【青の獅子標】A村いなくても大丈夫!今年も強力打線で未知数の裏ローテを強力援護

満塁を呼び寄せる男

開幕カードでソフトバンクに3タテをくらって失意の本拠地開幕カードとなった千葉ロッテ3連戦。

未知数の裏ローテ先発陣ということもあり不安一杯でしたが、A村が抜けても依然と強力な打線の援護であっと言う間に借金完済となりました。

スポンサーリンク

4月2日 VS千葉ロッテ 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 0 0 2 1 1 0 4
L 0 0 1 2 2 2 0 0 X 7

先発投手 L・ニール M・涌井

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、5中村、9木村。

試合経過

西武先発は新外国人のザック・ニール。2回に1死満塁のピンチを招きますがここを凌ぐと、その後は打たせて取るピッチングで6回2失点の好投を見せると、打線は3回に源田のタイムリー2ベースで先制すると、4回には山川の3号ソロと木村の遊安打で2点を追加。

5回と6回には森に2打席連続で満塁のチャンスで打席が回ってくると、2打席とも2点タイムリーを放ち、この日は4打点の大活躍。

リリーフ陣が失点をしたりピンチを招いたりとしヒヤヒヤさせられましたが、結局7-4で勝利し今シーズンの初勝利を飾りました。

雑感

相手のミスに助けられた印象はありますが、何とか連敗を止め今シーズンの初勝利を飾りました。

先発のニール。打たせて取るタイプのようで2回に満塁のピンチはあったもののまずは及第点の内容でしょうか。もう少しイニングを食ってくれたらというとこですね。

そしてリリーフ陣。この日はどのピッチャーもピリッとしませんでした。平井は6回のピンチを消してくれましたが回跨ぎの7回に1失点。

ただ7回は回跨ぎではなく代えてもよかった気はしますね。平井は回跨ぎはあまりよくないイメージがあります。

問題は抑えですね。ヒースが調整不足でファームに落ちているので代役はマーティンだったのですが、この日も失点こそなしなかったものの2死走者なしから満塁まで盛り上げましたからね。井上晴哉のところではイヤな予感がよぎりましたが結果は何とか無失点。

しばらくはこの問題が続きそうです^^;

打線は森の活躍はもちろんですが、やはり9番木村文紀の2安打に2番の源田が3安打と、下位から上位へのつながりが出てきました。

あとは秋山ですね。成績だけ見れば冷凍ウナギ状態ですが、いい当たりもあったんでそろそろじゃないですか?

4月3日 VS千葉ロッテ 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3
L 2 3 0 0 3 0 1 0 X 9

先発投手 L・武隈 M・ブランドン

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、5中村、9木村。

試合経過

西武は初回、併殺の間と外崎のタイムリーで2点を先制すると、2回には金子侑、源田、秋山の3連続タイムリーで3点を追加し序盤から主導権を握ります。

今季から先発に転向した西武先発の武隈は大量援護をもらいますが、3回に中村奨吾に3ランを打たれ5-3と追い上げられます。

しかし、その後はピンチを凌いで5回を投げきり3失点と勝投手の権利をもってマウンドを降りると、5回に中村が満塁からダメ押しの走者一掃タイムリー2ベースで3点を追加。

終わってみれば先発全員の12安打9得点で9-3と快勝し、武隈に先発投手として7年ぶり白星がつき、チームも今季初の連勝を飾りました。

雑感

初回の無死1・3塁のチャンスで1点が入るも秋山が併殺になったところ。このまま終わっていると千葉ロッテに流れが行くところでしたが、山川と森が再びチャンスを作って外崎のタイムリーで2点目を上げたところが大きかったですね。

2回の木村文紀からつながった攻撃は見事でした。足を絡めながらつないでつないでの3得点。不振の秋山にもタイムリーが出てひと安心。

そしてこの日も中村剛也がすごかった。2安打4打点と8番に座りながら4番並みの活躍。まさしくもうひとりの4番という感じです。栗山と中村が活躍してくれると本当に嬉しいですね。

武隈は5回3失点とゲームを作りましたが、ポイントは4回表でしょうか。1死1塁でバルガスにヒットを打たれたところで、カットに入った源田が打者走者のバルガスを2塁でアウトにしたところ。

これがなかったら1死2・3塁でこのあとの展開がどうなっていたかわかりませんでした。源田の判断が素晴らしかったですね。

このピンチを乗り切ったところでゲームの流れを呼び込んだといえるでしょう。

3連敗のあとの2連勝で早くも勝率5割が見えてきました。

4月4日 VS千葉ロッテ 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 0 0 2 0 2 0 2 6
L 4 4 0 0 0 0 0 0 X 8

先発投手 L・本田 M・小島

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、5中村、9木村。

試合経過

西武打線が序盤から猛攻。初回に1死満塁で森が走者一掃のタイムリー3ベースなどで4点を先制すると、2回には森・外崎・栗山の3連続タイムリーなどでさらに4点を追加し8-0とリードを広げ、プロ初勝利を目指す先発の本田圭佑を援護します。

大量援護をもらった本田は5回にバルガスに2ラン、7回にレアードにも2ランを浴びたところで降板しますが、4回までノーノーと好投し十分ゲームを作りました。

9回に抑えのマーティンが角中に2ランを浴び2点差まで詰め寄られますが最後はバルガスの一直併殺でゲームセット。8-6で逃げ切り、本田圭佑がプロ初勝利を飾りました。

雑感

この日も打線が序盤から援護し、若い投手が投げやすい状況を作ってくれました。

オープン戦で抑えられていた千葉ロッテ先発の小島から2回までで8得点。その後の追加点がなかったので最後ヒヤヒヤする結果となりましたが、寒い本拠地で打線はホットな状態となりましたね。

やはり足が使えるということが大きいんでしょうね。それだけに対ソフトバンクでの甲斐キャノンをどうするかというところがソフトバンクと戦う上でのポイントになります。

本田は結果としては7回4失点。失点はともにホームランでともに甘い球をを両外国人に持っていかれました。やはり疲れてきてからの低めへの制球というところが次戦の課題でしょうか。

それでも先発のコマが足りないというところで前日の武隈やこの日の本田が出てきてくれて助かりました。表ローテで3タテくらった後だっただけに、この未知数の裏ローテ3枚で3タテできたのは大きかった。

なんとか上位2チームに引き離されないで済みました。

打線はこの日は森が爆発して3安打4打点。またも満塁の場面で打席が回ってくるという。これは偶然ではなく、やはり上位打線の出塁が多くなってきたということでしょうね。ランナーが溜まったところで森に回ってくるというパターン。

山川がダメでも森が5番に控えているというのは頼もしいですね。8番にはこの日はノーヒットでしたが中村が控えていますしね。

A村の穴を感じさせない2019年型の獅子おどし打線。これからも楽しみです。

と同時に抑えの不安が日増しに募るという。。

早くヒースに万全の状態で戻ってきてほしいですね。

まとめと次カードの展望

ソフトバンクに3タテされたあとの千葉ロッテ3連戦。イヤな流れを最高の形で断ち切り3勝3敗の五分に戻してここから仕切り直しです。

千葉ロッテのミスに助けられてこともありますが、ソフトバンクのあとだっただけに戦いやすかったかなと個人的には感じました。それだけソフトバンクの戦力が充実しているということなんでしょうけど^^;

さて次カードは東京ドームでの日本ハム3連戦。楽天に3タテされて勢いは下降気味ですが、先発は上沢・金子・有原となかなか強力なメンツ。簡単にはいかないでしょうね。

まずは今日の多和田が上沢に投げ勝って今井、髙橋光成にいい流れを渡してほしいところです。

そして抑えをどうするのか?

マーティンでは胃がもたん。。

◆編集後記◆
スタートゥインクルプリキュアを私がふざけてスターチンクルプリキュアというと「それマズイ言い方やで」と3歳の娘からツッコミが。こういう返しの仕方でも日々成長を感じますね。

◆ラン日記◆
2019年4月1日   7.6km  40:02
2019年4月2日 15.3km 1:32:40
2019年4月3日 10.0km  52:36
火曜日はひとり税理士仲間お二方と大阪城公園ランのあとランチミーティングを。
いつもはひとりで走っていますが、たまには人と一緒に走るものいいもんですね。
ランチミーティングでは確定申告の反省会をして情報共有。いい時間を過ごせました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら