【青の獅子標】エース対決は予想外の展開に

めずらしく長袖

昨年のCSファーストステージで初戦を取りながらも逆転負けをした因縁の楽天戦。

初戦はエース対決となり投手戦が予想されましたが、予想外にいきなりの打ち合いとなりました。

スポンサーリンク

4月13日 VS東北楽天イーグルス 1回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 5 1 0 0 0 0 0 1 7
E 3 0 0 0 0 2 0 0 0 5

先発投手 西武・菊池 楽天・則本

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、DH森、9外崎、5中村、2炭谷、7金子侑。

昨年は楽天から勝ちまくった菊池。

8戦8勝にCSの初戦でも勝ちました。

相手が則本とはいえ菊池ならと思っていましたが、いきなり1死も取れずに3失点。

皮肉にも昨年までのチームメイトの渡辺直人にもタイムリーを打たれ、ペゲーロに2ラン。

楽天も研究してきてるんでしょうか?

早めのカウントで打ってきていますね。

雄星攻略には追い込まれる前にということでしょうか。

それとも今年の菊池は勝ててはいるものの絶好調とまではいかないからなのか。

ただ、今年はお得意の集中打があります。

相手が則本でも。

2回表。先頭の山川が3球目の甘い球をバックスクリーンへ。反撃開始。

森は初球、外崎は2球目と早いカウントから打って続き、中村は。。粘ったんですけど三振。なかなか状態が上がって来ないですね。

ただ、ここに今は打てる捕手がいます。炭谷銀仁朗。

炭谷も初球を打って左中間を破る2塁打で同点に。

マスクを被らない日でもDHで入るとかありかも(そうすると逆に打てなくなるもので)。

金子侑が四球のあと秋山三振も、源田がこれまた初球を叩いてライトオーバーの2塁打で5−3と逆転。

この回一挙5点入りましたが、早いカウントから積極的に打っていったのが効きました。

援護をもらった菊池はその裏。自らのエラーで無死3塁のピンチはありましたが、これを無失点で切り抜けると、3回からは長袖のアンダーシャツに。

この時期の仙台はまだ寒いようで、さすがの菊池も手がかじかんだようで、長袖に着替えました。

これで落ち着いたのか5回までは0に。

ところが6回。1死2・3塁のピンチを迎えて、今江にライトに2点タイムリーを打たれ1点差に。

見た感じは球が走っていないという感じはなかったんですが、躍動感がイマイチなかった感じはします。

結局、菊池はこの回でマウンドを降りて、その後、平井、野田、武隈、増田と勝ちパタ−ンのリレーで抑えて7-5で勝利。

勝つには勝ったんですが、菊池の状態がイマイチでしたね。

寒さもあったとは思いますが、東北出身ですしね。

菊池と則本の投げ合いでこんなスコアになるとは予想外でした。

4月14日 VS東北楽天イーグルス 2回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 1 0 2 0 0 0 1 0 1 5
E 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

先発投手 西武・多和田 楽天・美馬

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、2森、5外崎、DH栗山、7松井、9金子侑。

ついに中村がスタメンから外れました。

辻監督はもともと休ませる日だったとは言っていましたが。

中村がスタメンから外れた代わりに、栗山と松井が揃ってスタメンに。

これはこれで楽しみですが。

先発の多和田は例年はスロースターターなんですが、ここまで開幕から2連勝中。

今回は屋外の球場ということで花粉症の影響が心配ですが、前回もメットライフドームですから屋外みたいなもんです。周りも自然いっぱいですしね。

初回、先頭の秋山がいきなりのホームランで1-0と先制。

前日4三振だったので状態が心配だったのですが、最初の打席で払拭します。

しかし、今年の秋山は例年よりも三振が多いような気がしますね。

先発の多和田はこの試合も安定していました。

この日はスライダーが曲がりすぎたようで、フォークに切り替え、走っていたストレートとの組み合わせで、打たせて取るピッチング。

ゴロアウトが14個と半分以上ありました。

そのため球数も少なく、チーム最初の完投勝利となりました。

森との息も合っているんでしょうね。

菊池についでに開幕から3連勝ですが、内容は菊池よりも安定しています。

菊池と多和田がカードの頭と2戦目にくれば、そのカードを勝ち越す可能性は高くなるので、この二人が並んでいると強力です。

オープン戦の出来からしたら、ローテに入るのは多和田じゃなくて高木勇人だろと思っていましたが、辻監督さすがです。

打線も3回に四死球3つでもらった満塁のチャンスで、森が2点タイムリーで3−0。

7回には源田のタイムリー3ベース(レフトの岡島が見失ってくれた)、9回には木村が今シーズン初安打となる3塁打で出ると、金子侑の犠牲フライで着々とリードを広げます。

多和田は9回を完投して112球と球数も少なく、申し分ない内容でした。

菊池が本調子でない今、菊池のあとに多和田がいるのは心強い。

4月15日 VS東北楽天イーグルス 3回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 1 0 4 0 1 6
E 8 0 1 2 0 0 0 1 X 12

先発投手 西武・ウルフ 楽天・池田

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、DH森、9外崎、7栗山、2炭谷、7金子侑。

中村が2戦続けてスタメンから外れました。前日は休養日ということでしたが。。

うーん。この試合は初回で終わってしまいました。

ウルフがどうしたんでしょうか?

先頭打者の島内を打ち取って幸先良いスタートかと思いきや、そのあとのアウトが取れず。

しかも途中でヒジに違和感が出て降板してしまいました。。。

外崎のエラーが痛かったかな。あそこでゲッツーを取れていれば3点で止まっていましたから、また違った展開になっていたかもしれません。

ただウルフの降板の理由が打たれすぎて投げるのが嫌になったのか、本当にヒジを痛めたのかはわかりませんが、今日は調子がよくなかったんでしょうね。

初回で8失点。私はこの段階でLIVEで観るのをやめてしまいました。

楽天とはアホみたいな打ち合いになることも多いので、1球速報でたまに結果をチラ見していましたが、4回終わって0−11。。

大敗のゲームですが、明るい材料もあります。

打線はいたって元気で、楽天の15安打に負けじと14安打(点差は倍ですが)。

山川にホームランが出ましたし。

楽天とはしばらく週末にあたることが多く、同じ投手との対戦が予想されます。

プロ初勝利は献上しましたが、池田からは5点取っていますので、負けたとはいえイヤな印象は与えているはず。

次戦以降につながります。

最終回も抑えの松井裕樹から1点取って、満塁のチャンスもつくりました。

松井裕樹は今シーズンは毎回点を取られているので、昨年までの松井裕樹ではないのかもしれませんが。

この日見た限りではコントロールに苦労していましたね。

制球に苦労して、ストライクを取りにいった甘い球を痛打される。

何が原因なのでしょうか?

また、こういう試合なんで主力を適度に休ませて、あまり出場機会のない選手を使ったりできます。

高木勇人がこの日は4イニング投げました。

アマダーに2ランは打たれましたが、その後は抑えています。

ウルフの次回登板は怪しいので、来週の日曜日に高木勇人を先発使う意味もあっての4イニングなのかもしれません。

中継ぎではイマイチだったので、先発の方が合っているのではと個人的には思っています。

そして昇格してきた中塚も試すことができました。

球速は出ていましたが、コントロールがもう少し。

ある程度場数をこなして使えるようになってくれれば。速球は魅力ですからね。

負けはしましたが、3連戦を2勝1敗と勝ち越したのでまあよしとしましょう。

今週の展望

先週は開幕からの連勝が8で止まるものの3勝3敗で終え、対戦がひと周りしたところでトータル11勝3敗は上出来です。

ただ、しょうもないミスが出始めているのとウルフの状態が気がかりですね。

気を引き締めていかないと、3ゲーム差なんてあっという間ですから。

今週はライオンズクラシックで、日本ハムと東京ドームでの対戦。

2004年から2008年まで使われたホーム用にユニフォームがもらえるそうで、関東在住のファンが羨ましいです。

大阪にいてもこういうのないですからね〜(敵チームのはありますが欲しくないので)。

関西初見参の試合でも着用されるようなので楽しみですが、京セラドームでもせめて販売だけでもしてくれたらいいのですが。

日本ハム戦のあとは、前回負け越した千葉ロッテ。

先発は前回と違う投手同士の組み合わせになりますので、また違った展開になるかと。

◆編集後記◆
開幕から連勝が続いたこともあり、調子に乗って毎試合のゲームレポートを書いてきましたが、連勝も止まりましたし、他のネタを書かないといけないので、これからは昨年のように週に1回のペースで書いていきます。
今後もよろしくお付き合いをいただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら