【青の獅子標】猛打ならぬ猛歩爆発

関西での今シーズン公式戦初見参となった京セラドームでのオリックス3連戦。

私も勝利の女神を連れて行ってまいりました。

スポンサーリンク

4月27日 VSオリックス 4回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 2 0 0 0 2 3 1 0 11
B 0 2 0 0 2 3 0 0 0 7

先発投手 L・多和田 B・山岡

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、5中村、9木村。

試合経過

初回からオリックス先発の山岡を攻め立て、山川、森の連続タイムリーで2点を先制。同点に追いつかれた3回には森タイムリーのあと外崎の4号2ランで突き放し5-2と再びリードを奪います。

しかし先発の多和田もピリッとせず、5回にメネセスに2ランを浴び1点差とされると、栗山、中村の連続タイムリーで突き放した直後の6回、2番手の野田が連打を浴び再び7-7の同点に。

それでも追いつかれた直後の7回に山川、森、中村のタイムリーで3点を追加し勝負あり。

クリーンナップだけで10安打6打点の活躍。終ってみれば11-7で打撃戦を制し、3連勝で勝率5割に復帰しました。

雑感

前回の対戦でも投げあった多和田と山岡が先発ということで投手戦かと思いきや、ZOZOマリンの余韻が残るようなゲームでした。

オリックスに相性のよい多和田、この日は変化球の制球に苦労していましたね。フォークがことごとく抜けていてストライクを取れるのが直球のみ。相手先発の山岡もお付き合いしてくれたので助かりましたが、ローテを引っ張るエースとしては心もとない内容。

う〜ん。今季の多和田はホント不安定^^;

打線は相変わらず元気。3番秋山が今季初の猛打賞とZOZOマリンで解凍されたようですね。秋山が不調でも点を取れてはいましたが、昨年のような一気に畳み掛ける攻撃はできていませんでした。

打球の感じもいいときの状態になってきたのでもう心配ないかな。

リリーフ陣はヒースが戻ってきました。まずはヒットは打たれたものの三振もふたつ取っておりまずまずでしたね。増田が安定しているのでしばらくはこの位置での登板ですかね。

そして増田が今日も登板。1日休みがあったとはいえ4点差あるのでできれば休ませたかったですが他にいないのでね。

4月28日 VSオリックス 5回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 0 0 0 0 0 0 4 0 4
B 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

先発投手 L・今井 B・K−鈴木

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、2森、4外崎、DH栗山、5中村、9木村。

試合経過

西武の先発は今井。序盤はピリッとせず初回にメネセスに先制タイムリーを許すと、3回には無死満塁のピンチ招き、小島のタイムリーで2点目を許す苦しいピッチング。

打線はオリックス先発のK−鈴木からチャンスは作るもののあと1本が出ず重苦しい展開に。しかし8回に2番手近藤を攻め、3四球で1死満塁のチャンスを作ると山川、森と連続押出四球で同点とすると、6番栗山の勝ち越しタイムリーで逆転。さらに中村も押出四球で4-2とゲームをひっくり返します。

最後は5連投ととなる増田が抑えて4-2で4連勝とし貯金1。今井に3勝目が転がり込みました。

雑感

この日は今季初の生観戦。勝率のいい娘を連れていきました。

ところが序盤は重苦しい展開で、娘もこの空気を察したのか?3回で早くも帰りたいモードに。「7回に風船を飛ばせるよ」となだめつつ何とか最後まで観れました^^;

今井も何点取られるかわからない状況で、正直3回はビッグイニングを覚悟しました。ここを1点で凌いだのがポイントでしたね。ここで大量点が入っていればオリックスのリリーフ陣もノンプレッシャーであんなことにはならなかったはず。

5回にも1死1・3塁のピンチがありましたがここを併殺で切り抜け、結局今井は7回2失点と数字だけ見れば先発としては十分な仕事。8回に逆転するまでは投球練習してましたから同点までならまだ投げるつもりだったんでしょうね。リリーフの登板過多が続いてますから。

打線はK−鈴木の前に沈黙状態。ランナーを出すものの会心の当たりのヒットは6回までなし。7回に出た山川の2塁打が初めてのまともなあたりで、序盤は球数が多かったのでこのあたりから打線も捉えだし始めました。

がそれでも7回は無得点で、このあたりで今日はダメかなという雰囲気に。

潮目が変わったのはもちろん8回。先頭の代打岡田が粘って四球を選んだのが大きかった。今季の岡田は1軍の捕手が2人しかいない状況なので出番が少ないのですが、出場したときは腐らずいい仕事をしています。

そしてその後の四球祭り。この回のヒットは栗山のタイムリーだけで、しかも打者一巡で4得点。この日は勝たせてもらえたなと感じるとともに、オリックスファンが気の毒でした。。

増田がこの日も登板で5連投。2点あるし炎上覚悟でも最近落ち着きつつあるマーティンでもよかったような。それか8回マーティン、9回ヒースとか。増田を休ませてあげたかったですね。

オリックスで気になったには佐野と吉田正尚。佐野の足は現場で見ているとムチャクチャ速かった。内野ゴロを内野安打にしてしまいますし、ランナーで出すとホント厄介。

そして吉田正尚がまた不振モードになっている気がしますね。吉田正尚の調子がよかったら4回のピンチや9回も打たれていたかもしれません。特に9回は角度的にヒヤッとしましたが案外伸びなかったので。

4月29日 VSオリックス 6回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
L 2 0 0 1 0 0 0 0 3
B 0 0 0 2 1 0 0 2 X 5

先発投手 L・十亀 B・アルバース

スタメン 7金子侑、6源田、8秋山、3山川、DHメヒア、4外崎、5中村、2岡田、9木村。

試合経過

初回にオリックス先発のアルバースから山川が11号2ランを放ち2点を先制。

西武先発の十亀は3回までテンポのいいピッチングで抑えますが、4回に2死1・3塁から中川に同点タイムリー2塁打を打たれ同点に追いつかれると、木村文紀のタイムリーで勝ち越してもらった直後の5回にも福田にタイムリー2塁打を打たれ再び3-3の同点に。

8回表に1死1・3塁のチャンスを逃したその裏、2番手小川が吉田正尚に決勝の2ランを打たれ3-5で敗戦。連勝は4で止まり勝率5割に戻ってしまいました。

雑感

この日は森を休養させるため打線を組み替えてきました。森の代わりに前日殊勲の四球を選んだ岡田がマスクを被り、DHには栗山に代えてメヒアが5番に。

先発が左のアルバースということもあってここで左の森と栗山を休養させました。これはいい判断ですね。最近は試合時間が長いゲームが多かったのでこういうマネジメントは重要です。

山川の2ランが出たときはいい雰囲気だなと感じたのですがそれ以降が。。

十亀もランナーを出すまではよかったんですが、5回に足の速い佐野を出したことでリズムが崩れました。2死までこぎつけたのに中川に打たれた2塁打が残念でしたね。

十亀は結局7回投げて3失点。久々の先発にしてはゲームを作りましたので次回もチャンスをあるかな?

勝負のポイントは8回の攻防。1死1・3塁のチャンスで山川が二飛に倒れたところが痛かった。あわやホームランという大ファールもありましたが、最低でも犠飛が欲しかったところ。

そしてその直後の8回裏にここまで眠っていた吉田正尚に被弾。調子が悪いとはいえ一発があるので歩かせてメネセスのところで平井かと思ったのですが吉田正尚で勝負。左対左だし平井を休ませたかったというのもあるんでしょうか。

負けてしまいましたが、平井、増田を温存できたのはよかったかなと。森と栗山も休養できましたし、長いシーズンを考えるとこういうゲームも必要。

仰木監督デーということで花を持たせたということにしときましょう。

次カードの展望

オリックス3連戦は2勝1敗で勝ち越し。平成最後のゲームには敗れたものの勝率5割に戻し、上位との差も縮まってきました。

さて次カードは日本ハムとの3連戦。有原、上沢といったところがソフトバンク戦に投げたのでロドリゲス、金子-加藤、後ひとりは誰かな?何か日本ハムに先発って読みにくい^^;

西武の先発は髙橋光成、榎田、相内でしょうか。榎田が今季初登板ですがファームでも結構打たれていてどうなのかな?という感じですが。

そして相内にそろそろ勝ち星をつけてあげたいですね。

日本ハムもソフトバンク戦の後だけに疲弊していることを願います。

◆編集後記◆
7回のジェット風船を楽しみにしていた娘でしたが5回から7回まで眠っていて飛ばせず。逆転して勝ったらまた飛ばせるよとなだめた途端にあの逆転劇。何か持ってますね〜。

◆ラン日記◆
2019年4月25日 7.5km 39:16

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら