iPadでPDFに手書きするなら無料で使えるクラウドストレージアプリで充分

仕事柄、自分で作成した確定申告書などのチェックをPDFでしたくて、PDFに手書きで文字をなめらかに書き込めるiPad ProとApple Pencilを購入しました。

PDFに書き込めるアプリは有料の優秀なものもありますが、無料で使えるDropboxやOneDriveなどのクラウドストレージのアプリでも充分使えます。

今回はクラウドストレージの中でも代表的なDropboxとOneDriveでの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

Dropboxの場合

Dropboxの場合、まずPDFをDropboxに保存します。

Dropboxに保存したPDFをiPadのDropboxアプリで開くとこのように表示されます。

実はDropbox単体ではPDFに直接は書き込めません。

Adobe Acrobat Readerというアプリと連携する必要があります。

Adobe Acrobat Reader

Adobe Acrobat Reader
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

なので、このAdobe Acrobat Readerを事前にインストールしておきましょう。

Dropboxの画面下部のこのマークをタップすると

このような表示が出ますので【Adobe Acrobat Reader】をタップします。

するとAdobe Acrobat ReaderでPDFが表示されます。

そして、画面下部のここをタップして

アイコンが変わり、次にこのペンのアイコンをタップするとApple Pencilで書き込むことができる状態になり

このように文字を書き込むことができます。

ただし、無料版のAdobe Acrobat Readerだと文字の色や太さを変えることができませんので、作成した申告書や原稿などのチェック程度であれば使えます。

OneDriveの場合

Dropboxと同様に、OneDriveにPDFを保存し、保存したPDFを開きます。

次に画面右上部のペンのアイコンをタップします。

するとこのようなツールバーが表示されます。

このツールバーは画面の右端や左端にも配置できますが、右端や左端だとジャマになるので、私は上部に置いています。

ツールバーの中に2つ並んだペンマークがありますが、左がペンで右がマーカーになっています。

書きたいを方をタップすればこのようにApple Pencilで書き込むことができます。

色や太さを変えたい場合は、右上部の●のアイコンをタップすると、文字のスタイルを設定することができます。

Dropbox+Adobe Acrobat Readerよりもスタイルの自由度が高く、無料でここまで使えれば充分です。

まとめ

DropboxもOneDriveもクラウドストレージとしては使い勝手がいいですが、PDFの書き込みとなるとOneDriveの方が使いやすいです。

私は仕事のデータをOneDriveに保存していることもあり、OneDriveに保存しているPDFに直接アクセスして書き込めるのと使いやすさで、PDFへの書き込みはOneDriveアプリを利用しています。

なお、PDFに直接書き込めるのは便利ですが、間違ってもモンゴルの英雄に落書きするのはやめておきましょう^^;

◆編集後記◆
行きつけのバッティングセンターが、2週続けてリニューアル工事のため打ち込めなかったので、今日はこれから30分貸し切りで特打してきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら