もはやスイーツ?乃が美の「生」食パン

乃が美の高級「生」食パンを食べてきました。

食パンてこんなに美味しかったんやと思わせてくれる一品で、食パンの域を超えてスイーツではないのか思ってしまうほどです。

スポンサーリンク

乃が美総本店

今回、妻に連れられて初めて行ったのが大阪市天王寺区の上本町あたりにあるお店で、ここが総本店です。

この日は夕方16時ごろに行ったのですが、このように並んでおり、このあとも行列は続いてました。ちなみに営業時間は11時〜18時です。

最寄りの駅は、近鉄の大阪上本町駅か大阪市営地下鉄の谷町9丁目駅です。

サイズは2斤のロングサイズと1斤のハーフサイズで、値段はそれぞれ800円(税抜)と400円(税抜)。普通の食パンよりは高いです。

店舗は全国各地にあり、お取り寄せもできます。

店舗一覧 | 高級「生」食パン専門店の乃が美(のがみ)

乃が美の「生」食パン

今回はロングサイズを購入。

常温でも4日間は大丈夫とのことです。

できたてだからなのか、このように袋の中が蒸気でくもっています。

いい色してますね。

小麦粉はオリジナルブレンドで、バターと乳化剤・着色料・保存料・香料が無添加の高級オリジナルマーガリンが使われています。

切ってみると断面はフワフワしっとりな感じで輝いて見えます。

実際食べてみると、フワフワしっとりは想像したとおりで、味は明らかに甘みを感じます。

もちろん、甘ったるいのではなく、程よい優しい甘さです。

これは本当に何もつける必要はないくらい味がついています。

逆に何かをつけると邪魔してしまうんじゃないでしょうか。

何もつけずに、焼かずにそのまま食べることをオススメします。

そして、特筆すべきはこの耳です。

普通の食パンなら、耳は中身よりもパサパサしているイメージがありますが、この「生」食パンは耳もしっとりしていて、中身と同じように甘みもあり、遜色がありません。

小さい頃は食パンの耳を残していましたが、こんなに美味しい耳なら残していなかったでしょうね。

ちぎってみるとモチモチ感がよくわかります(後ろがゴチャゴチャしていますが^^;)。

このあと、バターをつけたり、焼いたりしましたが、やはり一番美味しいのはそのまま食べること。

お値段は食パンと考えると通常の倍くらいになりますが、これはスイーツだと思えば2斤で税抜800円ですから、むしろ安いといえます。

まとめ

普段は1斤100円前後の食パンを食べていますので、ちょっとした贅沢をしました。

ただ、この食パンはひと月に1回は食べたい、できれば週1でも。

近所にお店があればすぐにでも買いに行きたくなる食パンです。

◆編集後記◆
今週の土曜日はやっと晴れるようでひと安心です。
ただ、早朝野球が厳しい季節になってきたのが気がかりです。寒いの苦手なもんで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら