【青の獅子標】短期決戦でのミスは命取り

いよいよCSファイナルステージの開幕。

相手は昨年と同じソフトバンクとあって昨年のリベンジを果たす機会がやってきました。

1勝のアドバンテージがあるとはいえ大事な初戦。昨年は落としているだけに先発ニールで是が非でも取りたかったのですが、ミスが重なってしまいました。。

スポンサーリンク

10月9日 VSソフトバンク CSファイナル第1戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 2 0 0 0 0 0 1 2 3 8
L 0 0 3 0 0 1 0 0 0 4

先発投手 L・ニール H・和田

スタメン 8秋山、6源田、2森、5中村、4外崎、3山川、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

初回に松田のタイムリーで2点を先制されますが、3回に中村のタイムリーで1点を返すと外崎にも2点タイムリー3塁打が飛び出し3-2と一気に逆転します。

先発のニールは2点を失ったものの2回以降は凡打の山を築き6回まで1点のリードを守ると、6回に山川のタイムリーで待望の追加点で2点のリードに。しかし続投の7回にグラシアルにソロを浴び1点差に迫られたところで降板。あとをリリーフ陣に託します。

ところが8回。3番手の平井が1死1・3塁のピンチを招いて降板すると4番手の平良が代打長谷川にタイムリーを許し同点に。さらに森のパスボールで4-5と逆転を許してしまいます。

9回にも榎田が3失点するなどリリーフ陣が終盤に捕まり初戦を痛い逆転負けで落としました。

雑感

ミスが重なってしまいました。。

抜群の安定感を誇るニールが初回にいきなり2点を失うというまさかの展開。今宮のアンラッキーな内野安打がなければというところでしたが。

ただ松田のタイムリー以降のニールはいつもどおりのニールになりましたし、7回のグラシアルの一発も難しい球を上手く打たれました。よく投げてくれましたね。この後は第6戦に回るとのことで次戦こそ。

打線は序盤のワンチャンスをものにして一気に逆転。6回の山川のタイムリー2塁打までは優位に進めました。ポイントはこの山川の後でしたね。栗山が送って1死3塁で木村・金子侑が凡退。ここで1点でも入っていればおそらく終盤も優位にゲームを進められたでしょうね。

そして逆転された8回の場面。1死から柳田の2塁への内野安打は外崎のエラーですよね。あそこを取れていればあのままスーッと終わっていたと思います。そこから平井がテンパっちゃたのかな。

辻監督はここで平良に代えました。シーズン中には見せなかった非情のタクト。短期決戦の戦い方にシフトしていますね。平良は松田をストレートで三振に取りましたが代打長谷川にタイムリー。簡単に追い込めたのですが単調になってしまいましたか。。

そして森のパスボール。ワンバウンドもしてなかったですもんね。これは捕ってやならいと。

終盤のミスが勝負の分かれ目になってしまいましたが、その前に追加点が取れた場面で取れなかったのが大きかったですね。やはり短期決戦はあそこで1点を取れていればというのが重要になりそう。終わってみれば4点差の負けですが、勝負の明暗を分けたのはもう1点取れるかどうかのところ。

今日に関しては工藤監督の采配が当たり、ライオンズにミスが出たということ。辻監督が8回のあの場面で平井続投でなく平良を選んだのも平良が三振を奪えるピッチャーだったからであって采配ミスではないでしょう。

短期決戦ではミスしたほうが負け。そんなゲームでした。

次戦の展望

2戦目は西武は今井、ソフトバンクは中4日で千賀という情報もありましたが武田が先発。

9/1に先発で対戦したときはやられている相手だけにイヤな感じはしますが、武田がルーキーのときにCSで対戦してボコボコにした記憶があります(そのCSでは敗退しましたが)。

ゲーム感覚が戻っていなかったと言い訳できるのも1戦目まで。ここからが本当の勝負です。

◆編集後記◆
今週の土曜日は娘の運動会の日なのですが台風の行方が気になりますね。昨年は雨で体育館での短縮バージョンだっただけに今回は外でやらせてあげたいのですが。。
中途半端に雨で体育館になるくないなら、別日に順延になったほうがいいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら