【青の獅子標】代役ルーキーの活躍も3タテならず

優勝戦線に踏みとどまるためには絶対に負け越すことのできないソフトバンク3連戦。

投打が噛み合った連勝スタートに加え、代役スタメンルーキの活躍で3タテ目前の展開でしたが、あと一歩及ばず。

スポンサーリンク

7月30日 VSソフトバンク 15回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
L 0 0 0 3 0 0 2 0 X 5

先発投手 L・今井 H・高橋礼

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、7金子侑、9木村。

試合経過

中5日で先発の今井は4回に無死1・2塁のピンチを招きますが内野ゴロの間の1点に凌ぐと、打線がその裏、森の技ありタイムリーと栗山のタイムリー、そして金子侑のポテン遊ゴロで3点をあげ逆転します。

6回に松田のソロで1点差に迫られますが、7回に相手エラーから2死2・3塁のチャンスをつくると外崎の遊ゴロを川瀬が後逸し決定的な2点が入ると、今井のあとをヒース、平井、増田のリレーで逃げ切り5-2で勝利。今井が1ヶ月ぶりの6勝目をあげました。

雑感

天敵の高橋礼にようやく黒星をつけることができました。

昨年のCSで好投されてから苦手意識ができたのか、ここまで4戦4敗のうえに4試合で取った得点は6点とカモにされていたわけですが一矢報いました。

高橋礼の調子が悪かったわけではなくむしろよかったですよね。その状況で攻略したのが左打者の3人。高橋礼の被打率は右も左もそんなに高くないので特別左が苦手というのはないのですが、左打者の多い対楽天戦の防御率が悪いということはやはり攻略するには左打者の活躍が不可欠。森の技ありタイムリーと栗山の初球の甘い球を見逃さなっかたタイムリーで流れがきましたね。

そして甲斐キャノンから4盗塁したのが大きかったですね。3回の同点のホームを踏んだのは盗塁をした外崎でしたし、7回も源田の盗塁があったので2点目が入ったわけですからね。これまで盗塁死を恐れて足を使えていなかったわけでしたが、それではライオンズの持ち味が出ません。

まあ9回の2つの盗塁は3塁に走者いた場面なので額面どおりには受け取れませんが、少しでもプレッシャーをかけられればこのあとの戦い方も変わってきます。

このところカードの頭を取れていなかったわけですが、これはカード頭を任された今井や髙橋光成がピリッとしなかったことが原因。今井が今日くらいのピッチングをしてくれればカード頭を取れて気持ち的にも優位に3連戦を戦えます。

まずは初戦を取って4ゲーム差。

ところでデスパイネが熱中症気味で途中で交代しましたね。やはりこの時期のメットライフドームは過酷ですね^^;

7月31日 VSソフトバンク 16回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
L 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2

先発投手 L・髙橋光成 H・スアレス

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、7金子侑、9木村。

試合経過

初回にソフトバンク先発のスアレスから四球3つで2死満塁のチャンスを作るものの中村が三振で無得点に終わると、その後は投手戦となりどちらも決め手に欠きます。

そして0-0で迎えた8回裏。ソフトバンク5番手甲斐野から山川の右中間を破るタイムリー2塁打で先制をすると、続く森にもタイムリーが出てリードを2点に広げます。

投げては先発の髙橋光成が6回無失点と好投すると、7回マーティン、8回平井、そして最後は抑えの増田がキッチリ抑えての完封リレーで接戦を制しました。

雑感

初回にスアレスからファールで粘って粘って50球を投げさせ満塁のチャンスを作るものの無得点。観てる方も疲れました^^;

満塁でまたも中村に回ってきましたが、ここにきて開き直ったのか急に空振りをとれる球を投げてきました。結局スアレスからは得点を取ることはできませんでしたが、球数を投げさせたことで中継ぎのピッチャーを早く引きずり出す展開になりました。

そして8回の山川の先制タイムリー。あそこに打球が飛ぶということはもう底を脱した感がありますね。

この先制タイムリー以上に大きかったのは2点目を取ったところ。森のレフト前へのヒットで2塁走者の山川が本塁突入。タイミング的に厳しいのではと思いましたが、送球が逸れたとはいえ回して正解でした。最近の黒田コーチの判断は神がかっていますね〜。

取った得点はこの2点だけでしたが投手陣がよく守りきりました。先発の髙橋光成は5四球もあと1本を許さず。オールスターあたりはどうなるかと思いましたが、今回は間隔を開けたことが奏功したのかソフトバンク相手の6回無失点は上出来。

疲労が心配の平井も先頭打者は出しましたがキッチリ無失点。どうか3戦目は登板がないような展開を。

ひとつ心配なのが秋山。。この日は4打席ともニゴロと一時の外を打てない状態とはまた違った凡打。ちょっと今回のスランプは深刻ですね。来季メジャーとか言ってられないレベルですよ。これは。

首位ソフトバンクに連勝でノルマの2勝を達成し3ゲーム差に。ここまできたら3タテして2ゲーム差に詰めたい。

8月1日 VSソフトバンク 17回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
H 2 0 3 0 3 1 2 0 0 11
L 0 3 4 2 0 0 1 0 0 10

先発投手 L・松本航 H・大竹

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、3山川、2森、DHメヒア、7金子侑、9木村、5佐藤。

試合経過

初回にデスパイネの2ランで先制されるものの、2回に佐藤の2点タイムリーなどで3-2と逆転。ところが先発の松本航がピリッとせず、直後の3回に今宮、デスパイネ、上林のタイムリーで3点を失い逆転を許すとここで降板。

しかし、逆転された直後に森のタイムリー、メヒアの犠飛、佐藤の2打席連続タイムリーにエラーも絡んで7−5と再び逆転すると、4回にもメヒアの2点タイムリーでリードを4点に広げます。

このまま逃げ切りたいところでしたが、5回に2番手の小石が上林に3ランを打たれて1点差に迫られると、6回には森脇がデスパイネにこの日2本目のソロを打たれて9-9の同点に。

さらに7回に2死1・3塁から牧原に2点タイムリーを打たれリード許すと、その裏に佐藤の4打点目となるタイムリーで1点差に迫りますが反撃もここまで。10-11の乱打戦になるもあと1点届かず。接戦を落としソフトバンクを3タテとはなりませんでした。

雑感

3タテが目の前にちらついたんですが痛恨の逆転負け。ソフトバンクを射程圏にとらえることができませんでした。。

松本航が3回途中で降板というのが痛かった。翌日がブルペンデ−ということで佐野が先発に回り、その他のリリーフ陣も総動員が予想される中での早期降板で、ベンチもやりくりが大変でした。

逆転したもののリリーフ陣が捕まり再逆転を許すという負け方としては残念で疲れの残るゲームでした。しかも翌日は大阪に移動してのゲームですしね。幸いオリックスも千葉で延長12回戦ってサヨナラ負けと条件的には同じ、いやオリックスの方がキツイか^^;

打線は本当よく打ちました。この日は休養日の中村に代わってスタメンサードの佐藤龍世3安打4打点の大活躍。この勢いで3タテできていればチームも乗って一気に8月攻勢と行きたかったんですが、あと1点届かなかった。

惜しむらくは7回の攻撃。佐藤のフェン直タイムリーで1点差に迫りなおも無死2塁。ここで絶賛大スランプ中の秋山が三飛でランナー進めず。続く源田の遊ゴロで今度は3塁に進塁できましたが2死3塁と1死3塁ではピッチャーのプレッシャーも違いますからね〜。

これだったら前日のニゴロ祭りの方がまだランナーが進むのでよかった。今回の不振は深刻ですよね。月が変わっても復調の兆しなしです(T_T)

途中交代した金子侑は大丈夫なんでしょうか。ちょっと心配です。2回の右膝への死球で担架で運ばれるものの出場を続行。そこから佐藤のタイムリーで1塁から長駆生還と、あの状況でよく走ったなと。気迫のプレーでしたね。次の打席も立ったので大丈夫かと思いますが。

乱打戦を落としましたが、幸いにも平井と増田を温存できたのがせめてもの救い。ただ、次がブルペンデ−ということで平井が2イニング投げさせられないか心配ですが^^;

首位ソフトバンクを3タテならずで4ゲーム差に後退しましたが、何とか最低限のノルマである2勝1敗でまだまだ希望が持てる位置に踏みとどまりました。勝負の8月はこれからです!

次カードの展望

さて次カードのオリックスは山本由伸とまた当たります。

こっちの先発は多和田ですので、ここを落とすとしても2勝1敗が最低ライン。できれば由伸にも勝ちたいですがやはり甘くはない。できるだけ球数を投げさせて早めに降板させるのがせめてもの攻略法か。

初戦の先発はブルペンデ−ということで佐野、土曜日は多和田、日曜日はニール。

対するオリックスは荒西、山本由伸、竹安。

前回のブルペンデ−は上手く行きましたが今回は前日もブルペンデ−みたいになったのでちょっと心配ですね^^;

◆編集後記◆
土曜日か日曜日に京セラドームに行こうと思っているのですが、勝ちゲームを見たいなら日曜日ですよね。ただ、一野球ファンとしては山本由伸の投球も見ておきたいので悩ましいところです。もちろん両方観に行ってもいいのですが娘が飽きそうなので^^;
何かのエサで釣るしかないか。

◆ラン日記◆
2019年8月1日 10.0km 53:17

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら