打席数が豊富!ひたすら打ち込むならマグスミノエのバッティングセンター

7月から草野球チームに加入することになって、毎週土曜日の早朝に2時間ほど心地よい汗を流しています。

それ以来、試合の前日にバッティングセンターに行くことが習慣になりました。

スポンサーリンク

バッティングセンターは昔よりも減っている?

ただ、毎週が試合で練習がないため、昔の勘を取り戻すのに時間がかかっています。

守備はひとりでは練習できませんが、バッティングならバッティングセンターに行けば練習できるということで、バッティングセンターに行くようになったのですが、バッティングセンターって昔よりも減っているんでしょうか?

阿倍野にも昔はバッティングセンターがあったらしいですが今はないようで。。

自宅から比較的近いバッティングセンターに行ったのですが、店主のやる気のなさ(回数カードを買わなかったからかな?)にゲンナリしてしまい、そこはもう行く気がせず、別の所を探すことにしました。

少し範囲を広げて調べてみると、住之江にわりと規模が大きめのバッティングセンターがあるようなので行ってみることにしました。

マグスミノエ

そのバッティングセンターはマグスミノエという施設の中にあります。

場所は、大阪市営地下鉄四つ橋線の住之江公園駅からすぐのところにあります。

すぐ隣には住之江の競艇場があります。

マグスミノエにはバッティングセンター以外にも、ボウリングやカラオケ、ゲームセンターがあり、周辺にも天然露天温泉、ゴルフの打ちっ放し、フットサルコートなどもあり、色々楽しめます。

そのほか、CoCo壱番屋、ガスト、サイゼリヤといって飲食店もあります。

マグスミノエ

私の自宅から住之江までは市バス1本で行けますので、それほど遠くはありません(だいたい片道30分です)。

また、大阪市営バスはPiTaPaを使えば、1本目のバスを降りてから次のバスに乗り継ぐ場合、最初のバスを降りてから90分以内に2本目のバスを降りれば、1回分の運賃の210円で乗れます。

なので、私はこの制度を利用するために、1本目のバスを降りた後、バッティングセンターで40分ほど滞在してから帰りのバスに乗り、行きのバスを降りてから90分以内に帰りのバスを降りるようにしているので、往復210円で利用できています。

セコい話になってしまいました。。

まあ、自転車でも行ける距離ですので、涼しくなってきましたし、これからは自転車で行こうと思っています。

その方が、バスの待ち時間がなくてムダがないんですよね(この路線のバスの本数は少ないんです)。

マグスミノエのバッティングセンター

バッティングセンターはマグスミノエの4階にあります。

4階に上がると券売機がありますので、ここでカードを購入します。

1回25球で400円と、1回だけの利用でしたら少し高いですが

3,100円で12回使える回数券なら1球あたり10円強ですので、町のバッティングセンターと遜色ありません。

私は毎週利用しているので、この12回券を買っています。

打席は8席あり、そのうち5打席では左打ちも可能です。

私は左うちわ左打ちなんですが、昔からバッティングセンターでは打席数の少なさに肩身の狭い思いをしていました。

だいたい1打席か2打席しかないんですよね。

ここは5打席もあり、しかも、球速も豊富で助かります。

球速は打席にもよりますが、80km/hから150km/hまであり、私はだいたい120km/hで目を慣らしてから130km/hを打ったりしています。

打席の感じはこんな感じで、昔ながらのアーム式ではなく映像タイプのものなのでタイミングは取りやすいです。

そしてせっかくなので150km/hを体験してきました。

80km/hから150km/hまで設定できます。

150km/hなんて当たらんやろうなぁと思っていましたが、意外とバットに当たります。

球速が速いのでレフト方向への打球が多かったですが、ここの打席のバットが軽かったのもあり、空振りはほとんどなかったです。

う〜ん、これは150km/hは出てないかもしれませんね^^;

それでも一度はこの速度を体験してみることをオススメします。

やっぱり速いのは速いですからね。

また、ここのバッティングセンターでは備え付けのバット以外に、カウンターの壁に展示している市販のバットを借りることもできますので、備え付けのバットが不満なら借りてみましょう。

まとめ

マグスミノエのバッティングセンターは、打席数が豊富な上にそれほど混んでいませんので、待たされることも少ないと思います。

私は平日の昼間に仕事のスキマ時間を見つけていっていますので、ほぼ貸し切り状態ですが、お盆休みにいったときでもそれほど混んでいませんでした。

普通のバッティングセンターなら1回20球が相場ですが、ここは1回25球と多く、また、1600円で平日なら30分、土日祝なら20分打ち放題というのもありますので、集中してひたすら打ち込みたい方にもオススメです。

◆編集後記◆
最近は金曜日にバッティングセンターに行って、土曜日に草野球というルーティンができあがり、週末の楽しみがひとつできました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら