【青の獅子標】まだまだ通過点

本拠地メットライフドームでの今季初の有観客試合が始まりました。

少ないながらもファンの声援が選手の力になるはず。

そんな中、生え抜きのベテランがまたひとつ記録を打ち立てました。

スポンサーリンク

7月21日 vs千葉ロッテ6回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 1 1 0 1 0 0 0 0 0 3
L 0 1 0 0 3 4 0 0 X 8

先発投手 L・今井 M・美馬

スタメン 8鈴木、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、7スパンジー、9木村。

試合経過

2点を追う2回に中村のソロで1点を返しますが、4回に2死からの四球をきっかけに失点するなど先発の今井がピリッとしません。

しかし5回に無死満塁のチャンスでスパンジーのタイムリーと鈴木の犠飛で4−3と逆転すると、6回にまたもスパンジーと鈴木のタイムリーで3点を追加。

今井の後のリリーフ陣も千葉ロッテの反撃を許さず、結局8-3で勝利し、千葉ロッテを抜いて3位に浮上しました。

戦評メモ

  • 初回のスパンジーと鈴木のお見合いはアチャ~だったが、結果的にこの二人の活躍で勝利
  • 今井は決め球に苦労していた感じ。いつもより変化球が多めで慎重だった
  • 逆転した直後の6回で今井をスパッと代えた決断がよかった。今日の今井だとおそらく6回は失点していた
  • 6回の宮川がスパっと3人で抑えたのが流れを呼び込んだ印象
  • 勝ちパターンのリリーフ陣を温存できての勝利は大きい
  • 5番の森に2本のヒットが出たのが大きかった。森のヒットが得点機を演出していたので、やはり森の復調なくして山賊の復調なし
  • 木村文紀の2度の好守も大きかった。あれが抜けているとおそらく得点されていた可能性が高い
  • 千葉ロッテは美馬を引っ張りすぎた印象。6回で代わっていたらまた違った展開になっていたかも

7月22日 vs千葉ロッテ7回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
L 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

先発投手 L・髙橋光成 M・小島

スタメン 8鈴木、6源田、4外崎、3山川、2森、5中村、DH栗山、7スパンジー、9木村。

試合経過

投手戦で迎えた5回、先発の髙橋光成がワイルドピッチで1点を先制されると、6回にも井上にソロを浴び2点を追う展開に。

千葉ロッテ先発の小島の前に6回まで散発3安打に抑えられますが、7回に内野ゴロの間に1点を返すと、8回に2死2・3塁と一打逆転のチャンスを作りますが栗山が見三振。

結局1-2で敗れ再び4位に転落となりました。

戦評メモ

  • 初回の無死2塁のチャンスを逃したのが最後まで響いた
  • 髙橋光成は満塁のピンチを度々背負うものの切り抜け、7回を投げっ切ったのは好評価
  • 森の不振が深刻。少し休ませて岡田を使うか打順を下げて負担を減らすことも必要では?

7月23日 vs千葉ロッテ8回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
L 1 2 0 0 0 0 0 0 X 3

先発投手 L・與座 M・岩下

スタメン 8鈴木、6源田、4外崎、3山川、5中村、DH栗山、7スパンジー、2岡田、9川越。

試合経過

初回に安田と中村のタイムリーで2点を先制されますが、直後に鈴木・源田が2球で1点を返すと、2回には川越にプロ初本塁打となる2ランが飛び出し3-2と逆転します。

逆転してもらった先発の與座は毎回のようにランナーを出すものの粘りのピッチングで5回2失点でマウンドを降りると、平井、平良、ギャレット、増田の無失点リレーで逃げ切りました。

戦評メモ

  • 鈴木、川越、與座と若獅子の活躍での大きな1勝
  • ここまで結果が出ていなかった川越に待望の1発
  • 鈴木は2安打に8回の超ファインプレー
  • 與座は安田の投直をよく捕った。あれが抜けているとこのゲームを落としていた可能性が高い
  • この日のリリーフ陣はギャレットが少しヒヤッとしたものの安心して観ていられた

7月24日 vs千葉ロッテ9回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
L 2 0 0 0 0 0 0 0 1X 3

先発投手 L・ニール M・石川

スタメン 8鈴木、6源田、2森、3山川、4外崎、5中村、DH栗山、7スパンジー、9川越。

試合経過

初回に山川の2ランで先制すると、先発のニールは3回まで被安打0に抑える好投を見せますが、4回に安田のタイムリー、6回には井上にタイムリーを打たれ2-2の同点に追いつかれます。

そのまま同点で迎えた9回裏。抑えの益田からセーフティバントで出たを源田を森が犠打で送り、1死1・2塁のチャンスで外崎がサヨナラタイムリー。執念の攻撃で接戦をものにしました。

戦評メモ

  • ニールの不敗神話は継続
  • 源田の執念が勝利への流れを呼び込んだ
  • 3番復帰の森の打撃は深刻な状態も、9回の犠打はよく決めた
  • この日もリリーフ陣が好投。負担がかかっているが今はこの形でしか勝てない
  • アップルパンチならぬアップルストレートで決着

7月25日 vs千葉ロッテ10回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 0 0 0 0 1 4 0 5
L 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

先発投手 L・本田 M・種市

スタメン 8鈴木、6源田、2森、3山川、4外崎、DHメヒア、7スパンジー、9木村、5山田。

試合経過

0-0の投手戦で迎えた7回、ここまで好投していた先発の本田が安田にタイムリーを打たれ均衡が破れると、8回には3番手の宮川が鳥谷のタイムリー3塁打などで4点を失い5点のビハインドに。

打線は千葉ロッテ先発の種市の前に4安打10三振と手も足も出ずプロ初完封を許し、連勝は2でストップしました。

戦評メモ

  • 相手が種市ということもあり、半ば捨てゲームだったが本田が予想以上の好投
  • 前日までに勝ちパターンのリリーフ陣を使っていなければ8回の4失点はなかったかも
  • ただこの日の種市のできだと7回の1点でゲームは決まっていた
  • 平良、ギャレット、増田を温存でき、中村、栗山も休ませることができたのはよかった
  • メヒアが今季1軍初昇格。安打はなかったものの3四球を選ぶ
  • メヒアが昇格したことで打線のバリエーションが増えるし、薄かった代打に厚みが増す

7月26日 vs千葉ロッテ11回戦

TN 1 2 3 4 5 6 7 8 9
M 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2
L 0 1 0 0 0 3 0 0 X 4

先発投手 L・榎田 M・中村稔

スタメン 8鈴木、6源田、2森、3山川、4外崎、5中村、7栗山、DHメヒア、9木村。

試合経過

2回に栗山の通算350本目となる2塁打で1点を先制しますが、4回に先発の榎田が捕まり井上のタイムリーなどで1-2と逆転されます。

しかし、6回に中村のタイムリーで同点とすると、続く栗山が351本目の2塁打となる勝ち越しタイムリーなどでこの回3点を取り4-2とゲームをひっくり返し、7回以降は平良、ギャレット、増田の必勝リレーで逃げ切り、このカードを4勝2敗と勝ち越しを決めました。

戦評メモ

  • 骨と牙での逆転劇
  • 栗山が350本目となる2塁打を含む3安打2打点の大活躍
  • 勝ちはつかなかったものの榎田が5回2失点とゲームを作った
  • 源田はもちろんのこと、鈴木、川越の若手2人の好守も光った
  • 4点目となる木村のタイムリーが大きかった
  • 平良だけでなくギャレットも160キロを出す
  • 鉄壁のリリーフ陣4人全員がパーフェクトピッチング!

まとめと次カードの展望

終わってみれば4勝2敗と勝ち越したこのカード。ただ初戦を除いてはラクなゲームはなかった印象です。

どの試合も接戦で、今季のリリーフ陣の充実がなければ逆に2勝4敗もあり得ました。やはり千葉ロッテの先発ピッチャーがみんなよかったですね。種市なんて打てる気配なかったですし、日曜日の中村稔もいいピッチングで、あのまま続投されていたらどうなっていたかわかりません。

昨年までの打線の爆発力がなくなっているだけに、今季の戦い方はいかにして6回までにリードして鉄壁のリリーフ陣につなぐかと、リリーフ陣のマネジメントにかかっています。

リリーフ陣のマネジメントは豊田コーチがしっかりやっていてくれるので心配ないですが、やはり先発陣がどこまで粘ってリードできるか。

さて、次カードは苦手PayPayドームでのソフトバンクとの6連戦。

前回対戦時はソフトバンクも本調子でなく4勝2敗と勝ち越せましたが、いつの間にか首位に立っている現状ではそう簡単にはいかないはず。厳しい6連戦になりそうです。

ここまで16勝14敗1分で首位と1ゲーム差の3位ですが、最下位までが4.5ゲーム差の中にひしめく混戦になってきたパ・リーグ。しばらくは団子状態が続きそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら