった。日本ハムとしたら1点やってもいいからアウトカウントを稼ごうというところでおあつらえ向きのゲッツー。。

まあ、こんな日もありますわな。

敗戦の直接の原因は中継ぎなんですが、平井はいつもがんばってくれているのでいいでしょう。これまではピンチを作りながらもこらえていましたが、この日は苦しいマウンド。やはり前日は投げていないとはいえ、毎度の回跨ぎなど登板過多が懸念されますね。

そして勝ち越しの得点を与えてしまったマーティン。中村の悪送球で2塁にランナーが進むなどかわいそうな場面もありますが、それでも1失点に抑えてほしかった。決勝点となった2点目が重すぎましたね。

1周間ぶりの登板とちょっと感覚が空いたのがよくなかったのか(ただいつも制球に苦しんでいるので関係ないかも)。せっかく1軍にいるんだからもうちょっと胃が痛くならない場面で使ってみてはいかがですか?

次カードの展望

連勝は5で止まってしまいましたが、ついに貯金1の壁を破り、首位ソフトバンクに1差と迫って来ました。先週1週間で3ゲームも詰めたんですね。パ・リーグ混戦です^^;

さて次は0.5差で追いかける2位楽天との地方球場での2連戦。何か楽天とは週前半での2連戦が多いですね。

楽天の先発は塩見と古川とどちらも今季初対戦の投手。特に塩見は昨年よく抑えられた記憶がありますので、初戦が大事ですね。

西武の先発はローテ再編で今井と髙橋光成。次世代若手エースの2人にがんばってもらいましょう。

◆編集後記◆
買おう買おうと思って先延ばしにしていた電動アシスト自転車をついに購入しました。出だしや坂道などこどもの送迎で重宝していますが、足腰の鍛錬にはならないよなぁと葛藤もあります。

◆ラン日記◆
2019年5月23日   7.5km 41:34
2019年5月27日 10.0km 54:11
暑くなってくるとさすがにタイムが落ちますね。乗り切らねば。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら