【青の獅子標】まだ灯らせないし灯も消せない

ソフトバンクとの3連戦に負け越して自力優勝の可能性消滅の危機に面した日本ハムとの3連戦。

日本ハムに助けられた感もありますがなんとかマジック点灯を阻止できました。

スポンサーリンク

8月20日 VS日本ハム 19回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
L 0 0 0 0 2 1 0 1 X 4

先発投手 L・ニール F・ロドリゲス

スタメン 8秋山、6源田、2森、5中村、DH栗山、4外崎、3山川、7金子侑、9木村。

試合経過

先発のニールが初回に西川に先頭打者弾を浴び1点を先制されますが、その後は打たせて取るピッチングで6回1失点と好投します。

打線は日本ハム先発のロドリゲスに前に打線がつながらない状態でしたが、5回にエラーで広がった1死満塁のチャンスで秋山の2点タイムリーで逆転。さらに6回には山川のタイムリーで3-1とリードを広げます。

7回に2番手の小川が1点を失いますが、8回に2死から作ったチャンスで木村がタイムリーを放ち再び2点差とすると、8回平井が三者凡退、9回は増田が味方の好守3連発で締めて連敗を2でストップ。

ソフトバンクのマジック点灯を阻止しました。

雑感

ニールの安定感は本物ですね。シーズン序盤は今年も外国人の先発投手はハズレかと思っていたのですが失礼しました^^;

一時期のウルフぐらいの安定感がありますね。4回の無死1・2塁のピンチもすべてフライアウトで進塁を許さず。打たせて取るので球数も少ないから守っている野手もラクですよね。これで自身6連勝で7勝目。あと3つ勝って二桁を期待します。

打つ方はロドリゲスの前に序盤は苦しい展開。逆転した5回も近藤のエラーに助けられましたが、金子侑が粘って選んだ四球が大きかったですね。これで好調の秋山に回って逆転につながりました。

そして大きかったのが8回の追加点。タイムリーを打った木村もエライんですが、あの当たりで腕を回した3塁コーチの黒田コーチの判断がすごかった。あのタイミングだと私なら止めていましたが、外崎の足とレフトの肩を計算に入れての判断。本当に黒田コーチの判断は神がかっています。

9試合連続で二桁安打が続いていたころからすると調子落ちしている印象はありますが、こういった走塁でカバーできるのがこのチームの強み。

8月21日 VS日本ハム 20回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 0 1 0 0 3 0 1 1 0 6
L 1 4 0 0 2 0 4 0 X 11

先発投手 L・榎田 F・加藤

スタメン 8秋山、6源田、2森、DH中村、4外崎、3山川、9木村、5佐藤、7金子侑。

試合経過

初回に森のタイムリーで先制すると、清宮のソロで同点に追いつかれた直後の2回には山川の36号ソロと金子侑の3号2ラン、そして源田のタイムリーで5-1と引き離します。

援護をもらった先発の榎田でしたが5回に石井一成と大田泰示のタイムリーで1点差に迫られなおも満塁のピンチ。ここで清宮を二飛に打ち取るとその裏に山川の37号2ランで再びリードを広げます。

7回に清水のソロで追い上げられますが、その裏に2死満塁からタイムリーエラーなどで4点を追加し勝負あり。11-6で快勝し榎田が2ヶ月ぶりとなる5勝目を挙げました。

雑感

この日はオレンジユニデー。

今のチームの勢いがそのまま出たというか、ライオンズもソフトバンクに連敗できていたのでそれほど好調でもないのですが、日本ハムの状態が最悪のようで^^;。

特にこの日も前日も勝負の明暗を分けたのはエラー。初回の源田の併殺崩れがショート石井一成の送球がそれて、結局バントでランナーを進めたような形になり、それからの森のタイムリー。極め付きは7回の石井一成の後逸。日本ハムからすると2点差に迫り追い上げムードで、しかも無死満塁のピンチから2死満塁までなっただけに痛恨でしたね(石井一成はこのときに人差し指を骨折とか^^;)。

そして5回の1点差に迫られてなおも2死満塁のピンチで清宮を迎えた場面。榎田が突然の乱調でまた先発崩壊かと思いましたが、清宮が打ち上げてくれて助かりました。甘い球でしたけどね。その前の打席で被弾しているだけにドキドキでした^^;

打線は点を取られた直後に得点し流れを日本ハムに渡しませんでした、特に山川の2発。タイミングを外されながらも下半身で粘ってホームランは復調を予感させるもの。やはり膝つきが調子のバロメーターなのでしょうか。

まあ、なんだか日本ハムに助けられての連勝ですが、残り30試合近くになればどんな勝ち方でもいいです。ソフトバンクとのゲーム差を考えると内容がどうのこうと言ってられません。

ソフトバンクがオリックスに敗れてゲーム差は4.5に。しかしここにきてオリックスの強さが不気味に感じるのは気のせい?

8月22日 VS日本ハム 21回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
F 0 0 0 2 0 2 0 0 1 5
L 0 0 1 0 0 1 0 1 0 3

先発投手 L・本田 F・杉浦

スタメン 8秋山、6源田、4外崎、2森、DH栗山、3山川、9木村、5佐藤、7金子侑。

試合経過

3回に秋山の16号ソロで先制しますが、4回に渡邉諒に2ランを浴び逆転されると、6回には清宮にも2ラン打たれ1-4とリードを広げられます。

6回に栗山のタイムリー、8回には外崎に20号ソロが飛び出し1点差に迫りますが、9回に5番手のマーティンが四死球で招いた1死満塁のピンチで近藤に犠飛を打たれると、9回は抑えの秋吉の前に三者凡退でゲームセット。

3-5で敗れ同一カード3連勝はなりませんでした。

雑感

この2戦の感じだと3タテできそうな雰囲気がありましたが甘くはなかったですね。

前日は苦手の加藤から5点を取り早々にKOできたのですが、この日はもうひとりの苦手杉浦が登板。ショートスターターっぽい使われ方で慣れる前に降板されるのが悩ましいところ。あの低めの変化球がやっかいで手を焼いてますね。いい当たりが正面を突いたという打球もけっこうあったのでツキもなかったかな。

前回20失点のきっかけを作ってしまった先発の本田圭佑。この日は渡邉諒に被弾しましたがそれ以外はいいピッチングで、今日の内容なら勝ち星をつけてあげたかった。

6回に近藤に四球を与えたところで交代。代わった佐野が清宮に逆球を打たれて被弾。結果的にこの一発が痛かったですね。球数が100球を超えたのと清宮が左ということでの交代でしたが、この日の内容なら続投でもおもしろかったのでは?

そしてこの日に昇格してきたマーティンが1点ビハインドの9回に登板。しかし降格前と同じで四死球から自滅してしまいました。失ったの1点だけでしたが外崎のソロで反撃ムードになっただけにこの1点は痛かった。マーティンもいいときは本当にいいのですが波が激しすぎて悩ましい。。

打つ方はこの日は中村が休養日ということでスタメンを外れた影響もありますが、やはり下位打線がつながらなかったのが敗因でしょうか。秋山が3安打猛打賞だっただけに下位打線からチャンスを作れていればもう少し点を取れたのかと。

そして外崎がついに20号に到達。これベストプレープロ野球だったら長打力Bですね(^o^)。デビュー当初はここまで長打力がある選手とは思いませんでしたけどね。いい選手になりました。これで20本以上はチーム3人目。あとは秋山と森がともに16本なのでこの2人も到達してくれれば。

日本ハムに勝ち越したものの、今の日本ハムの状態なら3タテしたかった。。ソフトバンクが勝ったのでこれで5.5差に開き、3位楽天とも1.5差で直接対決へ。

次カードの展望

次カードは3位の楽天との3連戦。これで真夏の9連戦が終了します。

先発は今井、髙橋光成、十亀ですかね。そしてこの3枚で来週のソフトバンクと戦うことになりそう。

対する楽天の先発は弓削、菅原、石橋か。弓削には前回手も足も出ませんでしたので厄介な相手。菅原は今季初対戦で石橋とは2試合で4イニングと、それほど対戦していない投手が続くのが少し気になりますね。

◆編集後記◆
先日、堺にあるビッグバンという大型児童館に行ってきました。体験型の遊び道具が多く娘も楽しんでくれたようで。入館料は高くないのですが、場所が場所だけに電車代や駐車料がけっこうかかるのが残念。でも遊園地に行くよりはリーズナブルですよ。

◆ラン日記◆
2019年8月22日 10.0km 55:49

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら