【青の獅子標】福岡で打ち勝つ

連敗ストップ後の福岡でのソフトバンク3連戦。

連敗は止まったもののチーム状態はよくないので、今ソフトバンクと福岡で対戦するのはキツイものがあるのですが何とか2勝1敗と勝ち越し。打線ががんばりました。

スポンサーリンク

5月14日 VSソフトバンク 7回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 3 0 3 2 0 0 1 11
H 1 0 0 2 2 0 0 0 2 7

先発投手 L・髙橋光成 H・椎野

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、DH栗山、5中村、2森、9木村、4外崎。

試合経過

先制された直後の2回に外崎の5号3ランで逆転すると、3回には秋山、山川の連続ソロで5-1とリードを広げます。

西武先発の髙橋光成は4回にエラーをきっかけに2点を失うと、5回に中村剛也の6号3ランで追加点をもらいますが、5回にまたも2点を失い5回5失点でマウンドを降ります。

6回にソフトバンクのバッテリーミスで2点を追加すると、最後はマーティンが広げたピンチを増田が抑え、11-7で打撃戦を制しました。

雑感

勝つならこのパターンしかないなというゲーム。

点を取られた直後に点を取り、流れを相手に渡さないように打線ががんばりました。その要因としては4発のホームランもさることながら、やはり9番→1番の二人の5安打でしょう。

不振の二人としてやり玉に挙げられていましたが、ようやく仕事をしてくれました。特に外崎の3ランは一気にライオンズペースに持っていくきっかけになりましたね。

ソフトバンク戦は甲斐キャノンのおかげで機動力が使いにくいので、ランナーをためてドカンというのが大事なんですが、そのとおりとなりました。

そして髙橋光成。勝利投手にはなりましたが何かスッキリしません。もちろんエラー絡みでの失点があったんでかわいそうなところはありましたが、もう少しピンチで踏ん張りを見たかったかなと。5回の無死2・3塁のピンチを1失点に抑えていれば、まだ評価できたんですが。。

中継ぎは平井がまたも回跨ぎで2イニング。2イニング目は無死満塁のピンチで冷や汗モノでしたが、ここを無失点で切り抜けたところである程度勝負付が済みました(マーティンが盛り上げましたが^^;)。

平井はもうロングリリーフ要員なんでしょうね。これで連投をさせるもんだから夏場以降が怖い。

5月15日 VSソフトバンク 8回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 0 0 1 1 0 0 2 5
H 0 0 0 1 3 0 0 0 0 4

先発投手 L・本田 H・大竹

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、DH栗山、5中村、2森、9木村、4外崎。

試合経過

2回に山川の17号ソロで先制すると、デスパイネのソロで追いつかれた直後の5回に外崎の勝ち越しタイムリーで2-1とします。

ところが西武先発の本田は、勝ち越してもらった直後の5回に今宮のタイムリー2塁打で同点に追いつかれると、続くデスパイネにこの日2本目となる2ランを打たれ2-4と逆転されます。

しかし、打線は6回に山川のこの日2発目の18号ソロで1点差に迫ると、9回にはソフトバンク抑えの森から外崎が値千金の6号逆転2ランを放ち5-4と逆転。

最後は抑えの増田が締めて3連勝。2番手で3回無失点に抑えたルーキの森脇にプロ初勝利が転がり込みました。

雑感

試合の流れが二転三転したゲームでした。

ゲーム中盤は取っては取られの展開で5回に外崎のタイムリーで勝ち越し、なお無死1・2塁のチャンスで金子侑がバント失敗。まあ金子侑にバントを求めるのは難しいので打たせてもよかったのでは。足があるので併殺の可能性は少ないですしね。

バント失敗でこの回1点止まりになったことでソフトバンクへ流れが行ってしまいました。今宮の当たりを秋山が捕っていればスーパーキャッチでしたがそれを望むのは贅沢な話。やはり本田に踏ん張ってほしかった。

課題の中盤で被弾するというのが出てしまいました。デスパイネの2本目はあきらかに失投。森は低めに構えていましたが高めに浮いてしまいました。ただソフトバンク相手に5回4失点。4回までは安定していましたので他の先発陣のに比べればずいぶんマシです。

2番手の森脇の好投も光りました。この日子どもが生まれた山川の2本目のソロのあと、追加点をやらなかったことでまだイケるぞというムードが残っていましたね。価値のあるプロ初勝利です。

あとはリードしている展開でどういうピッチングをするか。楽しみです。

そして外崎の逆転2ラン。木村のバント失敗直後で悪い流れの中、よく打ちました。

この日も2安打3打点とすっかり復調。この2試合三振をしていないのがその証拠ですね。一時期は三振の山を築いていた外崎でしたが、もう大丈夫そう。相手の守護神を打ち砕いての逆転勝利。それもヤフオクドームで。もう最高。

5月16日 VSソフトバンク 9回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
H 0 0 0 1 0 0 1 3 X 5

先発投手 L・榎田 H・高橋礼

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、5中村、2森、DHメヒア、9木村、4外崎。

試合経過

4回にグラシアルのソロで先制されますが、5回に中村の7号ソロですぐさま同点に追いつき、ゲームは榎田と高橋礼の投手戦に。

1-1の同点で迎えた7回、榎田が甲斐に勝ち越しソロを打たれリードされると、8回には四死球絡みで満塁のピンチを招くとグラシアル、内川のタイムリーで3点を追加され1-5に。

打線はソフトバンク先発の高橋礼を打ち崩せず散発の5安打。連勝は3でストップしました。

雑感

やはり投手戦となると分が悪い。

榎田はよくがんばりました。これぞ先発という仕事ぶりでした。球数が少なかったので8回まで投げましたが、本来なら7回までで十分な投手。8回は仕方ないですね。

リリーフ陣も休ませることができました。といっても平井を使ってしまったのは気になりますが。点差がついた負けている展開で使う投手ではもうないですからね。

打線は今日はお休み。2番3番で無安打だとこうなりますよね。マルチ打ったのも0。そして築き上げたゴロの山。完全に高橋礼に手玉に取られました。

これで高橋礼の5勝のうち3勝を献上。ソフトバンク戦の敗戦のうち半分が高橋礼ですから、何か対策を立てないといけませんね。去年のCSでもやられていますし。

被打率は左よりも右のほうが高く、この日も5安打のうち4安打は右打者なので、キーになるのは意外と右打者か。

ここ数年、他球団は牧田と対戦する機会があったのでアンダースローにも慣れている部分があったか思うのですが、西武はアンダースローと対戦がほぼなかったので、そのあたりの影響もあるのかな?

まあ、今日の負けは仕方がない。高橋礼がよかったし、榎田もがんばったし、打線はこんなときもある。福岡で2勝1敗で勝ち越しなら御の字です。

次戦の展望

次カードは大阪に移動してオリックスとの3連戦。

オリックとは週末のカードばかりで登板する先発投手も毎回ほぼ同じ顔ぶれなんですよね。オリックは山岡、K-鈴木、そしてエップラーですか。アルバースがファームに落ちて代わりに上がってきた新外国人。初物というところが気になります。

そして西武の先発は多和田、今井、そしてドラ1の松本航。松本は日曜日の先発が予想されているので日曜日に観にいきたいのですが、別の用事があるので観にいくのは土曜日のゲームになりそうです。また今井とK−鈴木か。

◆編集後記◆
骨折した右手薬指。まだ関節が詰まった感じはあるものの、曲げの伸ばしができるようになりバットも振れるようになってきました。来週あたりには草野球にも復帰できそうです。

◆ラン日記◆
2019年5月16日 10.0km 52:46

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら