【先週のライオンズ】ドラフト会議。1位をクジで外すもまずまず?

先週からオフシーズンに入っていますので、しばらくは先週1週間のライオンズのニュースで、個人的に気になったものについてピックアップしていきます。

スポンサーリンク

ドラフト会議

先週はドラフト会議がありました。

早稲田実業の清宮くんに注目が集まりましたが、ライオンズが今求めているピースは即戦力の投手ということでJR東日本の田嶋投手を指名しました。

ところがオリックスと競合で抽選となり、ゴッドハンドのナベQがクジを引くも外れ。

このピッチャーは獲っておきたかったんですが、仕方ありません。

まあ、1/2のクジで先に福良監督が引いているので、ナベQを責められないところはありますが。。

その瞬間にTwitterで豊田真由子元議員が急増したというのには、思わず笑ってしまいましたが^^;

今回の指名選手一覧はこちら

順位 氏名 ポジション 所属
1位 齊藤 大将 投手 明治大学
2位 西川 愛也 外野手 花咲徳治高校
3位 伊藤 翔 投手 徳島インディゴソックス
4位 平良 海馬 投手 八重山商工高校
5位 與座 海人 投手 岐阜経済大学
6位 綱島 龍生 内野手 糸魚川白嶺高校
育成1位 高木 渉 外野手 真颯館高校
育成2位 齊藤 誠人 捕手 北海道教育大学岩見沢校

投手を中心とした指名となりました。

外れ1位は外した田嶋投手と同じく左投手の齊藤大将投手です。

VTRを見た限りは、軟投派というイメージでスライダーが武器のようです。

腕が低い位置でボールが見にくいようですので、ソフトバンクの和田のようにスピードは速くないのに三振が奪えるピッチャーであれば期待できますね。

例年だと西武の1位・2位は投手を指名し、野手の最上位評価の選手を3位に指名するのですが、2位には外野手の西川愛也選手を指名しました。

甲子園でも活躍していた選手でしたが、大胸筋をケガしたことで送球ができない状態だそうで、ドラフトで指名されるかどうか注目されていましたが、2位での指名となりました。

ケガさえ治れば問題ないということでしょうね。

5位の與座海人投手は牧田と同じアンダースローということで、楽しみですが、お手本となる牧田がメジャー挑戦するかもしれないので、入れ替わりでの入団となりそうです。

1位は田嶋投手は外しましたが、まずまずのドラフトだったのではと思います。

しかし、結果がわかるのは何年か先ですので、ドラフトの結果で一喜一憂しないようにしておきましょう。

オリックスの投手力がさらに強化されたようで、来年は手強いかもしれません(今年も結構やられましたが)。

牧田がポスティングでメジャー挑戦

牧田がポスティングでメジャーに挑戦したいと球団に申し入れたとのことです。

国内FA権を持っているので、ポスティングが認められなかったら国内FAで他球団に流出というのが最悪のパターンですが。。

牧田は入団以来、先発に抑えに中継ぎにとタフに働いてくれました。

それでいてそんなに年俸も高くない(確か1億円)ので、個人的にはイイ形で送り出してやってほしいと思います。

個人的には、リリーフの牧田よりも先発のころの牧田が好きで、何年か前に甲子園に阪神との交流戦を観に行ったのですが、そのときの完封劇は爽快でした(そのときに決勝3ランを打った片岡も今年で引退してしまいましたね)。

開幕スタメンの田代が戦力外通告

今季の開幕スタメンを勝ち取った田代将太郎が戦力外となってしまいました。

今年は開幕から結果が出せずとも、辻監督が粘り強く使ってくれたのですが、ドラフト会議終了のタイミングで戦力外となってしまいました。

今回のドラフトで育成も含めて外野手は2人獲得した上に、内野から金子侑司や外崎がきたこともあり、外野手の競争が熾烈な状態でしたので、はじき出された格好になりました。

個人的には今年生観戦したときに魅せてくれたこのプレーが印象に残っています。

現役を続けるのかわかりませんが、このあとも頑張ってほしいですね。

松井稼頭央が復帰!?

楽天を退団した松井稼頭央に、西武が選手兼任コーチで獲得するとのニュースが出ています。

まだ確定の情報はではないですが、個人的には嬉しいニュースです。

私と同い年で来年で43歳を迎える彼の頑張っている姿を、ひいきのチームで応援できるなんてワクワクしてしまいます。

まだ、どうなるかわからないですけども、早く確定情報がほしいですね。

代わりといっては何ですが、西武を戦力外になった渡辺直人が楽天に復帰するとかの情報もあります。

なんか、稼頭央↔直人のトレードみたいになってしまいますね^^;

シュリッターが退団へ

今季の8回を担ってくれたシュリッターと、来季は契約を結ばないとのことです。

確かに終盤は失点するケースが多く、CS第3戦でも痛恨の3失点で試合を壊してしまいましたからね〜。

ただ、それまでの貢献度も高かったわけで、疲労が溜まっていたのであればケアをしてやれば、もう少し違った結果だったかもしれません。

リリーフの外国人ではウィリアムス以来の当たりだったので、来年もう一年見てもよかったのではと思うのですが。

他球団が獲得して大活躍なんてのもよくあるパターンですので。

まとめ

この時期は選手の入退団の時期ですので、悲喜こもごものニュースが多いですね。

このあとも炭谷、野上のFAの話が出てきますから戦々恐々の日々が続きます。

いつもは新外国人の獲得ぐらいしかないのですが、今年は松井稼頭央の獲得の話題が唯一の光になりそうです。

◆編集後記◆
恐れていたとおり草野球が4週連続で雨天中止になりました。
毎週土曜日の早朝は図ったように雨が降るなんて。
体調もひと息なので、少しバイオリズムが悪いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら