最近気がつきました!feedlyボタンの設定での失敗

feedlyボタン

ブログの更新情報をチェックするのに便利なRSSリーダーのfeedly。

私は読み手としても利用していますが、書き手としてもブログを購読してもらうために、サイドバーなどに冒頭の写真のようにボタンを設置しています。

ところが最近、設定ミスでこのボタンが機能していないことが判明しました。

スポンサーリンク

feedlyボタンの設定しかた

feedlyボタンを設置するにはhttp://feedly.com/factory.htmlから設定します。

feedlyボタン設定画面

英語で書かれていますが、翻訳機能のあるブラウザなら日本語表示にしておいたほうが分かりやすいですね(私はChromeを使っています)。
以後、翻訳機能を使って日本語表示で説明します。

ステップ1 ボタンのデザインを選択

ブログに貼り付けるボタンのデザインを選択します。

feedlyボタンの設定

ステップ2 フィードURLを挿入

ここでブログのURLを指定するのですが、私はここでミスをしていました。

feedlyボタンの設定

プレースホルダーをよく見ていなかったのですが、URLの末尾に「feed/」を付けないとダメなんですね。

feedlyボタンの設定

ステップ3 HTMLコードの動作確認

ステップ2でURLを入力すると、ブログに埋め込むためのHTMLコードが生成されます。 feedlyボタンの設定

その前にHTMLコードの上にあるテスト用のボタンを押して、正しく作動するかを確認をします。
feedlyボタンの設定

正しく作動すれば、このようにブログが表示されます(すでにfeedlyにログインしている場合)。
feedlyボタンの設定

ログインしていない状態だと、このように表示されました。
feedlyボタンの設定

もし私のように末尾に「feed/」を付け忘れていると、このようにエラーメッセージが表示されます。
feedlyボタンの設定

ステップ4 ブログにHTMLコードを埋め込む

HTMLコードの動作確認ができたら、ブログに埋め込みます。

固定ページや投稿ページ埋め込む場合は、テキストモードにHTMLコードをコピペします。
feedlyボタンの設定

サイドバーに埋め込む場合は、ウィジェットに貼り付けます。
feedlyボタンの設定

このように表示されます。
feedlyボタンの設定

まとめ

私がしたようなミスをしても、feedlyに登録をできないということはありませんが、せっかく継続購読しようとfeedlyボタンをクリックしていただいた方が戸惑ってしまう可能性はあります。

こういったfeedlyボタンや問い合わせフォームが正しく動作しているか、こまめに確認するクセは付けておく必要があるなとあらためて感じました。

◆編集後記◆
何日か前にしれっとブログタイトルをマイナーチェンジしました。
税理士が書いているブログということをちょっとだけアピールしたくてなんですが^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
山端一弥

山端一弥

大阪市阿倍野区の税理士です。 税理士事務所での10年間の修行を経て独立開業しました。 このブログは税務・会計・IT・趣味などについて「少しでも誰かの役に立てれば」という思いで書いています。 詳しいプロフィールはこちら