【青の獅子標】自作自演でも許せる

今季相性の悪い楽天との3連戦のポイントは浅村を抑えるかどうか。

なんですがこの3連戦もう〜んな内容で。。

そんな中、4番が「自分のミスは自分のバットで返す」を実行してくれました。

スポンサーリンク

8月23日 VS楽天 15回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
E 0 0 3 1 2 0 0 0 0 6
L 3 0 1 3 0 0 1 0 X 8

先発投手 L・今井 E・弓削

スタメン 8秋山、6源田、2森、DH中村、4外崎、3山川、9木村、5佐藤、7金子侑。

試合経過

初回から楽天先発の弓削を捉えて外崎、山川のタイムリーで3点を先制するも、先発の今井が3回に浅村に同点3ランを浴びリードを吐き出します。

3回に中村の23号ソロで再び勝ち越すも、4回に外崎の野選で追いつかれますが、すぐさま木村の9号2ランと秋山の17号ソロで3点差をつけます。

ところがこの日の今井はピリッとせず。またも5回に島内のソロなどで2点を失い1点差に迫られる苦しい展開に。

しかし7回に森のタイムリーで追加点を奪うと、8回には平井が1死2・3塁のピンチを連続三振で切り抜け、最後は増田が三者連続三振で締めて8-6で勝利。激しい打撃戦を制しました。

雑感

対楽天戦の典型的なゲームでした。

打線は前回完全に抑えられた弓削から初回に3点を先制しこれ以上のない援護。なのにこの日の今井はすぐにリードを吐き出す始末。

本当に浅村に打たれすぎ。今季ここまで打たれたのは外の球か真ん中に入った甘い球ばかり。やはり本当に攻めないと。。オリックスばかりに死球をぶつけてる場合ではないですよね^^;

今季の浅村はこの日までホームランは27本と打っていますが、打率は.260台と昨年ほどの確実性はありません。それなのに対ライオンズ戦は3割でホームランも打点も他の4球団より多い。ゲーム数も少ないのにですよ。忖度せずに他チームの攻めを研究すべきですね。

腰痛明けの登板となった今井。この日も散々でした。このところ楽天戦での先発が多く毎回毎回打ち込まれていて相性の問題かなと思ったら、オリックス以外の球団の対戦防御率がエライことになっていますね。これではカードの頭を任せられない。。次はソフトバンク戦ですけどこんなんで大丈夫かと心配になる内容でした。

よかったのは野田と平井そして増田。野田は最近こんな場面ばっかりですがしっかり火消しをしていますね。酷使→疲労蓄積→二軍落ちのパターンにならないことを祈ります。

平井は外崎のエラーで足を引っ張られるも連続三振で無失点。メンタル的にハードな場面でしたがよく抑えました。

そして増田は文句なし。浅村からも見三振でこれは気持ちよかった。

娘の誕生日に勝ってくれてありがとう!

8月24日 VS楽天 16回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
E 0 0 1 0 0 1 0 3 0 0 5
L 0 0 2 0 1 2 0 0 0 1X 6

先発投手 L・髙橋光成 E・菅原

スタメン 8秋山、6源田、2森、5中村、DH栗山、4外崎、3山川、9木村、7金子侑。

試合経過

3回に島内のタイムリーで1点を先制されますが、その裏に森のタイムリー内野安打と栗山のタイムリーですぐに逆転すると、5回には森のソロで追加点をあげ3-1とリードします。

6回にブラッシュのタイムリーで1点差に迫られますが、またその裏に秋山の18号ソロと源田の二盗・三盗からエラーを誘って3点差にリードを広げます。

7回に2死満塁のピンチを迎えますが3番手の平良が浅村を三振にとり、このまま行くかと思われましたが、8回に平井が中村のエラーをきっかけに無死1・2塁のピンチを招くと渡邊佳明に同点3ランを浴びゲームは振り出しに戻り延長戦へ。

イヤな流れでしたが延長10回、2死1・2塁のチャンスでこの日2失策の中村がレフト線へサヨナラタイムリー。2夜連続の激戦を制しました。

雑感

いや〜しかし楽天戦は疲れる^^;

7回に平良が浅村を三振に仕留めたところでこのゲームは決まったかなと思ったのですがね〜。う〜ん楽天もしぶといしぶとい。

初回の2死満塁のチャンスで外崎の当たりを候補した渡邊佳明がまさかあそこでホームランを打つとは。しかもプロ初の本塁打なんてね。何か今年はプロ初本塁打を献上し過ぎの感じがしますが、まあグラスラじゃなかっただけマシですね^^;

髙橋光成の10勝目が目前だっただけにガクッときましたが、最後はある意味この日の主役が決めてくれました。本人は同点劇のきっかけを作ったエラーをしていたのでヒロインでは反省しきりでしたが、自分のミスを自分でカバーできるなんてそうそうできませんからね。さすがです。

正直、今季は中村のバットで何度も助けられているので、あのエラーが原因で負けたとしても中村を責めるファンはいません。それでもそうい場面が回ってきて決めるんですからね〜。今季の松井裕樹はなかなか攻略が難しいなと思っていたので本当に頭が下がります。

そして渡邊佳明の3ランがなければヒーローだったかもしれないのが平良ですね。あそこは平井が登板して回跨ぎで8回もかと思っていたらなんと平良が登板。なんでこんな場面でばっかり浅村に回んねんと思いましたがインコースのストレートが激アツでした。

これが高卒2年目のピッチャーなんて頼もしい。もう少し安定感が出れば将来的に守護神も夢じゃないかも。

私の誕生日に勝ってくれてありがとう!

8月25日 VS楽天 17回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
E 2 0 0 0 4 1 0 5 2 14
L 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2

先発投手 L・十亀 E・石橋

スタメン 8秋山、6源田、2森、5中村、DH栗山、4外崎、3山川、9木村、7金子侑。

試合経過

先発の十亀が初回にブラッシュのタイムリーで2点を失うと、4回には堀内と島内のタイムリーに浅村にも2ランが飛び出し0-6と一方的な展開になります。

打線は楽天先発の石橋の前に四球でランナーを出すものの打線がつながらず。森のタイムリーと木村の10号ソロによる2点のみに抑えられると、終盤はマーティンをはじめ中継ぎ陣が炎上し、結局2-14で大敗を喫しました。

雑感

負けるときはこれくらい大敗のほうが主力を休めさせることができるのでいいのですが、ただ佐野は投げさせなくてもよかったんじゃないかと^^;

マーティンのあとは國場でそのまま最後まででよかったと思うのですがね。次の日が移動日だから?

あー、また浅村に打たれました。実質あの時点でこの日のゲームは決まってしまいました。

その上にマーティンがねえ。。もう投げさせるところがないですね。同じようなことが続くということはメンタルに問題があるのか?技術的にはいいボール持っているんですけどね。

ソフトバンクが千葉ロッテにスイープされたのでゲーム差はこの3連戦が始まる前から2ゲーム縮まって3.5差。もう少し縮めて週末の直接対決を迎えないとプレッシャーにもならないですよね。

楽天を3タテして2位争いに終止符を打ち、千葉ロッテ、日本ハムとの3位争いに蹴落としたかったのですがまだまだしぶとい。

次カードの展望

次カードが北海道地方球場シリースの日本ハム戦。先週と同じカードですが、オリックス戦に勝ち越し、中田も復帰してきて先週とは違った戦いになりそう。

先発は先週と同じくニール、榎田、本田でしょうか。ニールは地方球場のマウンドがどうか。県営大宮でやらかしていますがこれが4月のブレイク前のゲームなので度外視してもよさそう。

対する日本ハムの先発はロドリゲス、杉浦、もうひとりは吉田輝星あたりがくるのかどうか。

ソフトバンクとの直接対決前に勢いをつけたいですね。

◆編集後記◆
私の地元の枚方で開催されたひらかた祭りで、真夏に雪をさわれるイベントがあったので参加してきました。娘が生まれてからは雪が積もるようなことがまだないので娘にとっては雪初体験。楽しんでくれたようでよかったです。

◆ラン日記◆
週末はお休み。どうも盆休みから朝起きれなくなってきました^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら