噂の”ハードルが高いラーメン屋さん”!天日塩ラーメンべらしお福祉店の炙りちゃーしゅーめん

べらしお福祉店

毎日放送で夕方に放映しているニュース番組「VOICE」で紹介されていた”ハードルが高いラーメン屋さん”に行ってきました。

スポンサーリンク

何のハードルが高い?

ハードルというのは営業時間で、このお店の営業時間は平日午前11:30〜午後1:30までの2時間だけなのです。

食べログの口コミでも有給休暇を使って食べに来た人もいるぐらいで、なかなか食べに行こうと思っても予定が合わないと難しくらいの”ハードルの高さ”があります。

私の場合、比較的事務所から近いこととひとり仕事のため融通が利きますので、ハードルはそんなに高くありませんでしたが、そうでなければ確かにハードルが高いです。

そのお店は「べらしお福祉店」というお店で、大阪市住吉区にある住吉総合福祉センターという福祉施設の中にあります。べらしお福祉店地図

べらしお福祉店外観

福祉センターに通所する障がい者の方の職業訓練の支援として、天日塩ラーメンべらしおの株式会社べらしおフードがプロデュースしているお店で、通所者の方がスープ作りからチャーシューの煮込み、野菜の下準備をしているそうです。

仕込みができるのが福祉センターが開いている平日昼間のみのため、営業時間が平日の昼間2時間となっています。

ただ、メニューには14時ごろまで注文できますと書いてありますので、13:30を多少過ぎても大丈夫なようです。
べらしお福祉店メニュー

月曜日は、前日が日曜日ということでスープの仕込みができないため、ラーメンはなく、まぜそばだけになります。

炙りちゃーしゅーめんと醤油炙り丼

今回いただいたのは、炙りちゃーしゅーめんの塩と醤油炙り丼がセットになった丼セットです。

炙りちゃーしゅーめんはこのお店のイチオシです。炙りちゃーしゅーめん

透き通ったスープが特徴的ですね。
aburi_cyasyumen_soup

麺はツルッとした食感でスルスルと口に入っていきます。
炙りちゃーしゅーめんの麺

醤油炙り丼は甘辛醤油ダレがかかっていて食欲をそそります。
醤油炙り丼

中まで醤油ダレが染み込んでいて一体感がありました。
醤油炙り丼の中

2つとも美味しく完食しました。
べらしお福祉店完食

まとめ

炙りちゃーしゅーめんの塩は、さっぱりしていてスープと麺のバランスもよく、また食べたくなる味で、手間暇をかけている感じがしました。

醤油炙り丼はチャーシューと白ごはんとタレの絡みがよく、一気にかきこみたくなる美味しさです。

この味でいながらお値段もお手頃で、今回の丼セットは税込1,000円でしたが、ノーマルの塩らーめんや醤油らーめんなら税込500円です。
この丼セットだと750円でお腹一杯になりますから、コスパも抜群です。

店内はテーブル席がメインでゆったりしていますし、従業員さんが一生懸命に接客してくれるところもいいですね。

うちの事務所からだと自転車で15分くらいなので、今度は月曜日限定のまぜそばも食べにいてみようかと思っています。

食べログ べらしお福祉店

毎日放送VOICE2016年12月7日放送 絶品!日本一ハードルの高いラーメン屋!?営業時間平日2時間の理由は…

◆編集後記◆
今回のように営業時間が限られているお店に思いたったらすぐ行けるのも、ひとり仕事のメリットの一つですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら