【青の獅子標】猛獣対決は甲子園の雰囲気に呑まれた?

交流戦最後のカードは完全アウェーの甲子園での阪神戦。

中日に3タテしいい流れのまま甲子園に乗り込み、有終を飾りたいところでしたが。。

スポンサーリンク

6月21日 VS阪神 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 0 2 0 0 0 0 0 3
T 2 1 0 0 0 0 1 1 X 5

先発投手 L・髙橋光成 T・西

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、9木村、7金子侑、1髙橋光成。

試合経過

初回に阪神先発の西の立ち上がりを攻め源田のタイムリーで1点を先制し、なおもチャンスがあったものの三振ゲッツーでこの回1点止まり。

一方の髙橋光成も不運な当たりやエラーも重なり、内野ゴロとマルテのタイムリーであっさり逆転を許し、2回にも糸井のタイムリーで1-3とリード広げられます。

反撃は4回。無死1・3塁から中村のタイムリーで1点差とすると、金子侑にもタイムリーが出て3-3の同点に。

そのまま終盤に入った7回。1死満塁のピンチで3番手ヒースが梅野に痛恨の押し出し死球で1点を勝ち越されると8回にも4番手小川が糸原にタイムリーを打たれ万事休す。

阪神のリリーフ陣の前に5回以降はホームを踏めず、3-5で敗れ連勝は4で止まりました。

雑感

初回からいい感じで攻撃できていたのですが、やっぱりあの三振ゲッツーで流れが止まってしまいました。

1回のあの場面、1死1・2でのダブルスチールもしくはヒットエンドランなのか。次の中村にあたりが出てきているので無理する必要はなかったのかもと思うのですが。

その裏の失点ももったいなかった。同点に追いつかれるところまでは問題なし。むしろアウトを取りながらの失点なのでいいでしょう。やはり源田のエラーですよね。いや源田にはいつも助けられているので、あそこで髙橋光成が踏ん張れなかったところかな。マルテに打たれた球は甘かったですもんね。

そして7回の勝ち越されたところ。無死満塁からマルテを三振にとり梅野も1-2と追い込んでからの痛恨の押し出し死球。もったいない。。

あそこを抑えていれば無失点で切り抜けられたかもしれません。甲子園のムードがそうさせてしまったのか。まあ慣れていないとあの雰囲気はキツイですよね。関西人の私ですら馴染めませんから。。

この日は甲子園まで観戦に行ってきました。甲子園での交流戦を観に行くのは6年ぶりで、レフトのビジター応援席での観戦は初めて。

前の座席との間隔が狭く、また通路から通路までに距離があるので席を立ってトイレなどに行くのは非常に気を使いました。小さいこどもを連れて行くのはちょっと向いていないかなと思いますね。普段よく行く京セラドームのほうがこの点は優れているかな。適度に空いてますしね^^;

この日はなぜか私が席を離れたときに点が入っていたので、いいところをまったく観れませんでした。

ならばと帰りの混雑を避けるため8回表が終わったところで帰りましたが、その後の逆転もなくしょっぱいゲームとなりました^^;

6月22日 VS阪神 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
T 0 0 0 3 1 1 1 0 X 6

先発投手 L・本田 T・岩田

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、9木村、7金子侑、1本田。

試合経過

2回に中村が大阪桐蔭の同級生である阪神先発の岩田から12号ソロで先制をすると、4回にも中村に13号ソロが飛び出し2-0とリードします。

3回までパーフェクトだった西武先発の本田。4回に初安打を許すと、糸井のポテンタイムリーとマルテにも逆転タイムリーを打たれ2-3とゲームをひっくり返されます。

本田は5回にも木浪にタイムリー2塁打を打たれると、6回にも大山にタイムリーを打たれ結局5回2/3を投げて5失点KO。

打線も中村のホームラン以外は阪神投手陣に散発の5安打に抑え込まれ、結局2-6で完敗となりました。

雑感

中村のホームランが2本ともソロだったのが残念でしたね。特に4回は先頭の山川が出塁したのに森が併殺と攻撃がチグハグでした。

本田は3回までのピッチングならこの2点でも十分かと思いましたが、初めて走者を背負った4回から崩れましたね。糸井のポテンヒットが残念。打ち取っていただけにガックリ。

4回以降は球が甘くなっていたり逆球だったりと。球数から考えるとバテたわけではないんでしょうけど慣れない雰囲気に呑まれたのか。

まあこの日は打線もシケシケでしたし、ゲーム内容としては投打に完敗でした。しかし糸井にやられ過ぎですよね、前日もそうですが日本ハム時代からよく打たれてたよなと。

6月23日 VS阪神 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 0 0 1 5 0 0 0 7
T 1 0 0 0 0 0 1 1 0 3

先発投手 L・松本航 T・ガルシア

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、5中村、2岡田、7金子侑、9愛斗、1松本航。

試合経過

初回にマルテのタイムリーで先制されますが、2回に金子侑の三ゴロを大山が悪送球ですぐさま同点に追いつくと、5回には秋山の勝ち越しタイムリーで2-1とします。

西武先発の松本航は立ち上がりに先制を許し、2回以降もランナーを背負うものの緩急を上手く使って5回1失点とゲームを作ります。

すると打線が6回に5連打含む金子侑、愛斗、秋山のタイムリーで打者一巡の猛攻。この回一挙5点で7-1とリードを広げます。

3番手の平井が阪神に反撃を許し満塁のピンチもありましたがなんとかリードを保ち、最後は増田が締めて連敗を2でストップ。交流戦の勝ち越しを決めました。

雑感

嫌な感じの連敗していましたが何とか3タテは回避。終盤は?な継投もありピンチの連続でしたね。

松本航は課題の5回の壁をまたも超えられず。チャンスで打席が回ってきたこともあって代打を出されたので致し方なしですが、球数が5回で100球を超えていましたからね。

今は日曜日の登板ということで次の日が休み。なのでリリーフ陣をつぎ込みやすいのでどうにかなっていますが、連戦が続く8月までには6回以上も投げられるようになってほしいところ。

内容はランナーを出すものの要所要所で三振を奪えたのが大きかった。やっぱりいいものを持っているのは間違いないですね。堂々の3勝目です。

打線は阪神の拙守にも助けられましたが、よくつながりました。この日は森が連日の金的でお休み。しかもDHが使えない状況でしたが秋山の3安打を中心に中村、金子侑、愛斗にもいいところでヒットが出ました。

しかし6回のビッグイニングがなかったらと思うとゾッとしますね。

そして継投ですがなぜか6点差で平井が2イニング目に突入。しかも打席が回ってきたのに代打を出さずの続投で???でした(メヒアも使わずじまいで)。平井の状態がよければいいんですけど、いくら次のゲームまで空くとはいえピンチの連続で、あの甲子園の雰囲気を考えるとネガティブな想像をしてしまいましたが、ヒースがよく火消しをしてくれました。

交流戦もこれで終了。何とかギリギリ勝ち越しを決めリーグ3位にも浮上。パ・リーグの上位チームに何とか付いて行けましたので結果的にはまずまず。でももう1つか2つは勝てたんじゃないのと思いますが。。

次カードの展望

交流戦明けは本拠地でオリックスとの3連戦。

オリックスは最下位ながらも交流戦好調で油断ならぬ状況。

先発ローテを再編しなければ阪神戦と同様に髙橋光成、本田、松本航か。

対するオリックスは山岡、荒西、田嶋ですか。田嶋、交流戦から戦列に復帰してますがほとんど点を取られていない。。

これは初戦と2戦目を是が非でも取らねば。逃した魚は大きかったですよね〜。

と書いたら田嶋は本日登録抹消になってましたね^^;

◆編集後記◆
娘にとっても初めての甲子園。何か感じるものはあったかな?
まだ野球がよくわかっていないのでアイス食べたとか風船飛ばしたとかしか記憶には残っていないでしょうけどね。

◆ラン日記◆
2019年6月24日 10.0km 54:03
なんと大阪マラソンに当選してしまいました。今回は団体での申し込みだったのが功を奏したようで今シーズンの大きな目標ができました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら