投打ガッチリで開幕6連勝

ミラクルゲームならぬミラクルプレー

昨シーズンは分が悪かったオリックス戦。

昨年は最初の対戦から5連敗したので苦手意識が出てしまったのかもしれません。

なので、今年は最初の対戦でしっかり勝っておきたいところ。

スポンサーリンク

4月6日 VSオリックスバファローズ 1回戦

オリックスで気をつけるのは吉田正尚、マレーロ、ロメロ。

昨年はこの3人にかなりやられました。

西武の先発は菊池、オリックスの先発は西。

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、DH森、5中村、9外崎、2炭谷、7金子侑。

金子侑司の調子がイマイチなので栗山や松井を使ってもいいのではと思うのですが、やはり足があるのが大きいのですかね。

1回表
宗  三邪飛
大城 空三振
吉田正 ニゴロ
吉田正尚もストレートで打ち取って菊池まずまずの立ち上がり。ただ抜けるようなボールがありますね。

1回裏
秋山 二直 アタリはよかった
源田 遊ゴロ
浅村 右飛
西も上々の立ち上がり。投手戦かな。

2回表
ロメロ 右飛
小谷野 空三振
マレーロ 四球 昨年の残像があって投げにくいのかな?
T-岡田 空三振

2回裏
山川 中飛
森  ニゴロ
中村 中安
外崎 遊ゴロ

3回表
伊藤 四球
安達 二併殺 浅村のバックトスが決まった
宗  空三振

3回裏
炭谷 中飛
金子侑 空三振
秋山 遊ゴロ

4回表
大城 左飛
吉田正 ニゴロ
ロメロ 中飛
吉田正尚、ロメロは合っていない感じですね。この調子で。

4回裏
源田 一ゴロ
浅村 右本塁打 1−0 初球の高めのボール球でしたが意外と伸びました。
山川 四球
森  左安
中村 中飛 甘い球でしたが
外崎 空三振
ホームランのあともうひと押しできそうでしたが、西も崩れません。

5回表
小谷野 四球 0−2からの四球はイタイ
マレーロ 左2塁打 内に構えたのに甘くなった逆球を打たれました。
T-岡田 ニゴロ この間に小谷野生還 1−1
伊藤 遊直 危なかったが源田がジャンプ一番
安達 右飛 ヒヤッとしたアタリ
この回はチョット危なかったですね。

5回裏
炭谷 ニゴロ
金子侑 空三振
秋山 右安 0−2と追い込まれてから粘っての価値あるヒット
源田 左3塁打 タイムリー 2−1 初球をたたいてあっという間に抜けました
浅村 三飛
追いつかれたあとにすぐ突き放す。いい流れが来ています。

6回表
宗  二失 浅村バウンド合わせ損なう
大城 三ゴロ
吉田正 中飛 もうひと伸びなし
ロメロ 空三振
吉田正尚とロメロを抑えているのは大きいですね。

6回裏
山川 右飛
森  空三振
中村 三ゴロ

7回表
小谷野 中安
マレーロ 右飛 ライト外崎のファインプレー!これは大きい。
T-岡田 一併殺
外崎のプレーが大きかったですね。これが抜けていたら無死2・3塁でしたから逆転されてもおかしくなかったです。

7回裏
外崎 右3塁打 9球粘って
炭谷 右安 タイムリー 3−1 この1点は大きい。
西から黒木に投手交代
金子侑 三犠打
秋山 投ゴロ
源田 空三振
これで流れが西武に来たかな。

8回表
伊藤 遊ゴロ
安達 空三振
宗に代打伏見寅威
伏見 遊ゴロ
点を取ったあとの大事なイニングを三凡。

8回裏
黒木から近藤に投手交代
浅村 中2塁打
山川 左本塁打 5−1 打った瞬間それとわかるアタリ
森  遊直
中村 遊ゴロ
外崎 左飛
山川のダメ押しの2ラン。これで決まりか。

9回表
菊池から増田に投手交代
大城 遊ゴロ
吉田正 遊飛
ロメロ 中飛
終わってみれば5−1で完勝で、開幕6連勝!

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Bs 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
L 0 0 0 1 1 0 1 2 X 5

菊池は本調子じゃなかったようですが、それで8回2安打1失点ですからね。

今日は球審が両サイドをストライクに取ってくれなかったので、ストライクゾーンには苦労しました(西も同じでしたね)。

カーブの制球に苦労していたようで、抜け球も多かったです。

それでも調子が悪いなりに工夫してゲームを作れるようになったのは流石です。

そして、外崎のこのプレーが大きかったですね。

これで流れが一気に西武に傾きました。

そして、オリックス打線の吉田正尚とロメロを抑えられたことも大きかったです。

マレーロには打たれましたけどね。

マレーロは高めの真っ直ぐには強いですね。打たれたのは同じようなボールでした。

やはり今年もマレーロは要注意です。

次戦の展望

先発投手は西武・多和田、オリックス・田嶋です。

多和田は昨年オリックス相手に4戦4敗と最悪の相性です。

一方の田嶋は前回のソフトバンク戦でプロ初勝利をあげているとおり、いいピッチャーです。

この試合は分が悪そうですが、田嶋に球数を投げさせて、不調の中継ぎ陣を引っ張り出せれば勝機はあるかもしれません。

多和田は。。。頑張るしかないですね^^;

◆編集後記◆
春休みのせいか、平日昼間に関わらずバッティングセンターが混んでいました。
いつも打っている打席がなかなか空かず、慣れていない打席(マシンが違うんです)だったのでタイミングが合わず、消化不良な内容になってしまいました。
来週は春休みも終わっているので、いつもどおり空いてればいいのですが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら