動物と身近にふれあえる!神戸どうぶつ王国はちいさなお子様にオススメ

連休合間の平日に休みをとって、久々に神戸に子どもを連れて行ってきました。

神戸グルメも堪能したのですが、中でも動物と身近にふれあえる神戸どうぶつ王国は子どもの色んな表情が見られてオススメです。

スポンサーリンク

神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国とは

神戸どうぶつ王国は、神戸市のポートアイランドにあります。

電車で行く場合は、三宮からポートライナーに乗って神戸空港方面へ向かい、京コンピュータ前駅で降りるとすぐにあります。

料金はおとな1,500円、4歳未満の子どもは無料となっており、開園時間は平日が10時〜17時、土日祝日が10時〜17時30分となっています。

料金については各種サイトで10%引きのクーポンがあり、スマホの画面で見せるだけで使えます。

【入園10%割引】神戸どうぶつ王国(神戸)の店舗・クーポン情報 | H.I.S.クーポン

ポートライナーで行く場合は、入園料と乗車券がセットになったセット券がポートライナーの三宮駅と神戸空港駅で1,500円で発売されており、実質入園料のみの料金になっています。

神戸どうぶつ王国・ポートライナーセット券 | 神戸新交通

私もこのブログを書いていて初めて知りました^^;

どんな動物がいるの?

中の動物は、一般的な動物園にいるような大きな動物はいませんが、柵やガラスで区切らているスペースはあまりないので、ふれあえるタイプの動物園となっています(中には触れてはいけないものあります)。

このワオキツネザルも、ふれあえるぐらいすぐそばまで寄ってきます(触れてはいけないことになっています)。

カモなどの水鳥系もいます。

ナマケモノもいました。

カンガルーと鹿は同じ場所で見られます(仲は悪くないようです)。

売っているエサを鹿にやることもできますが、カンガルーにもやることができます(エサは共用です)。

こういった大きなカメもカンガルーや鹿と一緒にいます。

カピバラもいました。

娘はカピバラを怖がっていましたが、振り向いた瞬間に後ろをついてきたカピバラと鉢合わせになりこの表情。今日イチのベストショットとなりました。

そのほかにも犬や猫とふれあえたりできます。

私たちが入園したのが15時くらいでしたので、全部は回りきれませんでしたが、このほかにも鳥やアルパカなど色々な動物がいました。

それほど怖い動物もいませんので、ちいさなお子様でも楽しめると思います。

私の娘も「オーッ!」といったり喜んだり、怖がったり、近所の公園で遊ばしているときとは違った表情が見られて、大人の私も充分楽しめました。

神戸どうぶつ王国 | 全天候型対応施設 -花と人と動物のふれあい共生パーク-

まとめ

動物園というと、柵などで囲われた中の動物たちを見るイメージがありました。

神戸どうぶつ王国は、ゾウなどの大きな動物がおらず派手さはないですが、身近でふれあえる距離で動物と過ごせますので、ちいさな子どもに生き物を体験させるのに持って来いですね。

◆編集後記◆
最近、電話でチョットした税務相談のお電話をいただきます。
それほど複雑な質問でもなく、質問された方のマナーもまともでしたのでお答えしましたが、このあたりの線引は悩ましいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら