【青の獅子標】敗れたけれどこれが本来の戦い方じゃないか

1勝1敗で迎えた第2戦。序盤は前日の敗戦を引きずるような展開でしたが、中盤から打線が追い上げるお得意の展開になりました。

スポンサーリンク

10月10日 VSソフトバンク CSファイナル第2戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 1 1 4 1 0 0 1 0 0 8
L 0 0 0 1 3 0 1 1 0 6

先発投手 L・今井 H・武田

スタメン 8秋山、6源田、2森、5中村、4外崎、3山川、DHメヒア、9木村、7金子侑。

試合経過

先発の今井が大乱調。立ち上がりから制球が定まらず、初回に中村晃のタイムリーで先制を許すと2回には牧原の犠飛、3回にはまたも中村晃に2ランを浴びるなど3回6失点でKOされます。

打線はソフトバンク先発の武田の前に3回まで無安打でしたが、4回に外崎のソロで1点を返すと、5回には源田のタイムリー、森の犠飛、中村のタイムリーで3点を返し4-7と3点差に迫ります。

7回にグラシアルのソロで離されますが、その裏に1点を返すと8回には秋山のタイムリーで2点差に迫りますが反撃もここまで。6-8で敗れ1勝2敗となりました。

雑感

今井の乱調がすべてでしたね。初回から逆球ばっかりでストライクを取りにいった甘い球を痛打。。

4回表までで0-7とこの時点で終わった感のあったこのゲーム。ただこのままされるがままではなかったのが幸いでした。

打線は外崎のソロを皮切りにつなげてつなげて追い上げる。マーティンがグラシアルに打たれてもめげずに追い上げる。思えばシーズン中はこんなゲームばっかりだったじゃないかと。先発がゲームを作って守り切るなんて野球はニールのときぐらいなもの。

連敗はしたものの明るい光も見えてきました。まずは金子侑が3安打猛打賞。9番からチャンスを作って上位に回すというのがライオンズのお得意のパターンだけに金子侑の好調は好材料。

そして秋山が最終打席でタイムリー。今季はシーズン中でも秋山のところで打線が止まるというのは何回もありましたが、このCSでも同じような感じ。そんな中での最終打席でのタイムリーは明日につながるはず。いや、つなげなくてはならない。

中継ぎもマーティン以外は仕事をしましたし、ヒースをもっと使っていいんじゃないかと。

この日のゲームは第1戦の終盤のソフトバンクの攻撃からの流れがそのまま来た感じがします。となると第2戦は負けたとはいえ終盤の追い上げムードが第3戦につながると。

先発が大量失点をしてゲームを壊したものの、打線が追い上げるというのはシーズン中よく見た展開。これで本来の戦い方だと獅子たちが目覚めるきっかけとなるゲームになれば痛い負けでもない。

信じましょう!

次戦の展望

第3戦の先発は十亀と千賀。

連敗スタートで迎えるにしては手強すぎる相手です。とはいえ十亀のシーズン終盤のピッチングを再現できれば千賀相手でも勝負になるかと。実際シーズン中でも千賀と投手戦を演じてましたしね。

FA前に他球団に売り込む絶好のチャンスですし^^;

今季は松田にそれほど打たれたわけでもなく、以前ほどソフトバンク戦にイヤなイメージもないでしょう。十亀の一世一代のピッチングに期待しましょう。

そして第4戦は台風のため中止が決まり、CSでは異例の中休みに入ります。この1日がどちらに味方するのか。西武はニールを当初6戦目の予定が5戦目に投入するそうで、これについては好材料。ただ6戦目までいったときに今井を投げされることができるのかといえばこれは不安ですよね。

この12日の休みでながれがどうなるのか。注目です。

◆編集後記◆
先日、いつも使っているiPhone8Plusが圏外表示に。再起動やSIMの抜き差しをしても改善しないので、やむなく以前使っていたiPhone5Sを引っ張り出すことに。こういうときのために売らずに置いていおいてよかった。
その後1週間ほどしてからあるタイミングでもう一度iPhone8PlusにSIMを差し替えたらアンテナが立つようになりました。不思議な現象でした。

◆ラン日記◆
2019年10月11日 10.0km 54:57
いろいろあって18日ぶりのランとなりました。ここからまた体を作らねば。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら