抹茶のほんのりとした甘さが引き立ちます!カップヌードル抹茶仕立てのシーフード味

カップヌードル抹茶シーフード

最近のカップ麺は「おやっ?」と思うような色々な味が発売されています。

このあいだ食べたペヤングのチョコやきそばも味はともかく強烈なインパクトがありました。

今回試したのはカップ麺の大御所、日清カップヌードルの抹茶仕立てのシーフード味です。

まあ、抹茶なのでチョコやきそばほどのドキドキワクワク感はないものの、味は無難なところで落ち着くのではと思いつつ食してみました。

スポンサーリンク

カップヌードル抹茶仕立てのシーフード味

お昼を手っ取り早く済ませたいときは、私もよくカップヌードルを食べます。

よく食べる味は、近所のスーパーのPB(プライベートブランド)のカップヌードルが、しょうゆ味シーフードしかないので、いつもこの2択です。

今回は抹茶仕立てのシーフード味。
カップヌードル

しっかり抹茶も入ってます(加工品というのは気になりますが^^;)
カップヌードル

昔、宇治に住んでいた娘と付き合っていたからか分かりませんが、抹茶味のものが結構好きで、とくにスイーツは抹茶系のものを頼むことは多いです。

つい最近も、ラーメン横綱でデザートにこんなものも食べています(これはホント美味しかった)。
ラーメン横綱のアイスクリーム

カップヌードルに戻ります。
フタを開けるとこんな感じで、作り方はお湯を入れて3分と、いつものカップヌードルと同じです。
カップヌードル

3分待って出来上がり。ほんのりと抹茶の甘くいい香りがします。
カップヌードル

麺は抹茶が練り込まれているのか上品な感じのお抹茶色です。
カップヌードル

スープは見た感じはノーマルのシーフード味と変わらない感じですが、味は抹茶のほのかな甘さが落ち着きます。
カップヌードル

食べてみての感想は、シーフードをほんのり甘くした感じで、抹茶の風味がいいアクセントになっていて美味しいですね。

チョコやきそばは最後まで食べられませんでしたが、これはスープまで美味しくいただけました。
カップヌードル

まとめ

カップヌードル抹茶仕立てのシーフード味は、意外性のインパクトこそありませんが、カップヌードルの完成された味がベースにあるので、安心して食べられます。

フレンチやイタリアンのシェフが、舌をリセットするためにたまにカップラーメンを食べると聞いたことがありますが、それだけ完成された味なんでしょうね。

◆編集後記◆
またノドがイガイガしてきました。
この冬で四度目なんですが、カゼなのかアレルギーなのか。
寝起きが一番ツライです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら