キューバってこんなもん?WBC強化試合 埼玉西武vsキューバ

埼玉西武ライオンズvsキューバ

昨日、埼玉西武ライオンズとキューバ代表のWBC強化試合がありました。

キューバといえば言わずと知れた強豪というイメージがありますが、ゲーム内容からするとそれも今は昔といった感じで、以前WBCで対戦したときのような怖さはありませんでした。

スポンサーリンク

試合内容

先発は埼玉西武は野上、キューバはエンテンザで始まりました。

初回の野上は少し制球が思ったところにいかず、相手がキューバ代表ということもあり、慎重に行き過ぎたのかツーアウト満塁のピンチを招きますが、ベニテスをストーレートで見逃しの三振に打ち取ります。

埼玉西武も初回に、四死球とヒットでワンアウト満塁のチャンスを得ますが、森が変化球に見逃しの三振、木村がファーストゴロと倒れキューバ同様チャンスを潰してしまいます。

それでも、2回裏、キューバ2番手のトーレスから先頭の栗山がレフトオーバーの2塁打でチャンスを作り、渡辺直人がセカンドゴロの進塁打(こういうのが大事ですね)でワンアウト三塁とすると、9番ルーキーの源田が右中間に先制タイムリーツーベースを放ち、この試合でもアピールします。

その後、ツーアウト1塁3塁となって、3番浅村のときに1塁ランナーが盗塁し、その送球がそれる間に3塁ランナーがホームインをし2点目が入ります。

2回は3者凡退と立ち直ったかに見えた野上でしたが、3回にふたたびヒット2本でツーアウト2塁3塁のピンチを招きます。
ここでキューバの5番グラシアルの打球はピッチャー野上の横を抜けセンター前に抜けるかという打球をショートの源田が回り込んで軽快にさばきピンチを切り抜けます。

源田の守備は本当に安定していますね。安心して見ていられます。

5回裏、キューバは細かい継投ですでに4人目のサンチェスがマウンドに上がります。
ワンアウトから金子侑司が四球の後盗塁を決めてチャンスメイクをし、田代の進塁打でツーアウト3塁となったところで、3番浅村がピッチャー強襲のタイムリーで追加点が入ります。

その後、山川のヒットと森の死球(これで交代したのでちょっと心配しましたが、その後骨折が判明し開幕アウトです)でツーアウト満塁としたところで、6番の木村がセンターへの2点タイムリーで5点目が入ります。

埼玉西武は、先発野上のあと、武隈、田村、小石、野田とつないで、最後は守護神の増田が代打で出てきたソフトバンクのデスパイネをライトフライに打ち取りゲームセット。

終わってみれば5−0で埼玉西武がキューバに快勝しました。

チーム
キューバ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
埼玉西武 0 2 0 0 3 0 0 0 0 5

この試合のポイント

この試合は何と言っても3回表のショート源田の守備ですね。

辻監督も絶賛していましたが、この守備でゲームの流れを引き寄せましたね。
あれが抜けていれば2−2の同点のなっており、もっと苦しい試合展開になっていたかもしれません。

源田は打っても先制タイムリーにもう1本ヒットを打って2安打と活躍。
まだ、オープ戦も戦っていない状況ですが、ショートで開幕スタメン というのも現実味を帯びてきました。

投手陣は、先発の野上はピンチは招くものの要所は抑えて無失点。
その後の投手もピシッと抑えて無失点リレーでキューバを完封しました。

その中で、私の目を引いたのは3番手のルーキー田村伊知郎で、140キロ台後半の伸びのあるストレートが印象的でした。

キューバの印象

正直言って拍子抜けと言う感じで、その前にオリックスと対戦して3−3の引き分けでしたので、もう少し競った展開になるかなと思っていました。

打撃陣は振りの鋭い選手はいるものの、長打をくらうような感じはなく、デスパイネが試合前のアクシデントでスタメンから外れていたことを差し引いいても、ひところの迫力はありませんでした。

特に感じたのは、早いストレートに全く対応できておらず、見逃し三振やファールになったりと、このあたりは弱点になるかもしれません。

逆にゆるい変化球や半速球には対応していましたので、中途半端に攻めないほうがいいですね。

そんな中でも打者で注意したいのが、4安打した4番のサーベドラです。
4安打しただけあって振れてましたので、この選手と日本で実績のあるデスパイネは要注意かなと思います。

投手陣もスゴイたまを投げるピッチャーはおらず、軟投派が多いような印象でした。
ただ、終盤にでてきたモイネロとラエラはまとまっていましたので、このあたりは注意が必要です。

まとめ

キューバの有力選手がアメリカに亡命してメジャーに行ってしまうという状況が裏にあるのですが、キューバの戦力はひところよりは落ちています。

ただし、本番は1発勝負ですから油断は大敵です。

侍ジャパンも状態は一息ですが、普通に戦えば勝てる相手だと思います。

怖いのは油断とやはりプレッシャーですね。
何でこんなピッチャーが打てないの?という感じになると苦しい展開が予想されます。

日本代表というプレッシャーは半端ないですが、いい結果を期待しています。

◆編集後記◆
埼玉西武からキャッチャーの炭谷銀仁朗が、楽天の嶋の代わりに代表に招集されました。
急な招集で準備も大変ですが、西武代表としてがんばってほしいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら