好投手を攻略して開幕3連勝

源田のチカラ

開幕から連勝で迎えた日本ハムとの3戦目。

相手投手を考えるとこのゲームが一番厳しそうですが。

スポンサーリンク

4月1日 VS北海道日本ハムファイターズ

開幕から2連勝で、ゲーム内容も申し分なく出来過ぎな印象で逆に怖いですが。

開幕から5連勝した2015年も終わってみれば4位でしたしね。

油断せずにいきたいところです。

先発は西武・ウルフ、日本ハム・加藤。

ウルフは今年もサンデーウルフのようで、今年も安らぎの月曜日をもたらしてくれるでしょうか。

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、5中村、9外崎、DHメヒア、2炭谷、7金子侑。

ウルフには今年も炭谷がマスクを被ります。

日本ハム先発の加藤はオープン戦で15回を投げて自責点1。

オープン戦でも対戦しましたが5回1/3を投げて被安打1と完全に抑えられました。

そのときの内容はゴロと三振がほとんどで、低めに制球されていることがわかります。

初回は浅村が中安で出たものの、秋山遊ゴロ、源田一ゴロ、山川三振とオープン戦同様の内容。

これは予想どおり苦しい戦いになりそうです。

一方、ウルフの立ち上がりは、1番の西川に今季初ヒットとなる内野安打を許しますが、オーダーをいじってきた日本ハムの2番近藤を併殺にとります(ファーストの山川がいい判断をしました)。

ここで近藤につながれていたらゲーム展開は変わっていたでしょう。

続くレアードに左安を打たれたので、本当に併殺で助かりました。

2回の加藤は中村、外崎、メヒアと三者三振に切ってとり、早くも全開です。

2回のウルフはこの回も先頭のアルシアに右安を許し、先頭打者を出します。

ところが松本をまたも併殺ですぐにピンチの芽を摘み、ツーシームで打たせて取るウルフワールド全開です。

加藤からは中々点を取れそうな雰囲気がなかったのですが、3回にチャンスが回ってきます。

この回先頭の炭谷が左2で無死2塁のチャンスをつかみ、金子がしっかり送って1死3塁で秋山。

となれば1点はもらったも同然というところですが、秋山がライトへのフライを打ち、タッチアアップで1点かと思いましたが、ライト松本剛の好返球(もしくは炭谷の脚が。。)でこの回無得点に終わります。

こうなると流れが日本ハムに行ってしまいます。

その3回裏に清水、西川(目覚めたか)の連打で1死1・2塁。

で近藤を迎えます。

これはまずいなと思ったのですが、何とか近藤、レアードを打ち取ってピンチを切り抜けます(チョットヒヤッとした当たりでした)。

このまま膠着状態が続きますが、5回にゲームが動きます。

先頭の外崎が左安で出塁し、メヒア三振の間に2盗に成功。

炭谷の右飛の間に3塁にランナーが進み、ここでここまで今季ノーヒットの金子侑司がセンターへのタイムリーでついに待望の1点を先制します。

さらにこれで終わらず、金子が2盗を決め、秋山が四球で歩き2死1・2塁となって、源田が粘りに粘ってセンターへのタイムリーで1点を追加。

さらに、ここまで2安打の浅村が低めの難しい球をレフトへ打って3点目が入ります(浅村猛打賞)。

まだ3試合ですけど、今年はつながると手がつけらなくなりますね。

点を取ってもらった直後のウルフは、先頭の横川に中安を許し、またまた先頭を出しますが、後続を断ってこの回もゼロ。

粘り強いピッチングです。

結局、ウルフは6回を投げて8安打を許すも、無失点で先発の役目を果たしました。

加藤は4回までは球数も少なく順調でしたが、5回に捕まってしまい結局5回1/3でマウンドを降りました。

このあと西武は武隈→平井とつなぎ、平井が中田に甘く入った球をレフトスタンドに運ばれますが、この1点のみ。

9回に相手ミスで2死3塁のチャンスをもらい、源田がこの日2本目のタイムリーで大きな4点目が入ります。

1本目のタイムリーの次の打席であっさり三球三振したあと、辻監督に「タイムリーのあとの打席がいつもショボい。丁寧に行け」と言われたそうで、気合も入っていたんでしょうね。

2番打者がチャンスに強いと頼もしく、秋山が凡退しても期待が持てます。

結局、9回を抑えの増田が四球をひとつ出したものの、ゼロに抑えて開幕3連勝となりました。

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 3 0 0 0 1 4
F 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

髙橋朋己抹消→高木勇人が中継ぎで1軍昇格

開幕3連勝と明るいチーム状態なんですが、チョット心配な情報も。

前日に肩の違和感で降板した髙橋朋己が登録抹消となり、代わって高木勇人が中継ぎとして1軍に上がるそうです。

高木勇人も先発で準備していたんだと思うのですが、左の中継ぎが武隈、小石、野田とそろっているので、右の中継ぎとして抜擢されました。

6人目の先発には、開幕直前に阪神からトレードで入団した榎田が入るそうで、やはり左の先発がほしいということですね。

榎田は先日の2軍の試合でも、四球は多かったものの、いい球を投げていました。

ですが、やはり髙橋朋己の状態と高木勇人のモチベーションが気になるところです。

次戦の展望

開幕3連勝でホームに帰ってきてソフトバンクとの2連戦です。

先発は西武・十亀、ソフトバンク・東浜で、新フォームの十亀が本物かどうかを試すにはうってつけの相手ですね。

ソフトバンク相手に好投すれば、今年は期待できそうですが果たして。

昨年はメットライフドームならソフトバンクにも勝ち越していましたから、悪くても1勝1敗でいきたいところです。

◆編集後記◆
今日は娘の保育園の入園式に行ってきました。
明日から慣らし保育ではなくフルに預かってもらうのですが、妻の会社の託児所に11ヶ月通っていたので大丈夫かな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら