窓掃除をするならプロ仕様の道具がオススメ

みなさんは窓掃除ってどうしてますか?

わが家では、私が窓掃除担当なのですが、雑巾で水拭きするだけではなかなかキレイになりませんよね。

スジが残ったり、雑巾の糸くずが残ったりすると、気になって夜も眠れません(ウソ)。

そこで、プロ仕様の窓掃除道具をを使うことにしたのですが、これがカンタンで洗剤を使わなくてもキレイになるのでオススメです。

スポンサーリンク

スクイジーという道具

そのプロ仕様の道具というのは、スクイジーという道具です。

ビルの窓掃除をしている方が使っているおなじみの道具ですね。

この記事を書いている時点の価格は2,680円で、私もこの価格で買いました。

イケアとかでも、このような安い数百円くらいのスクイジーが売っています。

ただ、窓掃除には向いておらず、窓だとゴムの滑りが悪く、引っかかって使いにくいです。

こういう安いタイプは、お風呂の壁面などのプラスチッキーなところだと、問題なく滑りますので、わが家でもお風呂上がりに壁についた水気を取るときに使っています。

それともうひとつ、マイクロファイバーのクロスです。

普通の雑巾だと糸くずがついてしまいますが、これだと糸くずはつかず、また、吸水性もバツグンです。

これらを使って清掃するだけで、窓がキレイになります。

洗剤もクリーナーも使っていません。

スクイジーを使った窓掃除のやり方

まず、マイクロファイバークロスを水で濡らして、あまり絞らずドボドボの状態で窓全体を水拭きします。

ここからがスクイジーの出番です。

このようにスクイジーを少し角度つけてスイープするのがコツで、こうすることでスイープされた水が下に流れていくので、水のスジが残りません。

そして最後にタテにスーッとスクイジーを滑らして仕上げます。

これが掃除前の窓です。

ブログネタにするために、かなり放ったらかしていましたので、写真を撮っている私が薄ぼんやりしか見えないくらい汚いですが、普段はこんなになるまで掃除していないことはないです^^;

掃除後の写真がこれです。

写真を撮っている私の姿がクッキリと見えますね。

あべのハルカスもキレイに見えるようになりました(格子窓なのでスジが入っていますが)。

落ちない汚れもある

ただし、どんな汚れでも落ちるわけではなく、落ちないものもあります。

雨が直接当たる窓についた水垢は、スクイジーだけでは落とせません。

私の家でも、ベランダの窓の汚れは水垢はついていなく、砂ぼこりや洗濯物の繊維くずがメインですのでキレイになりますが、庇がほぼない部屋の窓は、スクイジーで掃除してもこのような水垢だけが残ってしまいます。

これは洗剤かなんかを使わないと落ちないようで、現在いい方法を模索中です。

まとめ

プロ仕様のスクイジーを使うと、窓は本当にキレイになります。

なおかつ、これだけキレイになるんだったら掃除しようという気にさせてくれますので、重い腰をちょっぴり動かしてくれます(面倒くさがりなもので)。

まあ、せっかくキレイにしても、子どもの手垢やキスマークですぐに汚れてしまうのですが^^;

◆編集後記◆
明日は草野球の体験入部2回目があるので、スキマ時間にバッティングセンターで打ち込みに行く予定です。
まだ球の速さに目が慣れていないので、まったく打てる気がしませんが。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら