大谷には打たれたものの開幕カード勝ち越し!今年の戦い方が見えた3連戦でした

今年の開幕カードは、昨年のチャンピオンチームの北海道日本ハムでしたが、敵地でいい感じで2勝1敗と勝ち越すことができました。

今年はこういう戦い方をするよ!という姿勢が見えて、まだ3試合ながらも今後に期待を抱かせるような内容でした。

スポンサーリンク

2017年3月1日〜4月2日 対北海道日本ハム3連戦

3月31日 北海道日本ハム1−8埼玉西武

この試合はライオンズが2回に先制しましたが、この点の取り方が実に泥臭い点の取り方で、四球のあと2塁打でチャンスメイクをしたあとに、相手のフィルダースチョイスと内野ゴロで、ランナーを返しました。

もちろん相手のミスもあったのですが、そういったミスに付け込めて、この回わずか1安打で2点を取るという、昨年までなら逆にこういう点の取られ方をしていたのがライオンズだったのです。

炭谷は内野ゴロもエンドランをかけていたので、ゲッツーを避けて最悪でも1点は取るぞという感じでした。

こういう泥臭い点の取り方をするのが、今年のライオンズが目指す野球なんだと感じましたね。

また、この試合は守備でも好守連発で、先発の菊池を盛り立てました。

特に3回裏は、ランナー1塁から大谷に長打を打たれますが、ライト木村文→セカンド浅村→キャッチャー炭谷への中継プレーで足の速い西川を刺しました。

終わってみれば、9安打ながらも相手のエラーにも助けられ8得点と効率のよい点の取り方で、8−1と快勝しました。

4月1日 北海道日本ハム3−1埼玉西武

開幕試合がいい勝ち方だったので、より期待がかかった2戦目でしたが、苦手にしているメンドーサをなかなか打ち崩せず、メンドーサ降板後も日本ハムの救援陣に抑え込まれ、最終回に一発出れば逆転という場面で、浅村、中村に回ってきますが、二人とも三振に倒れ1-3で敗れました。

ただ、敗れはしたものの、相手ピッチャーがよければ打てない日もあるわけで、先発の野上も5回まで3点は失うものの、その後の救援陣は踏ん張り、締まったゲームだったのではないでしょうか。

エラーで自滅して負けるという昨年までの負けパターンとは明らかに違って、悲観する内容ではなかったですね。

4月2日 北海道日本ハム3−6埼玉西武

開幕3戦目は、外国人投手同士の投げ合いでした。

ライオンズの先発のウルフは昨年の終盤に加入して、最終的には4連勝でフィニッシュしていたので、今年も期待が持たれています。

打たせて取るのが彼のスタイルなので、昨年までのライオンズの守備ではマッチしないのではと思っていましたが、不思議とウルフのときは変なエラーもなかったように記憶しています。

対する日本ハムの先発は新外国人のエスコバー。
正直、この日までこんなピッチャーいたのかという感じで知らなかったのですが、ライオンズは外国人投手を苦にする傾向があるので、ぶつけてきたのかもしれませんね。

こういう初物の外国人に対しては打てるイメージが湧いてこないんですが^^;

序盤は両投手とも踏ん張り、点を与えませんでしたが、中盤からは取っては取られの展開になります。

まず、4回にライオンズが、開幕2試合は凍結状態だったメヒアのタイムリーで先制しますが、その裏に大谷にレフトへのホームランですぐさま追いつかれます。

結局、この3連戦は大谷に12打数8安打と打ち込まれました。お手上げ状態ですね。

ただ、その直後の5回に、相手のエラー2つにボークもあって、2安打で4点をあげるという、初戦と同じような点の取り方をしました。

昨年までライオンズが逆にやられていたような点の取り方で、相手にとってはダメージが残る点の取り方です。

日本ハムも追いすがりますが、7回牧田、8回シュリッター、9回増田の勝利の方程式で逃げ切り6-3と快勝しました。

この3連戦の総括

この3連戦を2勝1敗で勝ち越しましたが、勝因はいくつかあると思います。

まず、何と言ってもエラーが0だったことでしょうか。
昨年101個のエラーをしたチームが3試合でエラーが0ですからね。
対する日本ハムは3試合で5個と、その多くが失点に結びついていました。

そして盤石のリリーフ陣ですね。
3試合で点を取られたのは先発投手ばかりで、リリーフ投手は全員無失点でした(大石はちょっとヒヤッとしましたが)。
特に3戦目の牧田、シュリッター、増田は安心して見ていられましたね。

それと一番大事なのは、大谷の前にランナーを溜めなかったことですね。
正直12打数8安打ですから、大谷の前にランナーが溜まっていたらと思うとゾッとしますが、8安打打たれても打点としてはホームランの1点だけですから、バッテリーとしたはしてやったりといった感じでしょうか。
炭谷も試合後のインタビューでは大谷の前にランナーを溜めないように気を付けたと言ってましたから、ここは大きなポイントでした。

この3連戦は大谷と近藤には相当やられましたが、そのほかのバッターは抑えられました。
特に好調の大谷と近藤の間に中田が入っていたのが本当に助かったというか、大谷と近藤が続いていなくて良かったです。

しかし、ライオンズが勝ったんですけど、スポーツニュースは大谷ばっかりでしたね^^;

今週の見どころ

今週はオリックスと2試合、ソフトバンクと3試合の計5試合で、4月終盤までは週5日の日程が続きます。

オリックスは楽天にいやな負け方をしているので勢いはないでしょうが、逆に言うとそろそろ勝つ頃じゃないのという気もしてしまいます。
苦手なディクソンも出てきますしね(また外国人投手^^;)。

そして今年の辻野球の真価が問われるのが、週末のソフトバンク3連戦です。
日本ハム相手にやった野球を同じようできれば、いい勝負ができるのではと思っています。

あとは、イマイチ波に乗れていない1・2番が出塁してくればといったところでしょうか。

◆編集後記◆
挫折していたポモドーロテクニックに再挑戦中です。
キリの悪いところで、いかに中断できるかがポイントですね。
どうしてもキリのいいところまでやってしまうので^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら