【青の獅子標】ドキドキが好きな人は7回から見るのがオススメ(自虐)

やっと出た今シーズン第1号

交流戦1週目は2カード連続で勝ち越し、4勝2敗とまずまずでした。

2週目はセ・リーグ本拠地のでの6連戦と、ここは踏ん張りどころでしたが自慢?の中継ぎ陣に赤信号が灯りました。

スポンサーリンク

6月5日 VS横浜DeNAベイスターズ 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 0 1 0 1 3 0 2 8
YB 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

先発投手 西武・カスティーヨ 横浜DeNA・ウィーランド

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、2森、9外崎、5中村、7金子侑、1カスティーヨ。

先発のカスティーヨは家族が来日しているんですが横浜に来ておらず、所沢でテレビ観戦だそうです。

それでもテレビの前で見ている家族にはいいところを見せたいはず。

初回の攻撃。横浜DeNA先発のウィーランドから1死満塁のチャンスを作り、森が犠飛で1点を先制します。

最近は先制することが多くなりましたから、打撃陣は復調したといえますね。

1回・2回と抑えたカスティーヨでしたが、3回に梶谷、神里の連打で1死2・3塁のピンチ。

ここで宮崎、筒香を迎えるというイヤ場面でしたが、宮崎の遊ゴロの間の1点に抑えてしのぎました。

ここはこのゲームのポイントだったような気がします。

下手したら2,3点入ってたかもしれません。

その直後の4回。森、外崎の連続2ベースで無死2・3塁のチャンス(なぜ2塁打2本で点が入らない?)を作り、中村が犠飛で2-1とすぐさま勝ち越し。

この回もう1点くらい入っていてもおかしくなかったんですが、なぜか1点止まり。

まだ、どちらに転ぶかわからない展開ですね。

2-1のまま迎えた6回に、外崎が代わった砂田からソロホームランで貴重な追加点で3-1。

7回には不振だった浅村が、この日3安打目となる2ランで5-1。

さらに山川も続いてAYアベックホームランで6-1。

この二人にホームランが出るときは負けません。

カスティーヨは3回の失点以後はピンチらしいピンチもなく、いつも怪しくなる5回・6回も無難に抑え、結局7回1失点と好投しました。

四死球も3つとカスティーヨにしては少ないほうで、先頭打者への四死球がなかったのがよかったですね。

9回には浅村に、この日2本目の2ランが出て8-1と勝負あり。

浅村は構えたときのバットの位置を変えましたが、早速効果が出るとは。

5打数4安打4打点と、まさにV字回復の活躍でした。

6月7日 VS横浜DeNAベイスターズ 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 3 0 1 0 2 0 2 0 1 9
YB 0 0 0 2 0 0 5 0 0 7

先発投手 西武・十亀 横浜DeNA・京山

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、7栗山、9外崎、5中村、2岡田、1十亀。

前日のゲームが雨で中止となり、十亀がそのままスライド登板となりました。

この影響でローテが再編されるようで、日曜日の榎田が一度登録抹消され、この日の先発予定だったウルフが日曜日に、13日のヤクルト戦に昨年のドラ1今井が初先発します。

さて、ゲームの方は初回に栗山の3ランで先制パンチ。

初回に3点は大きい。

3回には復調した浅村が昨日から3打数連続となるソロで4-0。

先発の十亀は3回まで打者1巡目をパーフェクトに抑え、上々のスタート。

十亀の場合、ランナーを出してセットになったときに課題があるので、よすぎてパーフェクトが続くよりは少しランナーを出して、セットでも投げている方がいいんじゃないかと思うのですが。

と思っていったら4回に神里の3ベースで初めてのランナーを出すと、続くソトに2ランを打たれ4-2。

その後、筒香、宮崎に連続四球で1・2塁のピンチと、やはりランナーを出すと雲行きが怪しくなりますね。

なんとかここは凌ぎましたが。

2点返された直後の5回表、秋山が2ベースのあと、源田の左飛でレフト筒香の体勢が悪いとみると、2塁ランナーの秋山が3塁へタッチアップ。

左飛で3塁へのタッチアップはなかなか見られないのですが、常に狙っていないとできない芸当で、秋山の意識の高さには頭が下がります。

1死3塁とプレッシャーをかけたところで、DeNA2番手の国吉が暴投で秋山が還り5−2。

浅村四球のあと、山川は捕飛に倒れますが、栗山が4打点目となるタイムリー2ベースで6−2と、点を取られた後に取り返すといういい攻撃でした。

7回には山川に2ランが飛び出して8−2と楽勝ムードに。

ところが7回に、ソトの2ラン以後は立ち直っていた十亀が2死1・3塁のピンチをつくり武隈に交代。

その武隈、桑原にタイムリーを打たれ8-3とされ、神里には四球を与え2死満塁のピンチに。

ここでさっき2ランを打たれているソトにまさかのグランドスラムで8-7。

6点差あったのに1点差とは。。

武隈は勤続疲労もあるのか、このところさっぱりです。

一度、下で調整した方がいいのでは?

1点差で迎えた9回表に秋山の3ベースでチャンスを作り、浅村がタイムリーで9-7。

この1点は大きい。

9回に抑えの増田が2死から桑原に3ベースを打たれますが、最後は神里がボール気味の球を振ってくれて9-7で勝ちました。

勝つには勝ったんですが、現状の課題がそのまま出てしまったゲームでした。

結果論ですが、7回のソトのところで武隈から平井に交代してもよかったのかな。

中継ぎを何とかしないとホントにマズイですね。

DeNAを温めた状態で、次にDeNAと対戦する日本ハムに渡せたのはよかったですけどね^^;

6月8日 VS読売ジャイアンツ 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 2 1 1 0 0 0 0 5
G 0 0 0 0 0 0 0 2 2 4

先発投手 西武・菊池 巨人・菅野

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、7栗山、9外崎、2炭谷、7金子侑、1菊池。

菊池と菅野。日本を代表する投手同士の対戦です。

投手戦を予想していましたが。

初回、秋山が先頭打者ホームランで1-0と先制。菅野から先制できたのは大きい。

一方、菊池の立ち上がりはどうかというと、これがあまりよろしくない。

なかなか空振りが奪えず、粘られて球数を要しました。

1回29球、2回19球。

そして3回表には菊池がランナーで出てしまいました。

ランナーで出ることがないパ・リーグの投手は、走塁後のピッチングが心配。

1死1塁で秋山の一ゴロで2塁へ進み、源田の中安で2死1・3塁とし、浅村のタイムリーで生還とダイヤモンドを1周してきました。

ところが、この走塁で体にキレがでたらしく、この後はテンポのいいピッチングで7回まで0封に抑えマウンドを降ります。

結果的には7回投げて106球と帳尻を合わせたのは流石でしたね。

打線も菅野から効果的に得点を重ね、菅野を5回でKOし、7回を終わって5-0。

さて問題はここから。

5点差あってもワグナーを出すしかないのが、現在の台所事情。

ワグナーも四球を出さなければというところなんですが、吉川尚輝に2ランを打たれ5-2。

その後、四球とヒットで2死1・2塁のピンチを招き、代打阿部慎之助。

一発出れば同点という場面でしたが、なんとか左飛に打ち取ります(少しヒヤッとしましたが)。

9回は3点差で増田が登板もいきなり連打を打たれ無死2・3塁のピンチ。

内野ゴロ2つで2点を与えますが2死までこぎつけます。

ここで、吉川尚輝の打ち取った打球を山川がファンブル。そして続くゲレーロに2塁打を打たれ、またも2・3塁のピンチ。

一打出れば逆転サヨナラ負けというところでしたが、最後は岡本を見三振(ビミョーなところ^^;)でなんとか1点を守りきりました。

この試合も勝つには勝ったがというゲームでしたね。

現状勝ちパターンのワグナーと増田で4失点ですからね〜。これは厳しい。

6月9日 VS読売ジャイアンツ 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 1 0 2 0 1 1 5
G 1 0 1 0 0 0 3 3 X 8

先発投手 西武・多和田 巨人・田口

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、9外崎、2森、5中村、7金子侑、1多和田。

先発の多和田。初回に岡本のタイムリーで先制点を献上し、3回にもまた岡本にタイムリーを打たれ0-2。

立ち上がりはイマイチな感じ。

打線は3回まで田口に抑えられていましたが、4回に外崎のソロでまず1点を返します。

そして6回に森がインコースのボールになる厳しいコースの球をライト線に運び、3-2と逆転。

その後、2死1・3塁のチャンスで打席にはピッチャーの多和田。

代打を出すのか悩ましいところでしたが、辻監督の判断は続投。

そのまま多和田を打たせますがニゴロ。

ここの判断は難しいところですが、多和田も立ち直ってきましたし、1点差を任せられる中継ぎもいないことから続投させました。

そして7回裏。2死2塁のところで代打の田中俊太に痛恨の四球。

次が坂本なので、ここは打たれてもいいからゾーンで勝負してほしかった。

そして坂本。嫌な予感的中の逆転3ランで3-5。

結果として、多和田続投が裏目に出てしまいましたが、やっぱり田中俊太のところですね。

ここで押さえていれば流れは渡さなかったと思うのですが。。

でもまだ2点差。諦める点差ではありません。

8回にやっとこそさ出ました。

おかわり中村の今シーズン第1号が。

澤村から会心のこれぞ中村のホームランという感じで、これで4-5。1点差。

続く金子侑が内野安打で出塁し、代打栗山が四球で1死1・2塁で秋山。

フルカウントまで粘るんですが、ニゴロでランナーは進塁。

1打出れば逆転の場面で源田は左飛に倒れて逆転ならず。

その裏はを抑えればまだまだわからない展開でしたが、2番手の平井が連打でピンチを作って阿部慎之助にまた3ラン。。4-8。

結局、平井は1死もとれずKOと最近はこんな展開ばっかり。。

9回に浅村のソロで1点返しますが、反撃もここまで。

結局、5-8で敗れてしまい、連勝も4でストップ。

というか4連勝してたのかという感じでしたが。

この日は珍しくパ・リーグが全負けでしたので、ゲーム差が変わらなかったのは幸いでした。

くどいようですが、中継ぎがホントやばい。

6月10日 VS読売ジャイアンツ 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
G 1 1 0 0 0 0 0 0 1X 3

先発投手 西武・ウルフ 巨人・内海

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、9外崎、2森、5中村、7金子侑、1ウルフ。

先週までは日曜日は榎田でしたが、ローテ再編でウルフに。

もともとサンデーウルフでしたので、元に戻った感じですね。

そのウルフ。初回に坂本に先頭打者ホームランを打たれ、2回にも亀井にソロを被弾し0-2と心配な立ち上がり。

それでもホームラン以外はゴロの山を築いていましたので、調子は悪くなさそう。

打線も3回に秋山のタイムリーで1点を返し、4回にも外崎のタイムリーで2-2の同点に追いつきます。

その後は両先発ともに立ち直り、それぞれ7回まで2点に抑え投手戦に。

正直、この展開はあまりよろしくない。

8回はワグナーが先頭を四球で出すものの後続を断ち無失点。

そして9回は同点の場面でも抑えの増田。

内野安打2つと敬遠で1死満塁のピンチ。

ここで代打大城にサヨナラタイムリーを打たれ2-3とサヨナラ負けとなりました。

増田は制球が悪かったですね。ボール先行でカウントを悪くしていましたので、苦しいピッチングでした。

おとといの初戦も危ないピッチングでしたが、今回も不安なままマウンドに上っているようで。

これは緊急事態。リリーフ陣崩壊です。

そんな中でも、ウルフは持ち味を出せましたのでよかったのかと。

持ち味のゴロを量産して打たせて取るピッチングができたのはいい兆しです。

次も期待できる内容でしたが、ヒースを中継ぎ要員として補充するため一旦登録抹消。

ウルフは年齢も年齢なのと、これからは暑くなってくるので登板間隔を空けるほうがいいのかもしれません。

登板即抹消、10日後再び登録で。

その代りの先発ピッチャーをどうするかという課題はありますが。

次週の展望

先週はセ・リーグの本拠地で3勝2敗とまずまずの結果でしたが、なぜか重たい敗北感が残っているのはなぜでしょう?

中継ぎですよね。

やはり牧田の穴は大きかったかな。

シュリッターの代わりはなんとかワグナーが務めてくれていますが、やはり7回が問題です。

牧田もアメリカで苦しんでいるようなので、いっそのこと帰ってくればいいのにと思ってしまいますが。

今週は交流戦首位の好調ヤクルトとの対戦。

激しい打ち合いになる予感がしますが、現状では接戦になって終盤を迎えないようしないといけません。

13日には昨年のドラ1今井が初登板初先発と話題もありますが、強力ヤクルト打線にどこまでやれるか。

もう少し打力が弱いところが相手でもよかったのでは?

まあ今井もいろいろあったので、汚名返上のピッチングを期待しています。

そして、中日との対戦では松坂も登板予定で、そのままのローテ通りにいけば金曜日に菊池と松坂の投げ合いになりそうで、これはワクワクします。

しかも舞台はメットライフドームですし。

また、中継ぎ陣再編へのメスが入りました。

ついに中継ぎの武隈と平井が降格し、ヒースと南川が昇格。

ヒースは外国人枠の兼ね合いもあるので、その他の外国人の起用法にも影響がありそうですね。

◆編集後記◆
巨人との交流戦はやっぱり特別な意識がありますね。
親が巨人ファンなこともあるのですが、やはり数々の日本シリーズでの激闘があったので変に意識してしまいます。
勝ち越したかったな〜。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら