【青の獅子標】痛恨のグラスラ。。

交流戦2カード目は横浜DeNA戦。

セ・リーグの本拠地開催のため映像でほとんど確認できておりませんが、一球速報やテキスト速報で想像力を膨らましながら書きました。

なのでとんちんかんなこと書いててもお許しを。

スポンサーリンク

6月7日 VS横浜DeNA 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 2 1 0 2 1 0 6
De 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

先発投手 L・髙橋光成 De・今永

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、5中村、2岡田、7金子侑、9愛斗、1髙橋光成。

試合経過

4回にDeNA先発の今永から外崎のタイムリー2塁打と金子侑の犠飛で2点を先制しますが、その裏、西武先発の髙橋光成の暴投と伊藤光の犠飛ですぐに同点に追いつかれます。

しかし直後の5回に先制タイムリーの外崎が勝ち越しの12号ソロを放つと7回にもタイムリー2塁打を放ちリードを広げ、その後中村にもタイムリーが生まれ5−2に。

8回に秋山のタイムリーでダメを押すと、投げては髙橋光成が7回被安打3、失点2の好投で自己最多の6勝目を飾りました。

雑感

防御率1点台の今永が先発ということで苦しいゲーム展開を予想していましたが、投打にかみあった好ゲームとなりました。

先発の髙橋光成。4回はどうなることか思いましたが乱れたのはその回だけ。序盤は打たせて取ると終盤は三振を奪うピッチングとギアを入れ替えた印象。このところシーズン序盤の安定感が出て頼もしい限り。

今永相手にヒケをとならないピッチングでした。

打つ方はもちろん外崎。5打数3安打3打点でまさに今永キラー。他の打者が三振の山を築く中でよっぽど相性がよかったんでしょうね。山川がブレーキでしたが十分カバーしてくれました。

森が広島戦でのケガのため大事をとってお休みで打線の厚みが心配されましたが、不在を感じさせない外崎の活躍が光ったゲームでした。

6月8日 VS横浜DeNA 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3
De 0 3 1 0 1 0 0 2 X 7

先発投手 L・榎田 De・井納

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、5中村、7栗山、2森、9金子侑、1榎田。

試合経過

初回に中村のタイムリーで幸先よく2点を先制しますが、西武先発の榎田が2回に1点差に迫られるとピッチャーの井納に同点タイムリー、桑原に勝ち越しタイムリーを打たれ逆転されます。

3回にも筒香の1発で1点を失いここで榎田がKO。打線はその後立ち直った井納の前に沈黙し、8回にパットンから中村がこの日3打点目となるタイムリーで2点差に迫りますが、その裏にマーティンが宮崎のタイムリーと押し出しで2点を失い勝負あり。結局3-7で敗れました。

雑感

初回に2点を先制と前日の勢いのままに主導権を握ったのですが、榎田が前回に続き背信投球。やはり前回登板のあと一度下に落とすべきでしたね。

問題は2回。無死2・3塁のピンチで内野ゴロの間に1点は失ったものの2死までこぎつけてピッチャーの井納に同点タイムリー。もうここでこのゲームの流れがDeNAに行ってしまった感じがします。

2死までいってピッチャーにタイムリー打たれるとガックリ感がハンパない。辻監督もおカンムリでしたね。結局このゲームのあと榎田の降格が決まり代役は本田だそうで。

打つ方は外崎が前日に続いて3安打猛打賞。中村も3安打3打点とこの2人が気を吐きましたが、それ以外は秋山の1安打のみとつながりませんでした。特に山川がこの日も無安打と研究されているのかな?

投打に完敗のゲームでした。。

この日はパ・リーグの中でもひとり負けで余計に重たい敗戦となりました。

6月9日 VS横浜DeNA 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 2 0 1 0 1 0 4
De 1 0 0 0 1 0 0 4 X 6

先発投手 L・松本航 De・上茶谷

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、7栗山、9金子侑、1松本航。

試合経過

西武の先発はドラ1の松本航。初回に宮崎のタイムリーで先制されるなど立ち上がりはピンチが続きましたが4回まで1失点にまとめます。

打線はDeNA先発のこちらもドラ1の上茶谷を4回にようやくとらえ、中村・栗山の連続タイムリー2塁打で2-1と逆転。

松本航は勝投手の権利目前の5回に無死満塁のピンチを迎えますが、ここを宮崎の犠飛による1点のみに抑え踏んばると、直後の6回に松本航の代打メヒアの犠飛で勝ち越しリードを奪うと、8回にも代打岡田のタイムリーで4-2とリードを広げます。

勝ちパターンの継投に入りましたが、8回に3番手ヒースが2死満塁からこれまた代打の楠本に痛恨のグランドスラムを打たれ4-6と一気にひっくり返されると、9回は反撃もできず痛い連敗を喫しました。

雑感

痛恨とはまさにこのこと。。

勝利目前でまさかのグラスラ。それも打った楠本にとってはプロ初ホームランがグラスラというZOZOマリンでの惨劇を思い出させる展開でした(ちょうど1週間前ですよね^^;)。

ヒースは2死までとっていたのになんであそこから満塁に。。やっぱり四球なんですよね。2点あるんだからそんなに慎重にならなくてもというところですが。

打線も4点は取りましたが、5回、7回と無死で走者をだして無得点だったのがあとあと響きました。ここで1点でも取っていればまた違った展開になっていたでしょうし。やはり4番の山川がこの3連戦無安打だったのが響きましたね。

平井を2イニング投げさせるという執念の継投でしたが実らず。あとになってあのとき勝ってたらなという敗戦にならないことを祈るばかり。

次カードの展望

映像が見れず文字情報だけで想像しながら書きましたが、書いててつらくなりました。特に3戦目は勝利目前でしたから。。

アイキャッチ画像も困るんですよね。去年は何にしてたかな?

さて次は本拠地での巨人戦です。銀さんとの対戦が楽しみでもあり、恐ろしくもあるのですが(たぶん細川のせい)。

野上、ナカジは下ですかね。

先発は今井、十亀、郭俊麟と思っていたら今井が発熱で回避。代わって佐野が先発とな。いきなり非常事態ですね。こういうときの代役が2軍の先発候補ではなく1軍の中継ぎというところが現状をあらわしていますね^^;

対する巨人は今村、田口、桜井でしょうか。最近相手チームの先発予想が当たんないッス。

最低でも2勝1敗でお願いします!

◆編集後記◆
3月決算が終了したものの後回しにしていた業務に追われるという毎年恒例の悪循環にはまっています^^;

◆ラン日記◆
2019年6月10日 10.0km 53:16
今日は朝ランをしようと思ったら雨で昼ランに。涼しかったのでこういうこともできましたが、これから暑くなってくるとこういう切り替えは難しくなりますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら