【青の獅子標】プロ初登板初先発初勝利!

先発投手の駒不足のなか、出遅れていた期待の即戦力ルーキーが待望の初登板。

これから巻き返すには先発投手の整備が欠かせない現状で希望の光となってくれるのか。

スポンサーリンク

5月17日 VSオリックス 7回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
L 0 0 1 2 2 0 0 0 0 2 7
B 0 0 0 3 0 0 2 0 0 0 5

先発投手 L・多和田 B・山岡

スタメン 8秋山、4外崎、6源田、3山川、2森、5中村、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

3回に外崎の犠飛で先制すると、4回には内野ゴロと木村のタイムリーで3-0とリード広げます。

西武先発の多和田、3回までは無安打ピッチングも4回に大城のタイムリーと吉田正尚の2ランで一気に同点に追いつかれます。

5回に山川の19号2ランで再び2点を勝ち越しますが、7回にマレーロに2ランを浴び再び5-5の同点となり延長戦に。

延長10回森の犠飛で勝ち越すと中村にも8号ソロが飛び出し2点をリードをすると、最後はヒースが締めて7−5で勝利しました。

雑感

いつもの打ち勝つ勝ちパターン。

この日は秋山を1番、源田を3番に据えるオーダーにまた戻してきました。その秋山が3安打と1番の役割を果たし、源田も打点こそはないものの5回の山川の勝ち越し2ランにつながる安打と10回の決勝点となる安打を放ち、つなぎの3番としての役割を果たしました。

延長10回に森の勝ち越し犠飛が決勝点になりましたが、やはり大きかったのはその直後の中村のソロ。次の回はクリンナップに回り1点では心許ないところでの大きな追加点でした。

そして先発の多和田。この日も3回までは無安打投球でしたが、今季の多和田を象徴するように中盤に突然崩れるパターン。

4回に追いつかれたところは早いカウントから狙われてあっという間に同点。リードをもらってしまうと守りに入るのか、同じようなパターンが続いています。打線の援護がまったくないわけではなく、むしろ援護点は多いほうだと思うのですが。

多和田に勝ちがついてこないとこのまま5割前後をさまよいますね。

5月18日 VSオリックス 8回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 0 0 0 0 0 0 1
B 0 0 0 2 0 0 0 0 X 2

先発投手 L・今井 B・K−鈴木

スタメン 8秋山、4外崎、6源田、3山川、2森、DH栗山、9木村、5山野辺、7金子侑。

試合経過

初回にオリックス先発のK-鈴木から森のタイムリーで1点を先制。

一方、西武先発の今井は3回に1死満塁のピンチを切り抜けるなど好投しますが、4回に2死2・3塁から打ち取った三ゴロをサード山野辺が痛恨の悪送球。1-2と逆転を許します。

打線はK-鈴木をとらえられず、オリックスリリーフ陣の前にも沈黙。結局エラーによる失点が決勝点になり、1-2で敗れました。

雑感

前回の京セラドームでも今井とK−鈴木の投げ合いとなりましたが、この日も同じような展開に。

K−鈴木は立ち上がりの制球に問題があるので、攻略するならば序盤でしたが、取れたのは森のタイムリーによる1点のみ。前回もそうでしたがチャンスは作れるんですよね、ただあと1本が出ない。。

前回はK−鈴木のあとの近藤と山崎福也の四球祭りで逆転することができましたが、今回の近藤は通常運転でした。個人的には登場曲にTUBEを使ってくれているのでライオンズ戦以外でがんばってくれたらいいのですが。

さあ、そしてやらかしてしまった山野辺。この日は中村が休養日ということでのスタメン起用でしたがエラーが2つ。決勝点となった悪送球の前にも3回の満塁のピンチでの送球が怪しかったので、ひょっとしたらそのことが頭をよぎったのかもしれません。

捕るとこまでは上手かったんですよ。タイミング的にはまだ余裕があったんですけど慌ててしまったんでしょうか。まあ新人で慣れないサードということもあるので責められません。これで萎縮してしまうとイップスになってしまうこともありますから思い切ってやってくれたらいいです。

まあ、いつもサード守っている人も2年前にこの球場でサヨナラ悪送球をやらかしてますからね。中村だったらどうかともいえません。むしろ捕れてないかもしれませんしね(だったら1失点で済んだか)。

前回は棚ぼたで勝たせてもらったところがあるので、今回は仕方ないですね。

5月19日 VSオリックス 9回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 1 2 0 0 4 2 0 9
B 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3

先発投手 L・松本航 B・エップラー

スタメン 8秋山、4外崎、6源田、3山川、2森、5中村、DH栗山、9木村、7金子侑。

試合経過

3回にオリックス先発のエップラーから外崎のタイムリーで先制すると、4回には栗山と木村の連続タイムリーで2点を追加し3-0とリードを広げます。

西武の先発はドラ1の松本航。4回までは打たせて取るピッチングで1安打に抑えますが、4回に1死2・3塁のピンチに小田のタイムリーでプロ初失点を喫すると、中川にも犠飛を打たれ3−2と1点差に迫られます。

追加点がほしいところで7回に森の6号グランドスラムで7-2とリードを広げると、8回には外崎にも7号2ランが飛び出し9-2と試合を決定づけます。

最終回に4番手南川の乱調で1点を失いますが、最後は佐野が締めて結局9−3で勝利し、松本航がプロ初登板初先発で初勝利を飾りました。

雑感

肺炎で出遅れていた期待の即戦力ルーキーが結果を出してくれました。

ボールにすごい迫力があるというタイプではないですが、低めにボールを集めて制球のいい投手という印象。打ち取った内容もゴロが多かったので三振を取るタイプではなく打たせて取るタイプですね。

5回80球で降板したので球数的にはもう少し投げられたような気がしますが、5回に捕まり始めたのと、次の日は移動日で中継ぎもドンドン投入できるということで早めに降板したのでしょう。

打つ方は1番の秋山が4安打でついに打率を3割に乗せました。しかも1打席は四球と5打席全部出塁したことが大きかった。秋山はもう心配ないですね。

また2番の外崎も2安打3打点、9番の金子侑も2安打と活躍し、9・1・2番が機能したことで源田が無安打でも打線がつながり、森のグランドスラムで完結。

投打に光が見えた好ゲームでした。

次カードの展望

次カードは沖縄でのソフトバンクとの2連戦。ひと足早く夏場のメットライフドームを体験といったところでしょうか。

第1戦の予告先発がもう出ていますが、ソフトバンクの先発は東浜と大竹ですかね。

西武の先発は初戦がなんと十亀?!ソフトバンク相手に十亀とは何か秘策でもあるのか?
松田がよだれを垂らしている姿が目に浮かぶ。。

2戦目は髙橋光成かもしくは中5日で榎田ですかね。

ソフトバンクを抜け出させないためにも大事な2連戦になりますね。

◆編集後記◆
土曜日のゲームを京セラドームに観にいきたかったのですが、娘がNHKに「コッシーの絆創膏を買いに行きたい!」ということで断念。結果的には負けたので観に行かなくてよかったんですが。。
代わりに来月の甲子園での交流戦でも観にいきますかねぇ。

◆ラン日記◆
2019年5月17日 10.0km 55:17
2019年5月19日 10.0km 53:23
最近は夕方ではなく、こどもを寝かせてから22時くらいに走ることが多くなってきたのですが、朝早めに起きているのでこの時間に走るのが結構キツイです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら