頭を悩ませた名刺管理。いろいろ試してみました

名刺入れ

ほっといたらドンドンたまっていく名刺。
名刺ホルダーに綴るだけでは二次利用がしにくいので、何かいい方法はないかといろいろな名刺管理ツールを試してみました。

スポンサーリンク

求める名刺管理ツールの条件

私が名刺管理ツールに求める条件はこんな感じです。

  • PCからもスマホからも名刺が見られる
  • 名刺管理アプリから電話やメールができる
  • CSVデータなどに外部出力ができる
  • できれば無料

PCからもスマホからも名刺が見られる

今やこの機能は必須ですね。
PCだけでしか見られないと、外から名刺を見たいときに電話でスタッフに聞かないといけませんし、私のようなひとり事務所ではそれもできません。

名刺管理アプリから電話やメールができる

名刺に記載された電話番号やメールアドレスを、いちいちiPhoneの連絡先アプリに入力するのは面倒ですし、連絡帳はプライベートだけで使いたいので、名刺管理アプリが文字情報を認識してくれて、そこから電話やメールができると便利です。

CSVデータなどに外部出力ができる

住所録を別に作るのも二度手間な感じがして、できるならやりたくないですよね。
そこで、名刺管理ツールからCSVデータをはきだせれば、住所録として利用できますし、年賀状ソフトなどにも取り込めますので、この機能も必須です。

できれば無料

ここは人によって価値観が分かれるところですが、同程度の機能なら有料よりは無料の方がいいです。
しかし、コストに見合うだけの機能があれば、有料でもかまわないです。
なので、ここは一番優先度が低いです。

試した名刺管理ツール

CardMinder

CardMinderは、スキャナのScanSnapシリーズに付属している名刺管理ツールです。
カードマインダー

ScanSnapでスキャンした名刺データをPCに取り込んで使います。

CSVでの出力機能はありますが、スマホとの連携はイマイチです。
Mac版ですと連絡先アプリへ書き出すことができますが、名刺のイメージデータは見ることができません。

純正ではありませんが、Carmineというアプリを使うとPCに取り込んだCardMinderのデータを見ることができるようです。

文字認識は少し精度があまい気がします。

EvernoteとScannable

Evernoteはプレミアム会員ならEvernote単独で名刺管理ができますが、ベーシック会員やプラス会員は、「Evernote Scannable」というアプリとの組み合わせで名刺管理ができます。

Evernote Scannable

Evernote Scannable
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

Evernote Scannableで名刺の写真を撮ると、Evernoteにイメージデータとテキストデータが保存され、アプリから直接電話やメールができます。
Evernoteの名刺

ただ、名刺によっては名刺と認識してくれず、イメージデータのみが保存されてしまいます。
私の事務所の名刺もダメでした(上の名刺は独立前に勤めていた事務所の名刺です)。
Evernoteの事務所名刺

文字認識もあまいところがあります。

Evernoteの残念なところは。CSVなどの外部出力ができないことと、Scannableとの組み合わせだと1枚ずつしか名刺を取り込めないことです。

CamCard:名刺管理

CamCardは名刺をスマホのカメラで撮って取り込むと、名刺のイメージデータと名刺のテキストデータをクラウドに保存してくれます。
テキストデータは自動認識ですが、わりと正確に認識してくれます。

CamCard Lite:名刺管理・日本語他16言語対応

CamCard Lite:名刺管理・日本語他16言語対応
無料
posted with アプリーチ

高性能校正を利用しなければ、枚数制限などなく無料で使えます。
camcard一覧表

アプリから直接、電話やメールができます。
camcard名刺

また、CamCardはブラウザでも見ることができ、そこからExcelデータに書き出すこともできます。
camcardブラウザ

Excelに出力することができます。
camcardCSV

ブラウザは少し読み込みに時間がかかるようでモッサリしていますが、普段はスマホで見る方が多いので、それほどデメリットでもありません。

カメラで撮る場合は、1枚ずつ取り込むことになりますが、ScanSnapとCamCardが提供する「CamCard Connector for Scannersというソフトを使うと、大量の名刺を一気に取り込むことも可能です。

私はこれができることに気付かず、1枚ずつ取り込んでしまいました^^;

これについてはこの記事をご覧ください。

Eight

Eightも名刺をカメラで撮るとイメージデータとテキストデータをクラウドに保存してくれますが、テキストデータはオペレーターが入力してくれますので、テキストデータの正確性は高いです。

Eight - 100万人が使う名刺アプリ

Eight – 100万人が使う名刺アプリ
開発元:Sansan, Inc.
無料
posted with アプリーチ

EightもスマホでもPCブラウザでも見られます。
もちろんスマホから電話やメールを直接できます。

Eightスマホ

Eightスマホ

Eightブラウザ

Eightブラウザ

ブラウザ版はCamCardと違って読み込みに時間がかからずモッサリしていません。

無料会員と有料のプレミアム会員がありますが、無料会員はデータの反映が遅いのとブラウザからCSVデータを取り出すことができません。

プレミアム会員は、iPhone版は月額480円か年額4,800円、Android版は月額400円か年額4,000円かを選べます。

また、CamCardと同様にScanSnapとの組み合わせで、大量の名刺を一気に取り込むこともできます。

Eight scan PC版

もうひとつEightの大きな特徴は、SNSの要素を取り入れているところです。

例えば、AとBの双方がEightを利用している場合、AがBの名刺をEightに登録すると、BにEightでAと繋がったと通知がされ、BのEightのデータにAの名刺データが自動的に保存されます。

また、Eightユーザー同士の場合はEightアプリ内でメッセージのやりとりができます。

ただ、このあたりは人によって好き嫌いがあるかもしれません(私はチョット苦手です)。

まとめ

各名刺管理ツールをまとめるとこんな感じです。
比較表

すべての要件を満たしているのは、CamCardですね。
ブラウザのモッサリ感を差し引いても、無料でできることが多いのでポイントは高いです。

Eightはオペレーターが自動入力してくれるので、自分で補正する必要がほぼないというのはいいところです。
料金を払ってもいいのであれば、Eightが一番使い勝手がいいです。

私はどうするかというと、メインはCamCardを使いますが、将来的にサービスがなくなってしまった場合のことを考えて、サブでEightを無料プランで使うことにしました。

1枚の名刺につき2回取り込みをすることになりますが、もしものことがあった場合、また一から名刺を取り込むのは大変なので、2段構えで臨みます。

◆編集後記◆
週末にカゼがひどくなり、声が出ない状態に。
場末のスナックのママのような声になってしまいました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら