日清の【千とせ肉うどん】なんばの有名店の味がカップ麺で

お昼はたまにカップ麺を食べるのですが、なかでも最近よく食べるのが日清の千とせ肉うどんです。

カップ麺ですが、出汁が美味しくてついついリピートしてしまいます。

スポンサーリンク

千とせ肉うどん

実は、千とせというお店には一度も行ったことがないんですが、関西の芸人さんのトークではたまにその名前が出てきます。

というのも、なんばグランド花月の近くにお店があるからなんですね。

そしてフタにもこのよう文言があります。

また、なんばグランド花月の中に支店も出ています。

千とせのメニューで有名なのは肉吸いと呼ばれる肉うどんのうどん玉なしのバージョンです。

今回は、その肉吸いではなく、うどん玉の入った肉うどんがカップ麺として日清から発売されました。

発売は近畿限定のようで、Amazonにもありましたが、現在は取扱いできませんとの文字が。

どこにでも売っているようではないようで、ウチの近所のスーパーでもあるときもあればないときもあったりするので、あったときは何個かまとめて買っています。

レビュー

フタを開けるとこんな感じで、肉うどんらしくお肉が目立ちます。

お湯を入れて3分待つとこんな感じです。

肉うどんらしく甘い香りがします。

麺は同じく日清のどん兵衛のような感じの平打の麺です。

妻に先にお肉を食べられたので写真ではほとんどお肉がなくなってしまっていますが、お肉と出汁の味のバランスがいいんです。

特に、ほどよい甘みの利いた出汁が食欲をそそりますね。

出汁を最後まで飲んでも罪悪感はありません。

まあ、体にはよくないんでしょうけど^^;

出汁が美味しいので、麺のない肉吸いバージョンのカップ麺もありかもしれませんね(もはやカップ麺ではないですが)。

肉吸いと卵かけごはんというのは合いそうですしね。

現に、千とせのメニューにもあるようなので。

まとめ

本物の千とせに行ったことがないので、比較はできませんが、カップ麺はカップ麺でありだと思います。

またお店の味とは違うんでしょうから、一度お店に行ってみようかと思っています。

◆編集後記◆
日曜日はソフトボールで色んな所にアザができてしまいましたが、やっぱりプレーするのは楽しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら