【先週のライオンズ】ギリギリ間に合ったウィニングボール

先々週、森慎二コーチが急逝されてから勝てない状態が続きました。

森コーチの告別式にウイニングボールを届けるためには、7月3日の試合がラストチャンス。

果たして、ウイニングボールは間に合ったのか。

スポンサーリンク

2017年7月3日〜7月6日 対日本ハム戦

7月3日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 1 3 0 0 1 1 0 5 11
F 2 0 0 1 0 0 1 0 0 4

7月4日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 2 1 1 0 0 0 0 0 0 4
F 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

7月6日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 4 0 0 3 0 0 0 7
F 0 1 2 1 1 0 0 1 0 6

変則的な日程で、月・火曜日に東京ドームで、一日おいて木曜日に札幌での日本ハムとの対戦でした。

森コーチの告別式は7月4日に東京で行われましたので、3日の試合に勝てばウイニングボールは間に合います。

普段は試合のない月曜日に試合があること、日本ハムの主催試合ながら東京ドームでゲームがあることなど、何かのめぐり合わせか、1軍選手全員が告別式に参列できて、しかも森コーチにウイニングボールを直接届けることができるチャンスを、野球の神様に与えられたような気がします。

普段の日程なら、日曜日のゲームで負けた時点でアウトでしたからね。

選手もいつも以上に気持ちが入っていたようで、先制されるもおかわり中村の2本のホームランなどで逆転し、9回には全員攻撃で、一挙5点を取り快勝となりました。

中村がヒーローインタビューでも「負けて明日を迎えたくなかったから」と少し目を潤ませながら答えていたのが印象的でした。

そして翌日の告別式には、ウィニングボールが棺に入れられ、中村のホームランボールがご遺族に渡されたそうです。

ひとつ勝つと肩の荷がおりたのか、そのあとの2戦目、3戦目も勝って3連勝。

2戦目先発の野上は、その日の先発ながら昼間の告別式に出たうえでの6回2安打1失点での好投で、森コーチに勝利を捧げることができました。

野上もヒーローインタビューで目が潤んでいたように見えましたが、インタビュー後は笑顔で森コーチのユニフォームを掲げて勝利の報告をしていました。

3戦目の先発は、新外国人のファイフでした。

ウルフのように球を動かして打ち取るタイプらしいですが、この日は球数も多く苦しいピッチングでした。

ただ、今回で見限られる内容でもなく、あと2、3回は見てみたいなと個人的には思いました。

今年は、日本ハムにはこれで11勝2敗とかなりのお得意様になっています。

よく考えたら、パ・リーグ相手で勝ち越しているのは、日本ハムとロッテだけですから、今3位にいるのも日本ハムとロッテのおかげであって、今の順位に満足してはいけません。

他からも勝たないと先行きが少し不安です。

2017年7月7日〜7月9日 対楽天戦

7月7日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 2 0 0 3 0 0 0 5
E 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

7月8日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2
E 0 2 0 0 0 0 0 2 X 4

7月9日

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4
E 2 0 2 0 0 0 1 0 X 5

1戦目はエース菊池が、ここ2戦の鬱憤を晴らすかの快投で、しかも志願しての9回140球の見事な完封でした。

苦手の辛島を攻略しての勝利で、日本ハム戦からの勢いそのままのゲームでした。

が、それもここまでで、2戦目、3戦目はしょっぱいゲームになってしまいました。

まあ、2戦目の楽天先発の美馬は、今年は絶好調でなかなか打てませんね。

この試合もまったく手が出ず、脚がつったとのことで6回で降板してくれましたが、完封されそうな勢いでした。

敗色濃厚のなか、1軍に上がったばかりの山川が8回にハーマンから放った代打同点2ランがキラリと光りました。

同点に追いついて色気づいたのも束の間、8回裏に守備の乱れで再びリードされました。

この回から替わったシュリッターが先頭に四球のあと、炭谷のバント処理の送球が遅れます。

映像で観たときは「何で投げへんねん」と思いましたが、シュリッターが送球のコースに入っていたのにしゃがんでいなかったので、送球が遅れたのことです(シュリッターデカイからね〜)。

これだけにとどまらす、シュリッター自身が、バント処理をミスして、ピンチ拡大。

あとはいうまでもありません。。

3戦目はこのところ勝てていないウルフが先発。

ひところの安定感が揺らいできました。

この日も初回にメヒアの3ランなどで4点もらいながらも、2点を返されます(エラーが絡んでしまったのでチョットかわいそうでしたが)。

その後4−4の同点に追いつかれるも、なんとか踏ん張りましたが、この日は打線がゲッツー祭りに^^;

初回こそ4点取りましたが、その後、1死1・3塁が2度、1死満塁が1度あるものの、全部ゲッツーで無得点。

特に7回は、今シーズン自責点0の福山から作ったチャンスだったのですが、中村がはかったようにゲッツーと。

こうなるとゲームの流れは楽天に傾いていきますよね。

7回裏に武隈が打たれて4−5で敗れてしまいました。。

2戦目はもともと負けゲームだったのを一旦追いついたので、それほどショックはないですが、3戦目は初回に4点先取しているのですから、これは勝たないといけないゲームでした。

ただ、山川の一発は明るい材料で、後半戦は彼に期待したいところです(チャンスを与えて欲しい)。

先週のまとめと今週の展望

今週は、首位楽天には1勝2敗と負け越しましたが、トータルでは4勝2敗と数字上は十分でした。

ただ、やっぱり上位チームには勝ち越さないと、どんどん差が広がっていってしまいます。

楽天との日曜日の試合は、チャンスであと一本でていれば勝っていたかもしれませんし、紙一重のところでしたが、ここが今の楽天と西武の順位の差なんだろうなと、ガックリ来てしまいました。

今週は、また月曜日に試合があり、先週の木曜日から7連戦と前半戦の山場となっています。

幸い、勝ちパターンのリリーフ陣を酷使する状況にはなっていないので、あと千葉ロッテとの3連戦は総動員で勝ちに行って欲しいところです。

西武の先発予想は、多和田、岡本洋介、野上、でしょうか。

対する千葉ロッテは、スタンリッジ、二木、チェンかな?

◆編集後記◆
早起きしての早朝ランがなかなか実行できない(起きられない?)ので、夕方ランをしてみようかと検討中です。夕方でも熱中症には気をつけねばなりませんが。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら