安易な売上値引は損しすぎる!それならおまけした方が儲かります

値引かおまけか?

売上がなかなか上がらないからといって、安易に売上値引をしていませんか?

販売価格の20%の値引をするなら、販売価格の20%をおまけや増量をしたほうが利益は残りますよ。

スポンサーリンク

売上値引をした場合とおまけをした場合の利益の比較

前提条件

今回は、変動損益計算図(ストラック図)を使って、次のような原価率40%という前提条件で説明をしていきます。

前提条件

ストラック図についての説明は、こちらの記事をご覧ください。

販売価格の20%の売上値引をした場合

販売価格の20%の値引ですので、2,000の値引をします、
20%値引

売上が2,000減ると、粗利益も2,000減り、利益も2,000減ります。
値引20%
売上を20%値引くと、粗利益は33%減り、利益は80%減ることになります。

つまり、売上値引をした分そのまま利益が減ってしまいます。

販売価格の20%をおまけした場合

販売価格の20%をおまけで差し上げるので、売上高はそのままですが変動費である売上原価が増加します(わかりやすくするために利益と固定費の位置を逆にしています)。
20%おまけ

ただし、販売価格の20%である2,000をおまけしますが、売上原価として増えるのは、「2,000×原価率(40%)=800」です。

そすするとこうなります。20%おまけ

売上原価が800増加するので、粗利益と利益が圧縮され、ともに800減少します。

つまり、おまけで原価が増えた分だけしか利益は減少しません。

比較

表にして比較してみます。

項目 売上値引 おまけ 差額
売上高 8,000 10,000 2,000
売上原価 4,000 4,800 800
粗利益 4,000 5,200 1,200
利益 500 1,700 1,200

サービス業の場合

サービス業の場合は、売上高が増加すれば同じように増加する変動費(売上原価)が少ないことが多いでしょう。

そうなると、値引の場合は物販業と同じですが、おまけした場合はほとんど利益は減らないでしょう。

極端にいうとこんな感じです。
サービス業

20%おまけでサービスを増やしても、人員を追加せず、残業代を払わなければ固定費は増えませんので、顧客も会社も懐は痛まず、労働者だけが割を食うという感じでしょうか(税理士業界はこれかもしれません…)。

まとめ

安易に売上値引をしてしまうと、値引いた分だけ利益が減ってしまいます。

反対におまけだったら、おまけの原価の分しか利益は減りません。

値引をする前に、”◯%増量アップ”や”今なら◯◯が無料”などをしてみましょう。

よく通販とかである「1台購入された方にはもう1台プレゼント」や、飲み物とかで「20%増量」というのは、こういうことなのです。

◆編集後記◆
今日は、とあるブログワークショップに参加しながら記事を書きましたが、
時間制限があるのでピリッとした雰囲気で集中して書けました。
いつもこの緊張感で書いたら早く書けるんでしょうけど、なかなかねぇ^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら