乱打戦と思いきや意外に投手戦。でも最後は。。。

オジー自慢のオリオンビール♫

投打が噛み合って快勝した開幕戦。

開幕2戦目はオープン戦の結果からすると乱打戦になりそうな予感の先発投手同士の対戦ですが、どうなったのでしょうか?

スポンサーリンク

3月31日 VS北海道日本ハムファイターズ

昨日がナイトゲームで今日がデーゲームと、金曜日と土曜日はゲームとゲームの間隔が短くて選手も大変です。

開幕戦の勝利の余韻がまだ残っているような気がしますが、勝っている方からすると勢いそのままにゲームに臨めるのはいいことかもしれません。

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、2森、5中村、9外崎、DHメヒア、7金子侑。

今日は森がスタメンマスクでメヒアが8番に入り、超重量級といった打線です。

こういうときって意外と打てないことが多いんですが。。

西武の先発は多和田、日本ハムの先発はマルティネス。

日本ハムは開幕戦と同様に新外国人を立ててきました。

また情報の少ない外国人投手なんで、やっぱり嫌なんですよね。

術中にハマってしまうとズルズルとそのままいってしまうという。

多和田は花粉症の影響か、春先はなかなか結果が出ません。

でもここは札幌ドームなので花粉症の影響はないかもという気もしますが。

日本ハムとの相性の良さを買われての第2戦の先発ですので、期待に応えてほしいところ。

1回表。秋山がタイミングが合わない感じで三振と、このピッチャー意外とやるかもという立ち上がり。

源田と山川のヒットで2アウト2・3塁としますが、森がセンターフライに倒れ結局無得点に終わります。

ピッチングを見る限りオープン戦の成績は本当か?という感じがします。

多和田も課題の立ち上がりを近藤の内野安打のみで上々の立ち上がりです。

意外にも投手戦となってしまいましたね。

このまま4回まで両投手の好投が続きます。

5回表。外崎四球、メヒア左安のあと金子が送って1死2・3塁となったところで、ここまで2三振の秋山がさすがに3打席目はアジャストしてきました。

犠飛で待望の先制点が入ります。

投手戦なので、しっかりランナーを進めて1点を取りにいくというこういう野球が大事です。

1点取ってもらったあとの5回裏。多和田はヒットと四球2つで2死満塁としますが、田中賢介を中飛に打ち取ってなんとか切り抜けます。

その直後の6回表に、この回先頭の浅村が今季チーム第1号となるソロホームランで追加点。

そのあとヒット2本と四球で無死満塁のチャンスをもらいます。

無死満塁は点が入らないというジンクスがありますが、大事なのは最初の打者。

最初の打者が凡退すると後のバッターに重圧がかかります。

開幕戦4打数4安打の外崎ということで期待が高まりましたが、ショートゴロで1アウト。

続くメヒアは術中にはまって三振し、金子も初球の甘い球を見逃してしまい三飛に倒れます。

ここで突き放していたら、試合は決まっていたのでしょうが、このあたり流れがどちらに行くか難しいところ。

マルティネスもなかなかの粘りのピッチングで、この日見る限りではいい投手に見えます。

その裏、多和田は2つの四球でピンチを招きますが、決定打は許さず。

すると7回表に秋山2塁打のあと源田のこの日3本目のヒットで3点目が入り、これで流れは西武に傾いたかと思われたのですが。。

8回裏に3番手で登板した髙橋朋己が誤算でした。

先頭の田中賢介にストレートの四球を与え、続く近藤に左中間を破る2塁打で1点を返されたところで、髙橋朋己が左肩の違和感を訴えて降板します。

田中賢介の4球目と近藤に打たれた前の球が抜けていたので、その時点でおかしかったのかもしれません。

ヒジの次は肩か。。

あとを継いだ平井が中田、レアードを打ち取りますが、新外国人アルシアに甘く入った球を打たれ3-2と雲行きが怪しくなってきました。

嫌な流れになったですが、9回表に四球で出塁した金子を秋山が2塁打で返し4−2。

さらに山川に今シーズン第1号の3ランが飛び出し7-2。

これで試合は決まりました。

最後は増田がピンチを招くものの、嫌な近藤を打ち取ってゲームセット。

終盤までは緊迫した投手戦でしたが、終わってみれば快勝のゲームでした。

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 1 1 1 0 4 7
F 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

まだキャッチャーが森だと心配してしまうのですが、今日の感じだと落ち着いてましたし、リドも良かったですから、段々と様になってきました。

打てる捕手がいるのは大きいです。

ただ、髙橋朋己が心配ですね。。

次戦の展望

開幕から2連勝といい形になってきました。

3戦目の先発は西武ウルフ、日本ハム加藤です。

ウルフはオープン戦の最終登板で背中のハリを訴えて予定回数を投げていないのが気になるところ。

加藤はオープン戦で15回を投げて自責点1と抜群の安定感ですから、苦しいゲームになりそうです。

好調の打線に期待です。

◆編集後記◆
今日は娘と阪神競馬場にでも行ってみようかと思っていますが、GⅠレースがあるので人が多そうなのが悩みどころです。
甲子園に高校野球を観に行ってもいいのですが、こちらも人が多そうで。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら