アップルパンチで逆転。またも集中打で開幕8連勝

アップルパーンチ!

この日は難敵の山岡が先発。

攻略するのは難しいですが、できるだけ球数を投げさして中継ぎ陣を引っ張り出したいところです。

スポンサーリンク

4月8日 VSオリックスバファローズ 3回戦

先発投手は西武。ウルフ、オリックス・山岡。

この3連戦で一番の難敵がこの山岡です。

ストレートは速いし、変化球もキレキレで、ストレート縦スラ・チェンジアップの腕の振りが同じように見えるので厄介ですね。

スタメンは8秋山、6源田、4浅村、3山川、DH森、5中村、9外崎、2炭谷、7金子侑。

1回表
宗  ストレートの四球 際どいところ取ってくれず
福田 犠打
吉田正 中適時打 0−1
マレーロ 三併殺
吉田正の打球は打ち取ったような感じでしたが抜けていきました。ウルフは1点は取られましたが悪くはなさそうです。

1回裏
秋山 一ゴロ
源田 遊ゴロ
浅村 遊ゴロ
やはり山岡の縦スラは厄介です。

2回表
ロメロ 空三振
中島 ニゴロ
T-岡田 一ゴロ

2回裏
山川 中飛
森  見三振 これは手が出ない
中村 空三振

3回表
大城 ニゴロ
若月 三ゴロ
宗  三飛
打たせて取るウルフらしいピッチング。

3回裏
外崎 空三振
炭谷 投ゴロ
金子侑 ニゴロ

4回表
福田 遊ゴロ
吉田正 ニゴロ セカンド深いところ。吉田正尚シフト?
マレーロ 遊ゴロ

4回裏
秋山 空三振 秋山がこんなスイングをさせられるとは。。
源田 右飛
浅村 空三振

5回表
ロメロ 左安
中島 二直 浅村よく捕った!
T-岡田 空三振 ウルフの粘り勝ち
大城 右安 二死1・3塁
若月 ダブルスチールで1塁ランナーが挟まれている間に3塁ランナーが生還 0−2
今日の山岡の出来ならこの1点は重い。。

5回裏
山川 左2塁打
森  右安 無死1・3塁
中村 二併殺 この間に3塁ランナーが生還 1−2
外崎 空三振 縦スラに手も足も出ず
最低限の1点は取れたものの、オリックスからしたら併殺での1失点なら御の字か。

6回表
若月 左安 中村のエラーぽいけど
宗  捕失 炭谷2塁へ悪送球 無死1・2塁
福田 一失 今度は一塁山川が悪送球→レフト金子がバックアップ→3塁へ送球→若月が3塁に戻りきれずアウト。金子ナイスバックアップ。
吉田正 左飛
マレーロ 遊ゴロ いい当たりも正面で助かった
1イニングで2つも送球エラーが出たのに無失点とは。

6回裏
炭谷 一ゴロ
金子侑 空三振
秋山 遊安
源田 右安
浅村 空三振
浅村が昨日の田嶋と対戦してから何かおかしいですね。

7回表
ウルフから高木勇に投手交代
ロメロ 左安
中島 犠打 セーフティー気味
高木勇から武隈に投手交代
T-岡田 一ゴロ
大城 一飛
先頭打者を出したもの武隈がナイスリリーフ。

7回裏
山川 左安
森  左2塁打
中村 四球 無死満塁!
外崎 左適時打 逆転3−2
中村に代走木村
炭谷 犠打→サード鈴木昴が悪送球 4−2
金子侑に代打栗山 待ってました!
山岡から吉田一将に投手交代
栗山 中犠飛 5−2 犠牲フライの打ち方知ってます。
秋山 中適時打 6−2
秋山2盗成功
源田 左適時2塁打 7−2
吉田一から比嘉に投手交代
浅村 空三振
山川 中飛
この回打者一巡の猛攻で一挙6点。ついに山岡をKO。今年は本当にビッグイニングが多いですね。

8回表
武隈から野田に投手交代
若月に代打伏見
伏見 右安 木村飛び込んだが
宗  四球 大丈夫か?
福田に代打小谷野
小谷野 見三振
吉田正 空三振
野田から平井に投手交代
マレーロ 空三振
野田がピンチを招きましたが、小谷野、吉田正と怖いところを三振に。そして今日は4番に座ったマレーロを平井が三振に切って取り、これで決まったかな。

8回裏
比嘉から澤田に投手交代
森  右飛
木村 見三振
外崎 遊邪飛
ビッグイニング作ったあとはアッサリになるのもこのチームの特徴。

9回表
平井からワグナーに投手交代
ロメロ 中安 4番外れた途端に覚醒。初戦でなくてよかった。
鈴木昴に代打小田
小田 四球
T-岡田 投ゴロ ワグナーに打球が当たる
ワグナーから増田に投手交代
大城に代打小島
小島 三邪飛
伏見 左適時打 7−4
宗  ニゴロ
7−4で開幕8連勝!
増田を出さずに済めばよかったのですが、ワグナーにアクシデントで急遽登板しました。
まあ、この日のワグナーの内容ならどのみち増田が出てきたかもしれませんが。
しかし、ワグナーは1点差では使いにくいですね。もしかしたら1点差のほうがアドレナリンが出て抑えたりして。

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Bs 1 0 0 0 1 0 0 0 2 4
L 0 0 0 0 1 0 6 0 X 7

山岡のこの日の出来なら、連勝が止まってもおかしくない内容でした。

ただ、7回の山岡は明らかに球が高くなっていました。

球数は100球もいってなかったのですが、西武の強力打線を相手にすると球数以上にスタミナの消耗が激しいのかもしれません。

球数はそれほど投げさすことはできませんでしたが、中継ぎを引っ張り出して追加点を取れたのは狙いどおりでした。

そして7回の集中打は見事でした。

今年はこれがあるから、劣勢の展開でもひょっとしたらという希望が持てます。

栗山もなかなかチャンスがない中で、出てきたら必ず結果を出すというのは、常に試合に気持ちが入ってないと出来ないことですから、頭が下がります。

辻監督。是非とも栗山をスタメンで使ってください。

オリックス打線は4番に入ったマレーロがこの日はブレーキで助かりました。

代わりに4番を外れたロメロが3安打とは、なんか皮肉ですね。

ともかく、これで開幕から8連勝となり、あの黄金時代の連勝記録に並びました。

ただ、この日はしょうもない送球エラーが2つありましたので、こういうところをなくしていかなくてはなりません。

オリックスに助けられた格好になりましたからね〜。

あそこで無死満塁になっていたら、違った結果になっていたでしょう。

相手に助けられた部分が大きかったですね。

ノムさんが言ってる「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という格言がよく分かるゲームでした。

次戦の展望

火曜日からは千葉ロッテとの3連戦です。

千葉ロッテの先発は石川、二木、涌井でしょうから手強いですね。

千葉ロッテも昨年とは雰囲気が違うので注意が必要ですし、石川も昨年はダメダメでしたが、今年は復活しているようです。

そろそろ連勝も止まる頃でしょうから、どこかで負けそうですが、負けても2勝1敗でいきたいところ。

10連勝してヤツに止められそうな感じがしますね。。

個人的には、3戦目の先発だと思われる阪神から移籍してきた榎田がどんなピッチングをしてくれるかに興味があります。

◆編集後記◆
肉離れをしてから、プロ野球選手が全力疾走でダイヤモンドを駆け抜けているのを見るのが怖くなるときがあります。パチーンとやってしまわないかと。余計なお世話ですが^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら