【青の獅子標】起死回生のアップルパンチ!

昨年のライオンズクラシックなど相性の悪さが印象に残る東京ドームでの日本ハム3連戦。

3連敗のあとの3連勝で星を五分に戻したあとの大事なカード。最後の最後で。。

スポンサーリンク

4月5日 VS日本ハム 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 1 0 1 2
F 1 0 1 0 1 0 1 1 X 5

先発投手 L・多和田 F・上沢

スタメン 9金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、7栗山、5中村、DHメヒア。

試合経過

西武先発の多和田は初回に中田のタイムリー2ベースで1点を先制されると、3回には併殺崩れの間に1失点、5回にも王柏融にタイムリーを打たれ0-3とリードを広げられます。

打線は日本ハム先発の苦手上沢をとらえられず6回まで散発の3安打。7回に山川の4号ソロでようやく1点を返し、その後も安打と四球で無死満塁のチャンスを作りますが、中村が左飛に倒れるとメヒア、金子侑と連続三振で後続を断たれます。

リリーフ陣が追加点を許し、9回に日本ハム抑えのハンコックから中村のタイムリーで1点を返しますが反撃もここまで。結局2-5で敗れました。

雑感

開幕7試合目にして初めてスタメンをいじってきました。9番の木村文紀がメヒアに代わりDHで入ると7番の栗山がレフトに。

上沢対策だったのかもしれませんが結果として機能せず。メヒアが3三振でした。。

やっぱりなかなか打てるピッチャーではないですね。千葉ロッテ戦で打線はいい感じになってきたのですが、ここにきて勢いが削がれてしまいました。

このゲームのポイントはやはり7回表の攻撃。山川のソロで1点返しての無死満塁のチャンスで中村に回ってきた場面ですね。無死満塁は最初の打者が大事というのは私も何回も書いてきましたが、それは打者もわかっていること。だからこそプレッシャーがかかります。

まあこの場面を抑えた上沢があっぱれですね。やはりこの日の上沢は打てなかったということで。

先発の多和田は6回3失点と数字だけ見ると及第点ですが、開幕投手ですし昨年の最多勝投手としては寂しい内容でした。金曜日に登板ということはどうしてもエース級と対戦するので昨年よりも厳しい場面での登板が続きますが、それがエースですからね。

8回に登板した廖任磊は一発は打たれたものの打ち取ったピッチングの内容は悪くなかったですね。勝ちパターンで出てどうゆう投球ができるかが楽しみです(て書いたら4/8に抹消されました。楽天、オリックス戦に備えて左の佐野をロングリリーフで入れるためだとか)。

4月6日 VS日本ハム 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 5 0 7 1 0 3 0 16
F 0 0 0 0 3 0 0 0 0 3

先発投手 L・今井 F・加藤

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、5中村、9木村。

試合経過

西武打線が爆発。3回に日本ハム2番手の金子弌大から1死満塁のチャンスを作り3番秋山のタイムリー2ベースで2点を先制すると、森の左3ランで3点を追加し5-0とリードします。

さらに5回には森、外崎、栗山の3連続タイムリーなど打者一巡の猛攻で7点を取り、5回で勝利を決定づけると、6回には外崎に、8回にはメヒアに今シーズン初ホームランが飛び出すなど今季最多19安打16得点で快勝。

西武先発の今井は四球が多く本調子ではないものの、大量点をバックに7回3失点(自責点1)と先発の役割を果たし今シーズンの初勝利を飾りました。

雑感

日本ハムはショートスターターという先発を短いイニングで代える戦術で好投していた先発の加藤を2回で交代し、3回から金子弌大(文字変換しにくい^^;)が登板。名前だけ見ていると苦手な投手が続いてイヤだなとなるところでしたが、この日の金子弌大がよくなかったので助かりました。

栗山監督の新しい試みは結果こそ出ませんでしたが、はまればおもしろいですね。確かにピッチャーを短いイニングでコロコロ代えると打者の目線も変わってしまうので、打者からするとやりにくくはなります。

ただそれには登板するピッチャーの出来がある程度計算できないと、状態がいいピッチャーのあとに悪いピッチャーが来るとこの日の金子弌大のように炎上してしまう可能性もありますからね。難しい。。

苦手の東京ドームでこれだ打てたのは何なんでしょう?

選手によってはボールが見にくいとかピッチャーが近く見えるらしく、それが苦手意識につながっているようですが、そんなことお構いなしの内容でした。

これだ打ってしまうと次のゲームが心配になるんですよね。完封されるとかよくありますもので^^;

そして今シーズンの初勝利を飾った今井。四球が多く納得のいく内容ではなかったと思いますが、まあまずは今季の初白星がついたのは素直に喜んでもらって次から内容の方も充実させてくれれば。

なかなか初白星がつかない開幕投手もいますしね。

4月7日 VS日本ハム 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
F 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2

先発投手 L・髙橋光成 F・有原

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、9木村、5水口。

試合経過

西武先発の髙橋光成は3回、中島のタイムリー3ベースと西川のタイムリーで2点を先制されますが、その後は粘りのピッチンッグで追加点を与えず。志願の続投で8回まで投げ2失点と好投します。

打線は日本ハム先発の有原に8回まで散発の3安打に抑えられ敗色ムードが漂いましたが、9回に有原から代わった抑えのハンコックを攻めて1死1・2塁から森のタイムリーで1点差に詰めよると、続く外崎が起死回生の逆転3ランで4-2とゲームをひっくり返します。

最後は増田がしめて4-2と逆転勝ちし、このカードを2勝1敗と勝ち越して今シーズン初の貯金を作りました。

雑感

中村がスタメンを外れましたね。長いシーズンを考えればこういう休養日は大事です。ただ前の試合でも途中交代していますのでケガでなければいいのですが。。

先発の髙橋光成。2戦続けて安定した結果を残しました。これまでの髙橋光成は投げてみなければわからないところがありましたが、フオームが安定したんでしょうか、まだ2戦ではありますが先発投手としての形ができてきた感じがします。

前日の今井とともに引っ張っていてもらわないと困る存在ですからね。よかったと思います。

打線は有原に手も足も出ず。昨年までは有原にはイヤなイメージはなく、むしろ打ち込んでいたイメージがあるので、この日のような内容が続けば今年は上沢とともにやっかいな存在になりそうです。

そして9回の攻撃。森のタイムリーで1点差に迫った段階で同点には追いつけるかもと思いましたが、まさかのアップルパンチで逆転3ランとは。打った球も高めの真っ直ぐで見逃せばボールかなという球でしたが積極的にうまく打てましたね。

抑えのハンコックを打ったわけですが、1戦目にも1点取っていたことでそれほどイヤな感じがなかったことも大きかったかなと。いい抑えは出てきただけでもう負けを覚悟させられる雰囲気がありますが、打っていたことでそれもありませんでした。

ともかく苦手の東京ドームで2勝1敗と勝ち越し。しかも勝ち方が申し分なく、ここから勢いに乗っていけそうですね。

まとめと次カードの展望

苦手の東京ドームでしかも上沢、有原と強力な先発投手相手に2勝1敗と勝ち越せたのは大きかったですね。

次カードは大宮とメットライフドームで楽天との2連戦。楽天といえばアレですよね。成績を見ているとまだ本調子ではないようですが容赦せずに行きたいところ。

どうもライオンズのピッチャーは元ライオンズのバッターに打たれる傾向があるようで。みんな優しいんですよね。それを考えると初戦先発の新外国人ニールは一緒に野球していないので心配はなさそうですが、キャッチャーの森にとっては高校の先輩でもあるだけに変に意識しすぎないでほしいところ。

◆編集後記◆
日曜日にみさき公園に行ってきました。プリキュアのショーとサイン会があったのですが、その会場にキュアアンジュ、キュアマシェリとキュアアムールのコスプレをした人を発見。イベントのスタッフかなと思ったのですがよく見ると男の人。。
プリキュア好きの娘も何かを察知したのか駆け寄っては行きませんでした^^;

◆ラン日記◆
2019年4月5日 10.0km  50:50
2019年4月8日 10.0km  52:01
大阪マラソンの申込みが始まりましたね。今年は準備はできているのであとは抽選で当たるかどうかだけ。実は完走するよりもサブ4達成するよりも、当選するほうが難しいのではと思います。自分の努力だけではどうしようもないのでね(ふるさと納税で寄付する方法はありますが)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら